スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
‘ソヨン’パク・ヘジン、3年空白を感じさせない演技力..‘どうなる’
演技力をほめられていてうれしい!

元記事


俳優パク・ヘジンが3年の空白を感じさせない演技力を誇ってテレビ劇場を熱い雰囲気にしている。 内面演技から絶頂に駆け上がる感情演技まで劇の流れを主導するのはもちろん歳月と一緒にした層さらに温かくなった容貌で女心をときめかせている。

パク・ヘジンは最近KBS 2TV週末劇‘私の娘ソヨン’(以下ソヨン)でソヨン(イ・ボヨン)の二卵性双子医師サンウ役で、ミギョン(パク・チョンア)とホジョン(チェ・ユンヨン)の心をとらえるということと同時に視聴者たちの心をとらえるなど熱演を広げている。

‘ソヨン’が序盤ソヨンの話に集中してイ・ボヨンとお父さんサムジェ役割を受け持ったチョン・ホジンが主導的に導いていったとすれば第2幕が開かれた現在の話はサンウの話に注目している。 ソヨンがお父さんと弟の存在を隠したまま金持ちの家息子ウジェ(イ・サンユン)と結婚した以後時間が流れたし、その間ウジェの妹であるミギョンと恋人になったサンウの話が展開している。

この過程でサンウは自身のために辞退をして学費を代わりに渡した姉ソヨンにとても冷酷にふるまって視聴者たちの痛いまなざしを受けたりもしたが、最近サンウの内心が明らかになって視聴者たちの胸一角を胸が痛くさせた。 サンウがソヨンにとても冷酷にした理由がみなソヨンのためのことであったため.

これと共に最近自身の恋人であるミギョンが姉ソヨンの小姑という事実を知った後にはソヨンとミギョンの間で悩みと葛藤をしながら右往左往する姿を見せて胸を胸が痛くさせている。 こんなにもあのようにもできないサンウの心と行動に同情世論までできた状況だ。

このようなサンウというキャラクターに視聴者たちが感情移入をしながら胸が痛がる理由は何よりパク・ヘジンの一階成熟した演技力があって可能だった。 少しは非現実的なキャラクターにパク・ヘジンという俳優の色が重ねて負わせられて立体感が生きたし、現実性が付与されたため。

特に彼はソヨンにとても冷酷にふるまうサンウの姿では舌を巻くほどの冷静さを維持して演技をして出したし、後からこっそりとソヨンを心配する姿の中では感情を爆発してあまりにも自然に涙を流すなど多様な感情変化を経る人物を表現するということにおいて限界を感じることができなくさせた。

何より去る2006年KBSドラマ‘噂のチル姫’でデビューして去る2009年KBSドラマ‘熱血商売人’まで俳優として活発に活躍して紆余曲折の末再び復帰した‘ソヨン’でこのような演技の翼を広げているという点で彼の今後の歩みが注目される。

これと関連してパク・ヘジンの所属会社関係者は最近“パク・ヘジンが自身を応援して下さる方々のために本人自らもたくさん努力したし、3年という時間演技に対して考え直してみる契機になったようだ”としながら“パク・ヘジンが国内活動は3年間休んだがその間中国に進出して多様な演技者らと環境を経験したのもとても役に立ったようだ”と明らかにした。

一方、‘ソヨン’では、サンウが自身の恋人ミギョンと姉ソヨンの間でどんな選択を下すことが出来るかに関心が集中した状態だ。 サンウが自身の恋人を捨てて血筋であるソヨンの幸福を守るのか、でなければ自身もソヨンと同じ嘘をついてソヨンと同じ道を歩いていくのか気になる。


he18_20121121180258.jpg
スポンサーサイト
[2012/11/21 18:03 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パク・ヘジン、‘私の娘ソヨン’サンウ“屋根部屋生活から理想まで似ているキャラクター” | ホーム | Mini Album + フォトエッセイ (限定版)(韓国盤)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2132-c93ef33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。