‘私の娘ソヨン’パク・ヘジン“私の席に戻りたかったんですよ”
すてきなインタビューです
ヘジンくん、周りの人達から愛されてますね~~~~



元記事


久しぶりに会う俳優パク・ヘジンは相変わらずだった。 すらりとする花美貌と礼儀正しい態度、相手を安らかにさせる微笑まで変わりなかった。 しかし演技に対する考えは一層落ち着いていられる深くなった。

3年ぶりの国内復帰作であるKBS 2T V間週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿演出幽玄期)はパク・ヘジンに実家のような作品. 彼をスターダムに載せたKBS ‘噂のチル姫’チームが意気投合したこの作品を通じてパク・ヘジンは本格的な国内活動に始動をした。 その間海外活動に重点を置いて韓流スターで高い人気を享受したパク・ヘジンが復帰作でミニシリーズでない週末ドラマを選んだ理由も“帰ってきたかった”という心が強かったため。

“ミニシリーズでチームトップ、ツートップで出演して注目されるより私が本来あったなじむその場に帰ってきたかったんですよ。 とても良い台本に会うことになったし作家であるソ・ヒョンギョン先生が私手を握りながら困難なしに作品を選択することになりました。”事実パク・ヘジンは‘私の娘ソヨン’出演を固辞しようとした。 しかし縁がついたためなのか。 断ろうと訪ねて行った作家の事務室で演出を引き受けた幽玄期PDとソヒョン卿作家の“がんばってみよう”という積極的な勧誘にまだ確答もできないままうっかり台本リーディングに入ることになったし結局サンウ役を担うことになった。 一歩遅れて作品に合流して初めには用心深い心もなくなかったけれど‘チル姫’時から兄、弟だと呼んだスタッフらと心を開いて見たらいつのまにか作品中に溶けている自身を発見することになった。

“‘私の娘ソヨン’チームはスタッフから装備チームまで全部‘チル姫’時から一緒にしたチームです。 その間時間が面目を失う程私の合流を喜んで下さって私もやはり非常に感謝しました。 さらに‘チル姫’時撮影した汝矣島(ヨイド)空軍会館近所と撮影場所まで同じだとのことです。 そうするうちに‘私の娘ソヨン’と本当に縁が深いようだという考えにより一層熱心に撮影することになるそうです。”




中国活動通じて韓流実感、依然として記憶する日本ファンに感謝

パク・ヘジンは去る3年間中国で高い認知されて新韓流スターで位置づけた。 パク・ヘジンが中華圏で大人気を享受することができるようになったのも‘噂のチル姫’の影響が大きかった。

“考えてみれば私が中国で大きな愛を受けることができたこともみな‘噂のチル姫’おかげであることのようです。 ‘噂のチル姫’が中国内で高い人気を享受しながら一緒に私もやはり中国土地に足を入れることになりましたよ。 大家族を囲んだエピソード、りりしい女性軍人と女性軍人を必死に追いかける年下の男の愛の物語が面白味を抱かれたようです。”彼の中国初めての作品である湖南TV ‘チェンドドの結婚の話’やはり中国内で高い人気を享受した。 パク・ヘジンはこの作品出演以後中国ファンクラブが250万人に肉迫することになるかと思えば中国デビュー1年ぶりに外務省文化広報大使と中国LETV人気スター上を握ることもした。 パク・ヘジンは当時この作品を一緒にしたイソヨンというベテラン中国俳優が特に記憶に残るとしインタビューにイソヨンに対して必ず少なくしてほしいと頼みこむこともした。

“イソヨン氏はものすごいベテラン俳優です。 初めて会った時初めてのシーン、イソヨンさんが私の手を引っ張って入って‘私たち結婚するでしょう’と話すシーンでした。 当時私は中国語が下手で中国で進める初めてのドラマと‘キューサイン’さえ聞こえなかったがイソヨンさんが私手を握っていると手信号を送りましたよ。 とても小さい配慮だが非常に感謝しました。 あたかも私が‘チル姫’当時イテラン姉に学んだ感じでした。”パク・ヘジンは中国で最近になって強まっている韓流熱風を実感していると打ち明けた。 彼とともに演技する中国俳優がたびたび“韓国に行けばビッグバン、JYJに会えるか”という質問を投げると。 パク・ヘジンに向かった大陸ファンたちの愛やはり韓国と日本を跳び越える程熱いと説明した。

“中国ファンたちは確かに熱情的です。 愛情表現も本当に格下げでしょう。 韓国では私が‘アイドル’が違うとそのような愛を受けることがないのに中国ファンたちは韓国の‘私生ファン’を見るように熱い愛を送って下さいます。 反面日本ファンたちは一度愛をくれればその愛が長続きします。 今回‘私の娘ソヨン’キャスティングされた後最も多く祝って下さった方々も日本ファンたちです。 お母さん店にもずっと訪ねてきて下さって...記憶をしてくれるというのが本当に感謝します。”




パク・ヘジンのとんでもなくて、“あのホ・ギョンファン似ていなかったんですか”

インタビュー末、パク・ヘジンと最近流行のように広がっている演技者の芸能番組出演に対する話を交わした。 パク・ヘジンやはり芸能番組の熱血ファン.

彼は突然“あのコメディアン ホ・ギョンファン氏似ていなかったんですか。 そういう話たびたび聞いたが”と話して笑ってみせた。 コメディアンが俳優に似たと自慢の種にして話すことはできるが俳優がコメディアンに似たと冗談を言うのはよく見るのは難しいこと。 一層豊かになったパク・ヘジンをのぞくことができる部分だ。

彼は一層強めて“最近からだ作るのにホ・ギョンファン氏が広報する‘ホ鶏’をしばしば食べる”として自身の冷蔵庫写真を見せることもした。 彼が見せた写真の中冷蔵庫には‘ホ鶏’製品でぎっしりといっぱい詰まっているようにぎっしり埋まった。 パク・ヘジンは“‘私の娘ソヨン’がうまくいってホ・ギョンファン氏とともに‘ギャグコンサート’に出演したい”として微笑を浮かべた。

he1_20121001000209.jpg
スポンサーサイト
[2012/10/01 00:03 ] | パク・ヘジン | コメント(2) | トラックバック(0)
<<私の娘ソヨン5話 | ホーム | チュウォンくんのお誕生日!>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/10/02 11:51] | | # [ 編集 ]
30代のヘジニ、ほんと楽しみですね!e-68
[2012/10/03 00:34] | URL | えみま #joykwWQw [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2073-91f452fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |