スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
チュウォン 'カクシタル' OST '審判の日' 強烈シャウトにスタッフも絶賛
強烈シャウト
今夜の放送で聞けるんですね



元記事



俳優チュウォンが 'カクシタル' OSTに参加する.
KBS2 水木ドラマ 'カクシタル'の 4番目 OSTが 8日公開される. 今度 'カクシタル' OST Pt.4には公開される前から劇の中に露出したボヘミアンの '君私の胸に'はもちろん主人公チュウォンとイ・ジョンヒョンが一緒に作業した '審判の日'が同時に盛られる.
国内ドラマでは試みされなかった新しいハードコアオペラジャンルだと言える '審判の日'は 'カクシタル'の音楽監督であるカンドンユン(ケミ)の作品であり, 日本パブペだと音楽市場に進出したテナーイ・ジョンヒョンの 'CHOIR'チームが一緒にして曲の劇的な感じをよくいかしてくれている.
'カクシタル'の 'エンディングテーマ'を飾って視聴者たちの関心と人気を受けて来た '審判の日'はチュウォンのあふれる能力をもう一度見せてくれている. ハードコアオペラスタイルの '審判の日'は主人公と交わる強烈なメッセージの歌詞が聞き手にとって胸をさっぱりする.
チュウォンは撮影が始まった以後につけた一日も休むことができない殺人的なスケジュールにもかかわらず, 録音当時強烈なシャウトをお目見えしたし, これを見守ったスタッフたちはチュウォンに惜しみない賛辞を送った.
また '君私の胸に'は '幼いイムジェボム'というニックネームを持った金勇進が参加するという消息だけで製作の前から話題になった曲だ. 通したようで感性が深くついている金勇進特有の低音と 24人組みオーケストラが聞かせる美しい弦楽サウンドがイガント(チュウォン)とオ・モクダン(チンセヨン)の胸が痛む愛をよく描いてくれている.
最近 '太陽はない' リペキだアルバムでバラード熱風を駆って来たグループボヘミアンは新人らしくないように各種音源チャート上位圏で長期間宣伝した. また '春の日', '根深い木', '美男ですね' など幾多の人気ドラマ OSTに参加して 'OST界のプリンス'と呼ばれている.
一方, 独立運動を通じて白衣民族の力を見せてくれた 'カクシタル'はイガントと彼の正体が分かるようになったモクダンが愛を確認して最後まで一緒にすることを決意しながら新しい局面を迎えている.


この曲です~!!
かっこいい!!!







20120807195744849l3_202534_0.jpg
スポンサーサイト
[2012/08/08 15:37 ] | カクシタル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<チュウォンインタビュー動画☆以前のものです | ホーム | カクシタルオフショット^^>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2004-e3e420a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。