スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
チュウォン“私のスタイル? ユイよりはチンセヨン”
酔わせてインタビュー・・・



元記事


演技ほどほどにすると誰でも'俳優'というタイトルを持つことができることではない。 'スター'の資格をあまねく備えても実際に実力が落ちて単発性人気だけ享受して消えるこれらも多い。 そのような面でチュウォン(25)は独歩的だ。 すらりとした背丈に小さい顔、目が大きくてぎらぎらしている目つきなどスターの基本条件を持って生まれたことだけでなく同じ年頃演技者中で簡単に探してみるのが難しいほど硬い演技力を備えた。 ミュージカルでデビューしたおかげで踊りと歌にもたけている。 抜群の運動神経でアクションまで問題なく消化する八方美人だ。

単純に若い層だけで良い反応を得る'スター'でない点も注目しなければならない。 チュウォンはMBC '製パン王キム・タック'とKBS 2TV '烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟',KBS 2TV 'カクシタル'など愛聴者の年齢帯幅が広かったドラマで安定感ある演技をして'誰も皆分かる'俳優で席を占めた。 去る6日放映終了した28部作'カクシタル'では最初から'チームトップ主演'で出てドラマ全体を導いた。 踊りと歌、アクションおよび嗚咽演技だけでなく多様なスタイルに変身を繰り返しながら俳優チュウォンの魅力を十分発揮した。 先立って二つの出演作が全国視聴率40%台を渡して'国民ドラマ'隊列に上ったのに続き'カクシタル'も20%台の視聴率で同時間帯1位を守った。

連打席ホームランを飛ばしたので肩に力が入ることでもあろう. だが、チュウォンは変わっていない。 依然として慎ましい微笑を浮かべながら謙虚な態度を見せる。 事実上酒をほとんど飲めないといっても過言ではないチュウォンが酔中トークに応じたことやはり簡単に拒絶できない性格のためだ。 酔中トーク インタビューの日、チュウォンは果敢にウイスキーを選んだ。 どうせたくさん飲めないと独走に氷を乗ってゆっくり味を吟味するということ。 記者が三,四杯のウイスキーを飲みながらほろ酔い加減に酔っていく間チュウォンも2~3募金のウイスキーで雰囲気に染み入った。

▲引き続いた大当たり引き続き近づく'失敗'に対する準備も徹底的に

-'カクシタル'出演を敬遠してしたスターもあるでしょう。 どんな考えで参加することになったんですか。

"ちょっと単純だと考えたことのようです。 台本が4回まで出てきた状態だったがひとまずおもしろかったんですよ。 また、周囲で原作漫画に対して好評を吐き出す方々が多くて必ずしてみたかったです。 事実韓流スターが日本活動のために出演を敬遠してしたとのことも後ほど分かりました。 前そこまで考えてみたこともなかったんですよ。"

-初めて受け持った'チームトップ'主演だと負担も大きかったことのようです。

"最も大きい心配が'私のために誤ればどのようか'ということでしたね。 放送を始める当時競争作がソ・ジソプ・キム・ソナ先輩出演作であったのに事実そこに対する心配をする暇もなかったです。 ひたすら'私が主演'という事実が悩みの開始であり終わりでした。

-直接消化したアクションシーンも多いと聞きましたが。

"撮影が進行されるほど私が直接消化するアクションの比重が大きくなりました。 運動が好きな方だとアクションにも趣味をちょっと付けたがちょうど武術監督様が良く見られたようです。 率直に初めにはワイヤー乗るのも恐ろしかったんですよ。 一人でおじけづくのに撮影序盤にチンセヨンがとても恐れなしにワイヤーをよく乗るので恥ずかしい気がしてさらに熱心にしましたよ。(笑い)"

-次々と'大当たり'がさく烈したので次期作に対する心理的圧迫も大きいことのようです。

"いつか一度失敗もします。 それで常に心の準備をしています。 みなうまくいくことはできないでしょう。 もし滅びてもとても衝撃受けずに再び立ち上がろうとマインドコントロールをしています。"


▲ユイよりチンセヨンが私のスタイル

-劇中カップル演技をした女優に異性の感情を感じたことがあるんですか。

"あります。 ないならばそれが変なものでしょう。 代わりにその感情の実体を把握して節制または、調節できることやはり俳優の能力であることのようです。"

-'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟'に出演する時ユイとはどうだったんですか。

"劇中人物の感情に陥って見たら実際にも好感を持ちましたよ。 もしその状況で私やユイ二人中1人でも決心してダッシュをしたとすれば実際のカップルになった場合もあったでしょう。(笑い)"

-'理想ワールドカップ'一度してみましょうか。 'カクシタル'のチンセヨンとユイ二人中1人を選べと言うなら誰が良いです。

"あえて2人のうち1人を選べと言うなら、チンセヨンです。 ユイもとても明るくて美しいがセヨンはその明るい面がさらに浮び上がる友人です。 撮影会場でセヨンがしかめっ面をする姿をただ一度も見たことがないほどですからね. 常に笑ってまた、周辺に'ハッピーウイルス'を伝播する子供でしょう。 常に'キツネよりは熊が良い'という考えるのにセヨンがすぐにそのような友人ですね。 セヨンは'ミルダン'(押し合いすること)もしなくて自分が良ければ常にその人が好きなことのようです。 ところで、'熊'といえばセヨンが気分が悪いでしょうか?(笑い)"

-それにしても'カクシタル'のオンライン ファン カフェで'チュウォンとチンセヨンの仮想熱愛報道'を見たことがあります。

"ミュージカルをする時から常に作品に同伴出演した女優とよく似合うという話を聞きました。 熱愛説が出てきたりもしましたし。 誰そばに立っていてもあらまし混ざって入るスタイルだとそのようです。(笑い)"

-実際に最後の恋愛はいつでしたか。

"20才から21才に渡る頃に会った学校先輩との恋愛が最後でした。 その後恋愛はしたくても仕事に集中するのに考える余裕もなかったです。 特に'ミルダン'がとても嫌いです。"





画像は、紹介しきれない記事の分です

chu14.jpg
chu15.jpg
chu16.jpg
chu17.jpg
スポンサーサイト
[2012/09/21 18:32 ] | チュウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<2回目の噂のチル姫、57話まで^^ | ホーム | チュウォン"美しくて優しい女優、恋愛感情が生まれる">>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2061-f3777884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。