パク・ヘジン、“年下男7年目..‘ソヨン’で愛称変えたい”
賞を獲ることより、大きな事務所に入るより、
とにかくいい演技をしたいという彼の言葉にぐっと来ました




元記事

すらりとした背丈と優れた容貌の‘年下の男’で全国の姉ファンたちの愛はもちろん多くのお母さんに婿の候補と指折り数えられた俳優パク・ヘジンが一層成熟した姿に戻った。 もう多少冷笑的に見られるが、分かってみれば家族に対する愛で綴られているサンウのキャラクターで週末テレビ劇場を熱い雰囲気にしている。

パク・ヘジンは最近KBS 2TV週末劇‘私の娘ソヨン’(以下ソヨン)で内面空白ある演技を見せて本格的な女心狩猟に出た。 最近ソウル江南区、ノンヒョンドンのカフェで会った彼は劇中キャラクターに完ぺきにピンウイドェン姿でドラマに対する愛着を表わして自分の演技人生に対しても話した。

視聴率高空行進で若干の負担もなしで微笑がいっぱいだったパク・ヘジンは‘ソヨン’を通じて“私の最高視聴率記録を更新したら良いだろう”という風と共にその間呼んできた‘年下の男’という愛憎(?) 混ざった愛称も置き換えたら良いという笑い話をしながら始終一貫肯定的なエネルギーを吹きだした。

◆ “‘ソヨン’、視聴率50%越えたら..”

パク・ヘジンに再びイケメンイメージに魅力的な役割でKBS週末劇に帰ってきた理由を尋ねると“計算なしで選択した”としながら“今一度見せることができる安らかな私らしい姿を視聴者たちがどのように受け入れるのか気になった”と答えた。

彼は劇中ソヨン(イ・ボヨン)の双子弟サンウの役割でお父さんサムジェ(チョン・ホジン)とソヨンの間で中間子的役割をして劇の中心を捉える人物を引き受けて二字余りの愛を受けている。

“‘ソヨン’初めての提案を受けた時気迷いはなかったです。 私が上手に出来るのがしたい時でしたよ。 与えられたことに最善を尽くすこと自体が重要だと考えました。 そして7年目‘年下の男’という愛称と呼ばれているがもうきまり悪い水準でしょう。 年齢がすでに私が三十ですが。 ハハ。 もうイメージ変身が必要です。 ‘ソヨン’を通じて他の愛称ができたらいいですね。”

そのような彼が明らかにした現場の雰囲気は物静かながら明るい。 パク・ヘジンは“ドラマの雰囲気は暗いが現場は本当に明るくて全部笑いながら撮影している”としながら“必ず視聴率のためだけとは違うようだ”と話した。

“皆が演技のために努力しています。 ボヨン姉に感謝。 私が感情が捕えられない時自身は肩も出てこない場面なのに感情を譲り渡しながら私の演技を助けましたよ。 そしてチョン・ホジン先生の演技を見ながらたくさん習っています。 このように熱心ヒースをするのに視聴率がおよそ50%は越えたらいいですね。(笑い)制最高視聴率は49.1%なのに私の最高視聴率をとるドラマになったらいいですね。 意味が格別だと思います。”



◆ “‘ソヨン’、どん詰まりコードなかったとすれば嘘”

パク・ヘジンが引き受けたサンウはソヨンとサムジェが絶縁した後のそれぞれ二人の人生を分かって劇のキーを握っている人物でもある。 そして自身の面倒見をしてくれたソヨンに冷静に回ってはキャラクターだ。 彼に‘冷静だ’でしたところ笑って“分かれば中深いキャラクター”として弁護をする。

“もう放送を通じて出てくる話だが、サンウは中にある言葉をみな放てばみな表現にならない奴です。 ソヨンに冷静に対するのは彼のためであることでしょう。 ソヨンが選択をしたものだがその選択に揺れるということがないように助けることです。 ‘再び訪ねてくるな’という話に痛みがにじみ出るんです。”

そのような彼にこのような設定がどん詰まりコードで放送序盤非難を受けたことに対して尋ねるとすぐに“なかったといえば嘘”としながら率直に話を解きほぐした。

“どん詰まりというものもどのように解いていくかが重要なようです。 どうしても前作である‘棚ぼたのあなた’が明るいドラマなので私たちの暗い雰囲気が心配になったが、作家様はかえってどん詰まりは全く気を遣われないように話を解きほぐして感心しました。 幸い視聴者方々もわかって下さったようだよ。”

屈曲が少し多くの主人公が登場するのにどんな感情で演技をするかと尋ねたところパク・ヘジンは“サンウのキャラクターで別に抜け出すのがない”としながら“劇中では双子だが自分にも一歳多くの姉があり感情もよく理解できる。 演技でよく解きほぐそうと努力している”と明らかにした。

“恋愛する時希望顧問はしない方です。 劇中でミギョン(パク・チョンア)とホジョン(チェ・ユンヨン)の愛を受けているのに私は飾りけなく友人のように安らかな恋愛をたくさんしてみたためかミギョンが同じスタイルが好きです。 すでに自らのスポイラーでホジョンとサンウの関係が知らされてしまって堪え難いことは一ケ所作家様がどんな契機に二人を繋いてくれられるのかすでに期待されます。(笑い)”



◆ “大鐘賞大賞より演技者で刻印されたいです。”

欲も下ろして、自分が今しなければならないことが何か正確に分かるパク・ヘジンの夢は素朴だ。 彼は"演技者として粘り強く演技したい心しかない"と話した。

"'大鐘賞大賞'が夢? こういう具体的な夢と野望よりは多様なキャラクターを演技して視聴者方々に刻印されて、良い評価を受けるのが夢でしょう。 とても単純だが私の真心です。"

このように欲ないパク・ヘジンは今の所属会社とも早目に再契約をした。 これと関連してパク・ヘジンは"しようといってしましたよ"と笑いながら"より大きい会社、良い会社があるだろうが私が考えるには'そのナムルにそのご飯'と考える"と果敢な発言をした。

"誰聞けという言葉ではなくてどこへ行こうが私がどのようにするかが重要なようです。 もちろん義理も重要だったし、今会社に満足するので再契約をしたでしょう?(笑い)私がしていることに満足しているがあえて移す必要がないです。 頭痛いでしょう。 色々な複雑な心があったら多分大きい会社に行ったでしょう。でも、今は演技をしたいです。"

単純な真理を話したパク・ヘジンだが彼の一言に頭がうなずかれるのは彼が心より'演技者'と呼ばれることを願ったためだ。 'ソヨン'を通し見せてくれる彼の多様な姿が期待される理由でもある。

he11_20121105160605.jpg
he12_20121105160626.jpg
スポンサーサイト
[2012/11/05 16:06 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パク・ヘジン、青少年喫煙予防キャンペーン広報大使に | ホーム | 'びっくり結婚発表'オム・テウンの予備新婦、ユン・ヘジンは誰?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2106-bb151c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |