スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヘジンくんインタビュー記事
ソヨンのネタバレ含まれてますのでご注意~


元記事

he7_20121031002820.jpg
he5_20121031002844.jpg
he6_20121031002915.jpg

翻訳は↓



‘私の娘ソヨン’パク・ヘジン“冷たいイ・サンウさらに悪くなければならない”(インタビュー)

"さらに悪くなければならないですね~"視聴率30%を突破して国民ドラマで位置づけた'私の娘ソヨン'でイ・サンウ役に熱演中である俳優パク・ヘジンを10月28日ソウル江南区ノンヒョンドンのあるカフェで会った。

去る10月27日放送されたKBS 2TV週末ドラマ'私の娘ソヨン'(脚本ソヒョン卿/演出幽玄期) 13回では家族との縁を切った双子姉イ・ソヨン(イ・ボヨン)をとても冷酷に対するサンウ(パクヘジン)の姿が描かれた。 ソヨンが結婚後にもひっそりとお父さんサムジェ(チョン・ホジン)とサンウの周囲をぐるぐる回ったためだ。 これを感づいたサンウはソヨンを訪ねて行って"私の周辺、お父さん周辺にオルチョン当てるな"と毒舌を吐きだした。 それだけでなく泣きながら哀願するソヨンに"君の影感じさせるな"として目一度方向指示器であってしなくて大声を張り上げることもした。 世の中そのある者よりも姉にだけは暖かかったサンウはすでに以前のサンウではなかった。 ただ冷たくて残忍な'男'に過ぎなかった。

これを見た視聴者たちの反応は両極端だった。 実際のサンウを理解することができるという意見が多いがソヨンに冷たく対するサンウの態度が悪かったという意見もたまにあった。 だが、そのようなサンウを演じるパク・ヘジンは"さらに悪くなければならないと考える"と自身の見解を明確に明らかにした。 彼は"本当に悪い奴なので悪いのでなく姉にさらにあくどくしなければならない"として"姉に余地を置けば互いにずっと見なければならないことが起こることができてお父さんに存在を見つけられないのも重要だが向こう側家に正体がばれてもならない。 姉がこれ以上訪ねてこれないように姉のためにさらに根気強く、冷たく対するのが合うと考える"と説明した。

このように冷たい姿を見せながらも傷つける自身が好む女ミギョン(パク・チョンア)には限りなくキメ細かい男に戻る。 パク・ヘジンに実際の性格もサンウと似ているかと尋ねた。 これに対しパク・ヘジンは遅滞なしにサンウと似ていると答えながらも"サンウがもう少し明るいがお父さんに対する時のほかはみな似ている"と明らかにした。 お父さんがいる時姉ソヨンの空席を満たすためにもう少し誇張されるようにお父さんに対すると。

引き続き"出たソヨンが米国に行かなかったということを知ってお父さんも知っておられるが互いに隠している状態だ。 お父さんと互いに笑って騒ぐ姿が笑うのが笑うのではない姿であることを視聴者たちもすでに知っている。 それで視聴者たちは笑っているけれど胸が痛いとおっしゃったよ。 実際の私の性格はソヨンと同じだ。 親しくなれば米驚異に対するように行動するのにでないの人に対しては余地を置かないほうだ。 余地を置くこと自体が傷だと考える"と話した。

お父さんの前では愉快そう快痛快な息子、自身を片思いするホジョン(チェ・ユンヨン)の前では艶がない兄さん、自身が愛する恋人ミギョンの前では多情多感な男、縁を切って離れてしまった姉には冷たい弟などこのすべての役割を消化しなければならない多少難しい課題を抱え込むことになったパク・ヘジン. 彼はサンウを演じながら最も大変な点が'感情'と打ち明けた。

"お父さんと姉の感情がとても強いのではないか。 それで私がこの方らと演技をする時後れを取らないで追っては行かなければならないという考えで現場でお父さんと姉といる時は常に緊張している。 あまりにもベテランである方々なのではないか。 常に私が考えることよりそれ以上の感情なので私にも役に立って作品にもさらに役に立つようだ。"一方'私の娘ソヨン'では次第にミギョンの正体が明らかになりながらサンウに険しい将来が予告されている。 多くの涙を流さなければならないパク・ヘジンのまた他の演技変身に期待が集められている。
スポンサーサイト
[2012/10/31 00:36 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<私の娘ソヨン13、14話 | ホーム | フルハウスTAKE2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2097-9e824e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。