スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
パク・ヘジン“イケメンホームレスのおかげで舞台恐怖症消えました”①
元記事

パク・ヘジンが帰ってきた。


テレビ劇場で3年ぶりに再び対する姿だが気さくな印象と温かい容貌はあたかもその時間が昨日だったかと感じられるほどに変わることがない。 それのみか. もう三十を渡した彼の姿はいつのまにか余裕があるということと円熟米まで装着した。 この男そのままも充分だがより一層成熟した雰囲気までかもし出すとは。 放送を見守る女視聴者たちの胸で鳴り響く穏やかな波動が感じられることでもあろう.


2006年KBS2週末ドラマ‘噂のチル姫’中最高の純真な年下の男で多くの愛を受けたパク・ヘジン. 彼が今度は週末ドラマ‘私の娘ソヨン’でソヨン(イ・ボヨン)の思慮深い双子の弟サンウを演じて、もう一度自分だけの魅力を発散している。


熱い夏よりは熟した晩秋がさらによく似合う俳優パク・ヘジンと席を向き合ったのは十月も終わりだった日の午後. 彼はコーヒー向けがほのかに広がる限りカフェに晩秋の伝導師のように秋男の魅力を充満して現れた。 強行軍スケジュールで疲れることもするはずなのにパク・ヘジンの口元にかかった微笑はインタビューずっと簡単に落ちる方法を分からなかった。


“ドラマはKBS2と縁が多いようだ。 ‘熱血商売人’でハリュ役を担ったのが2009年であるから必ず3年ぶりに‘私の娘ソヨン’でカムバックした。 感慨が新しいという表現をしたがるようだ。”


事実は新しいとか変わったのがなくてかえって心配だ。 周囲の全てのものが変わることがないが、私だけ年を取ったのではないだろうかと思う感じだ。


“撮影をとても楽しくさせているという印象を受けた。 呼吸がよく合うようだ”


そうだ。 本当に期待以上だ。 どうしても双子役を担ったからなのか姉ソヨン役のイ・ボヨンと最も適当だ。 最高の相性という表現はこのような時使うんだなあと思う気がするほどだ。 もちろんガールフレンドで呼吸を合わせるパク・チョンアとも本当に遠慮なく過ごす。 そして未来の妻になるチェ・ユンヨン(ホジョン役)も例外ではない。


“聞いて見ると主に女とたくさん親しいようだ。


私が本来男とよく合わない。(笑い)


“私の娘ソヨンの視聴率が高空行進をしている。 演技者としては何より新しい風が吹くことであるはずなのに、本人が演じるサンウのキャラクターに対して俳優としての考えが聞きたい”


一言で奥深い奴だ。 最近家族と絶縁したソヨンをとても冷酷に投げ出したのだが、全てのものがもちろん姉のための行動だ。 ソヨンのようにお父さんサムジェ(チョン・ホジン)に対する愛憎を有していながらも彼をまた理解してどうにか抱いて生きていこうとする暖かい友人だ。


“演技者を離れてキャラクター自体に対する愛情も大きいようだ。”


‘私の娘ソヨン’という他のキャラクターも魅力的だが事実私がするキャラクターが最も魅力的だと考える。 サンウは状況によって、または、人物により多様で率直に反応する現実的なキャラクターだ。 なぜ周囲にもそのような友人あるのではないか。 お母さんの前では無愛想な息子が、ガールフレンドの前では暖かい男友人になる事もでき、また、友人前ではトゥクトゥッコリはそのような性格. サンウがぴったりそうだ。 このような姿を視聴者たちが共感することができるように状況状況に合わせて忠実な演技をしようと努力している。

“現在のパク・チョンア-チェ・ユンヨンと共に三角ラブラインが進行している。 気さくなガールフレンド パク・チョンア(ミギョン役)と可愛い未来の妻チェ・ユンヨン(ホジョン役). ドラマの中のサンウでない、人間パク・ヘジンはどんな女にさらに心が引かれるのか。”


(考える暇もなしで)ミギョン. 赤ん坊のようで私だけを好む人よりは、安らかに私のそばにいることができる気さくで友人同じそのような異性側に引かれるのが事実だ。


撮影中にも呼吸がよく合うと言っていたパク・ヘジンの話は視聴率にもそのまま反映されたことだろうか。 週末ドラマ1位をはっきりと固めた‘私の娘ソヨン’という放送一ヶ月ぶりに視聴率30%突破という記録を立てた。 このために放送初期視聴率30%突破公約で‘ギャグコンサート-ホームレスの品格’出演を前に出したパク・ヘジンは率先半分要求半分イケメンホームレスに変身した。 ところでその‘イケメンホームレス’がまた、一度話題になった。 パク・ヘジンは予想外のギャグ実力を誇ったし、これに対し視聴者たちは熱い笑いで彼の変身を歓迎した。



“視聴率30%が越えてイケメンホームレスになった。 ひょっとして40%を越えれば再び掲げたい公約はないだろうか?”


公約はむやみにするのではないということを習った。 40%公約はない。 ところがもし50%を越えるならばその時は‘何でも’する。 視聴率50%を越えるのに世の中に出来ないことが何があるだろうか。


“ところが結果的にイケメンホームレス変身は非常によく似合った。 時々は少し無謀に見える公約が皆に楽しみをプレゼントできる契機になることもできるようだ。 当時ギャグ舞台に上がった所感を聞きたいんだけど。”


おもしろい経験だった。 そして愉快な経験でもあった。 当時としては視聴率30%がそのようにはやく越えると思うことができなかった。 突然に目標記録を越えたせいで花乞食をすることになったが、率直に表現すればそのような舞台に上がったのが初めてなので中ではいっぱい緊張をした。 それでも舞台の下観客の表情が見えない点は本当に幸いなことだった。

“意外にギャグ欲があるようだ。 考えてみると2008年SBS ‘ファミリーがやってきた’に出演したことがある。 その時も次第芸能感を現わしたが…. 芸能プログラムに再び挑戦してみるつもりはないか?"


どうせ出て行くこと笑わせるべきではないだろうか。 再挑戦? するならば‘1泊2日’のようなリアルバラエティに出演したい。 私は事前に組んでおいた枠組みなしでその中で自然に動くことができるそのようなプログラムを好む。


“今回の‘ギャグコンサート’出演を通じて得たのがあるならば?”


その間舞台に対する漠然とした恐怖があった。 カメラでない誰かが見ている舞台の上で演技をするべきだということが恐ろしかった。 カメラの目と観客の目は演技者には別個のことだ。 だが、今回の‘ギャグコンサート’出演でそんなことが少しは消えた。 おかげで観客と直接疎通できる演技もできそうだという小さい自信を得た。 舞台演技のためには演劇も良い経験がよいと思う。

“ドラマ復帰前は2年ほど日本でレコードも発売しながら活動したと聞いた。 歌も上手なようだ。 ミュージカルに対する欲はないのか。 演劇舞台でならまた、どんな姿を見せるのかとても気がかりだ。”

歌手? 事実は歌が思いのままうまくできない。 音楽も結局は舞台を離れては考えることはできない分野ではないだろうか。 よくご存じなように映画やドラマはNGが出れば何度も再びとって修正が可能だ。 ところで現場、すなわち舞台は違う。 1回性にはそれだけ負担が伴ってくる。 そしてそれだけ完ぺき性を要求する。

パク・ヘジンは公演舞台はまだなじみがうすいとし欲を隠そうと努めた。 事実はどんな姿を見せられるか、彼自身も確信できないためとし愛嬌帯びた微笑で手で遮った。 だが、それがみな起こるだろうか。 “もちろん次に機会になるならば…”それならそれで。 それでは視聴率50%公約でしてほしいという要請はしばらく後回しにしておくことにした。 パク・ヘジンにはまだ話す言葉がたくさん残っているとみられたためだ。

he14.jpg
he15.jpg
スポンサーサイト
[2012/11/08 21:20 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パク・ヘジン“イケメンホームレスのおかげで舞台恐怖症消えました”② | ホーム | TRICERATOPS “GOING TO THE MOON”-15th ANNIVERSARY SHOW at HIBIYA MUSIC BOWL- [DVD] >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2118-9feee052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。