私の娘ソヨン8話
8話も泣いちゃいました
ほんと、心にじーんと来る、しみじみと泣けるドラマです


8話の記事をご紹介~
リンクは元記事です
翻訳は、read moreをクリックしてね


‘私の娘ソヨン’明らかなシンデレラ ストーリー、速度で差別化

‘私の娘ソヨン’チョン・ホジンの父性愛、明らかでも期待される理由


‘私の娘ソヨン’明らかなシンデレラ ストーリー、速度で差別化

明らかなシンデレラストーリー. '私の娘ソヨン'は、視聴者が慌てるほどの速度戦で差別化を試みる。

カンウジェ(イ・サンユン)は10月7日放送されたKBS 2TV週末ドラマ'私の娘ソヨン'(脚本ソヒョン卿/演出幽玄期) 8回でお父さんカンキボン(チェ・ジョンウ)からイ・ソヨン(イ・ボヨン)との結婚を許諾受けた。 もちろん会社仕事の手伝いをするという条件が前提になった許諾だった。

放送8回ぶりに出会いから結婚許諾まで引き出した。 息詰まるほどのスピードだ。 問題は結婚許諾の当事者イ・ソヨンさえまだ結婚に対して心を決めなかった状態というもの。 イ・ソヨンの説得が難しくなるとすぐにご両親から攻略したカンウジェの石直球がロマンティックだが多少あきれるのも事実.

'私の娘ソ・ヨン'が初放送された時視聴者の間では"またありふれているシンデレラ ストーリー下や出てきたことなのか?","貧しい女子大生と財閥息子の愛の物語. またか?"等不満の声が起こったことも事実. 視聴者はその間シンデレラ ストーリーはうんざりするように見てきた。 だから登場人物構図だけ見てもともすればチョック ロブラインを予想してしまうほどシンデレラは食傷ぎみだ。

だが'私の娘ソヨン'というそのままシンデレラ ストーリーではない。 キャラクターも速度も違う。

イ・ソヨンは既存のシンデレラ キャラクターと大変な試練の中に強く生きていくという設定だけ同じであるだけ全てのものが違う。 にっこりにっこり笑う明るい隈は探してみることもできなくてシンデレラよりは感情をなくした木一部分に近い。 愛らしいというより近付くのが難しいキャラクターだ。

シンデレラになる速度も違う。 8回ぶりに出会いから結婚許諾まで途方もないスピードに進行されたこと。 他の作品中シンデレラと王子は何度もかすめる縁の中に愛の感情を感じてミルダンも繰り返してお互いの心を確認した後結婚反対試練にあたる。 だが、二人は互いに確信も持てないまま結婚反対にあわなければならなかったしこれを見守った視聴者は驚いた。

このような速度戦が負担にならない理由は何か。 7回でカンウジェは背を向けようとするイ・ソヨンに"とてもはやくてあきれるだろうが私と君なので可能なのよ。 他の誰より自分自身を愛して誇り高かった私と干すから。 こういう私たちの二人及ぼしたことだから"と叫んだ。 大切だった自尊心まで捨てる本物愛という意. これがカンウジェとイ・ソヨン表シンデレラ ストーリーだ。

他のドラマならば20回を引っ張っていくシンデレラの結婚ストーリーが8回ぶりにその終わりを見せ始めた。 結局'私の娘ソヨン'というシンデレラ ストーリーの他に他の武器があるということを意味する。 それが父性愛でも婚家暮らしでも準備されたことだけは確実だ。 これが週末家族ドラマとしながら少しは風変わりな'私の娘ソヨン'を期待するようにさせる理由だ。







‘私の娘ソヨン’チョン・ホジンの父性愛、明らかでも期待される理由

‘私の娘西営が’ソヒョン卿作家の企画意図は両親の愛を見て回ること、すなわち家族愛だ。

去る7日放送されたKBS2週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 8回には過去お父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)を本当に愛したイ・ソヨン(イ・ボヨン)の姿が描かれた。

イ・ソヨンはつばめ誤解を受けて警察署に捕えられて行ったイ・サムジェを探して行って“どうか私たちのためという話をするな。 なぜお父さんが私のお父さんでうちの母さん夫なのか夜ごと尋ねた。 お父さんが本当に嫌いだった”と恨んだ。

その話を聞いたイ・サムジェはナイトクラブで過去を思い出させた。 カーセンターをしていたイ・サムジェは同業をすることにした友人の背信で借金だけいっぱい負けることになった。 状況が良くなくて気をとられていたイ・サムジェは娘の入学式も忘れてしまった。

だが、イ・ソヨンは申し訳ないというお父さんにパッと笑って“こないので持ち出してきたんだよね”と話した。 そしてイ・ソヨンは制服がとても大きいというお父さんの話に“これヨンジャ姉さんに受け継いだ”として“私も太ることだ。 ヨンジャ姉さんも高等学校入って勉強して見たら太ったよ”と明るく話した。

娘にたくさん申し訳なかったイ・サムジェは“少しだけ待て。 翌月にパパが新しい制服買うから”と話しては“贈り物何買うだろうか?”と尋ねた。 だが、イ・ソヨンは“パパ贈り物与えたではないか”としてイ・サムジェを必ず抱きしめて“酒切ったうちの父さん. 出たパパがお金たくさん儲けないでもかまわない。 以前のように酒食べなくて家に早く入ってきて笑えば良いだろう”と素朴な望みを伝えた。

だが、この風は守られることができなかった。 友人を探して全国を歩き回ったイ・サムジェのためにイ・ソヨンと彼女のママは金を儲けるために苦労した。 イ・ソヨンは高等学校も終えることができなくて自ら退いてあらゆるアルバイトをしなければならなかったし難しく検定試験を見た後お金たくさん儲ける弁護士になるために国家試験の準備をしながら生きた。 そうしている間ママが亡くなることになったしこのためにお父さんに対する憎しみは手のほどこしようがなく大きくなった。

娘に対する申し訳ない思いで自尊心まで殺してナイトクラブで仕事をしていたイ・サムジェは涙を浮かべるほかはなかった。 家族のために生涯を生きたが愚かな選択でいつも失敗だけした彼であった。 そしてずっと外れるばかりである娘との関係はイ・サムジェをより一層頭を下げるようにさせた。

‘私の娘ソヨン’という題名で知ることが出来るようにお父さんが伝える娘に対する切ない愛を描いている。 そのためにイ・サムジェの切なる不正をイ・ソヨンがどのように感じて受け入れることになるかが今後展開する話の骨子を成し遂げることになる。 ソヒョン卿作家はこの過程を通じて家族の大切さをもう一度呼び覚ますつもりだ。

ソヒョン卿作家はすでに前作を通じて暖かい家族愛を引き続き描いたしこれは一様に視聴者たちの多くの愛を受けた。 SBS ‘華麗なる遺産’でも‘検事プリンセス’中主人公の愛に劇的な要素で家族愛が登場した。 ウンソン(ハン・ヒョジュ)が信任を得ることになるのもお父さんが亡くなった後一人しかない弟を世話して何の台なしにすることなく生きていく明るさから起因する。

ソヌファン(イ・スンギ)がトラウマを得ることになったのもお父さんの死を目撃したためであり、視聴者たちがパク・ジュンセ(ペ・スビン)という人物に憐憫を感じるのもお父さんを愛する限り息子という点だった。

‘検事プリンセス’のマ・ヘリ(キム・ソヨン)の成長はソイヌ(パク・シフの方)に対する愛のおかげだったが、そのまた、家族愛が含まれている。 ソイヌがマ・ヘリに接近した理由はお父さんにかぶせられた寃罪を晴らすことで復讐するため繋いだ。 そしてマ・ヘリは最後まで自身のお父さんに対する愛を置くことができなかった。

以後ソヒョン卿作家は魂を素材にした‘49日’を執筆したが、その中にも事故に遭って脳死状態に陥ったシン・ジヒョン(ナム・ジヒョン)と彼女をぞっとするように愛するお父さん(チェ・ジョンウ)とお母さん(ユジーン)の家族愛は涙ぐましかった。 そしてソヒョン卿作家はソンイギョン(イ・ヨウォン)とシン・ジヒョンが事実を姉妹という結末で劇を終えて最後まで家族という垣根を抜け出さなかった。

現在‘私の娘ソヨン’という30%を越える視聴率を記録しながらも結末が広々と見える明らかなストーリーを隠すためにとても早く劇を展開することでないかという一部視聴者たちの叱責を受けていたりもする。 だが、このドラマが初めから話そうと思ったことは男女間の愛でない両親の連続愛だった。 イ・ソヨンとカンウジェ(イ・サンユン)の愛は親子であるイ・ソヨンとイ・サムジェが再び暖かくお互いを抱きしめられるようにする礎石だけのことだ。 今後解いていかなければならないお話がより多くの‘私の娘ソヨン’がどのように視聴者たちの心を暖かく抱くのかまだ見守らなければならない時だ。
スポンサーサイト
[2012/10/09 15:22 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<'私の娘ソヨン'パク・ヘジン、視聴率公約いつ? "まもなく実行" | ホーム | 私の娘ソヨン7話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2079-ecde7f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |