「私の娘ソヨン」 ‘俳優列伝’先輩後輩熱演調和の良い例
俳優さんたちの演技がほめられています~

so172.jpg


元記事

翻訳は↓

イ・ボヨンからイジョンシンまで‘私の娘ソヨン’の俳優の毎週熱演を広げて‘俳優列伝’を書いていきつつある。

去る10日放送されたKBS 2TV週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期/製作HBエンターテインメント) 17回は俳優の熱演と安定した演技力に緊張感の中に多様な話を導いていった。

‘私の娘ソヨン’に登場するキャラクターは全部複合的な感情を同時に持っている。 この日放送分だけ見てもサンウ(パク・ヘジン)は病院で偶然に会った姉ソヨン(イ・ボヨン)を冷たくて根気強く対しながらも彼を追いかけてきて倒れた姉を冷遇できなかった。 また、ソヨンとの幼い時期記憶を想いうかべて彼女を冷たく冷遇したことに苦しみながらも、夫ウジェに暖かく抱かれて家へ帰るソヨンを発見とはすぐまもなく安堵の暖かい目つきを取り戻した。

ソヨンは意外にあった弟サンウに対する懐かしさとうれしくて、そして依然として自身を押し出す弟を見て悲しみをいっぱい抱いて単独で涙をのんだ。 去る3年間の感情が爆発したのだ。 しかし自身を訪ねてきた夫を見て現実に戻った彼女はすぐまもなく弟サンウと小姑ミギョン(パク・チョンア)が同じ病院、同じ課で仕事をしているという事実を悟って不安感に震えた。

格別な縁で編集されている婿ウジェと屋台で焼酎一杯をやりとりすることになったサムジェはその場が楽ではなかったが、妻を非常に愛するウジェの姿に世の中をみな持つお父さんの微笑を見せた。 しかし自身の人生を知りたいというウジェの話にまた再び驚いた胸を握りしめなければならなかった。

‘私の娘ソヨン’が初放送から週末視聴率正常を強硬に守って不敗神話を続けさせているには人物間の葛藤構造とキャラクターの複合的な感情状態をすべての俳優が繊細な感性と重たい感動で解きほぐしているということにある。 名不虚伝演技派俳優チョン・ホジンをはじめとして、この頃‘大勢女優’で登板したイ・ボヨン、‘理想の夫’イ・サンユン、そしていつさく烈するかも知れない秘密を大事に保管したまま美しい愛を継続しているパク・ヘジン、パク・チョンア カップルまで劇の重心を捕まえて行って視聴者たちに深い響きをプレゼントしていることだ。

それだけでなくカンギボン(チェ・ジョンウ),チェ・ミンソク(ホン・ヨソプ),チャジソン(キム・ヘオク),キム・カンスン(ソン・オクスク),ユン・ソミ(チョ・ウンスク)等中堅キャラクターは無欠点演技を披露していてチェ・ホジョン(チェ・ユンヨン),カンソンジェ(イジョンシン),シム・ヒョンタク(チェ・ギョンホ)はピョンピョンはねながら安定した演技で彼らの魅力を誇っている。

イ・ボヨン、チョン・ホジンの名不虚伝演技と中堅、新人演技者の安定した演技力は‘国民ヒーリング ドラマ’という賛辞を受けて上昇の勢いを続けさせている‘私の娘ソヨン’の力だ。 一方今日(11日)放送される‘私の娘ソヨン’ 18回分は窮地に追い出され始めるソヨンと偶然に秘密を知るようになるサンウを中心に緊張のひもを続けさせる計画だ。

スポンサーサイト
[2012/11/11 23:50 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<私の娘ソヨン17、18話 動画 | ホーム | 私の娘ソヨン18話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2122-0ffd711d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |