カクシタル最終回関連記事
日本語の記事のリンクを貼っておきます~
ネタバレ注意~


Vol.1 ― 「カクシタル」を大ヒットに導いた“末っ子たちの反乱”

Vol.2 ― 「カクシタル」チュウォン、現在より未来が期待される俳優

Vol.3 ― 「カクシタル」パク・ギウン、デビュー8年目俳優の実力を見せつけた


次の記事はそのまま訳をのせても大丈夫そうなので・・・

元記事

パク・ギウン‘カクシタル’撮影中手15針縫って..‘負傷闘魂’


俳優パク・ギウンが負傷闘魂を広げた事実が一歩遅れて知らされた。

パク・ギウンは去る6日KBS2水木ドラマ‘カクシタル’(脚本ユヒョンミ、演出ユン・ソンシク)最後の撮影を終わらせた後ソウル、汝矣島(ヨイド)某所で開かれた鐘方椽に参加した。

KBSを通じて公開された鐘方椽写真の中パク・ギウンは右手にシップ薬をつけていた。 チュウォンもまた、右手に包帯を巻いていてファンたちの心を残念にさせた。

これに対してパク・ギウンの所属会社側関係者は7日ティブイデイルリに“パク・ギウンが2週間前ぐらい撮影をして手が裂ける負傷に遭った。 当時15針でも縫った”として“だが、チュウォンでも他の俳優も撮影してたくさんケガしたりしたのでこのような負傷が知らされるのを願わないといった”と明らかにした。

引き続きこの関係者は“痛い憂いの表情すると思わない友人だ。 そして本人自らも演技欲がとても多いのでこういう負傷に遭っても特別話をしないで演技にまい進してきた。 そうしたのでこのように良い結果を得て無事に放映終了ができなかったようだ。 視聴者たちにもう一度感謝申し上げる”と伝えた。

パク・ギウンは朝鮮人を誰より愛する素朴な青年で兄に対する複数と愛する女性オモクダン(チンセヨン)に対する執着で悪人に成っていく木村シュンジ役を担って熱演を広げた。 両極端を行き来する人物を演技しなければならなかったためにパク・ギウンもまた“悪夢を見るほど”、“このように私が引き受けた配役が嫌いだったのは初めてだ。 愛憎であるようだ”と話すこともした。

そして彼はこういう・怒鳴る外敵でもよく表現やり遂げるために劇末から塩気ある食べ物を自制するなど献立調節まで完全にやり遂げた。 このそれだけでなくパク・ギウンは猛暑の中に点滴まで合って全力をつくして熱演を広げた。 これに対し視聴者たちは“このように演技がうまい俳優なのか今回確かに分かった”、“‘カクシタル’を通じて発見した宝石のような俳優”、“本当に二重的な演技見るのに鳥肌が立った”、“一緒に暴風嗚咽しました”等の絶賛を伝えた。

一方‘カクシタル’最終回は視聴率調査会社AGBニールセンリサーチ集計により22.9%の視聴率を記録して有終の美をおさめた。

20120907134201479l3_145444_0.jpg
スポンサーサイト
[2012/09/07 17:27 ] | カクシタル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<チュウォン「『カクシタル』に出会えて幸せでした」 | ホーム | チュウォン放映終了所感“カクシタルイ・ガントは私の心の中にいた">>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2036-4f59fc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |