パク・ヘジン、“医大生演技してメディカルドラマ欲捨てた"
昨日の記事を紹介します~

元記事



パク・ヘジンが医大生演技してメディカルドラマ出演欲を捨てた。

パク・ヘジンはソウル市、瑞草区(ソチョグ)、盤浦洞(パンポドン)、ソウル パレス ホテルで開かれたKBS 2TV週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期)製作発表会で“メディカルは私と合わないようだ”と明らかにした。

パク・ヘジンは‘私の娘ソヨン’で明るくて愉快な医大生を演技する。 医学ドラマぐらいではないとしても役割の特性上外科手術などの場面は避けられない。 また‘私の娘ソヨン’の演出を引き受けた幽玄期PDはKBS医学ドラマ‘ブレーン’を演出しただけ診療や手術などの場面に関心が集められた。 実際に‘私の娘ソヨン’撮影会場でも‘ブレーン’に自問を与えた専門医が助けになっているという。

パク・ヘジンは“発音も重労働の難しいという話は聞いたが以前から漠然と医師役をしたかった”として“だが、一昨日撮影をしながら考えが変わった。 路上でケガした足を切開するシーンがあったがとうていできなかったよ。 肉を触る感じも変で血も爪の下に入って消されない”と明らかにして笑いをかもし出した。

引き続き“特にその場面を撮りながら反対側脚に大きくアザができた”として“メディカル ドラマはしてはいけないと考えた”と付け加えた。

パク・ヘジンと共に呼吸を合わせるパク・チョンアやはり“率直に医学用語が難しくて、お話が多くついて台詞が自然に長くなる”として“まだ専門医でなく手術執刀までは違うが台詞に出てくる用語を分からない意を別に探してみている”と困難を伝えた。

‘私の娘ソヨン’というママを失った後親子の縁を自ら切ってしまったソヨン(イ・ボヨン)と娘の毒気も抱え込んだお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)を通じて血縁の意味を探ってみる家族劇だ。 SBS ‘華麗なる遺産’ ‘検事プリンセス’ ‘49日’等を執筆したソヒョン卿作家が脚本を引き受けたし、KBS ‘ドラゴン桜’ ‘ブレーン’の幽玄期PDが演出する。 15日午後7時55分初放送される。




明るくて愉快な医大生サンウ
楽しみ~
スポンサーサイト
[2012/09/12 16:29 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パク・ヘジン“国民的年下男でなく国民的オジラプになりたい” | ホーム | ソヨン制作発表会記事>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2044-621fc7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |