パク・ヘジン、‘私の娘ソヨン’サンウ“屋根部屋生活から理想まで似ているキャラクター”
ヘジンくんも、屋根部屋で生活したことあるんだ・・・・
そして家族の話も・・・・



元記事


この残念な愛に視聴者たちも共に泣いて笑った。 俳優パク・ヘジン(29)とパク・チョンア(31)がKBS 2TV週末劇'私の娘ソヨン'でそれぞれ裂けるように貧しい家案の息子イ・サンウと財閥家娘カンミギョン役を担ってなされることはできない愛を描き出した。 劇中サンウはミギョンが自身の双子姉イ・ソヨン(イ・ボヨン)の小姑という事実を隠したのを知って背信に苦しむ状況. これに対しパク・ヘジンとパク・チョンアはお互いを愛しながらも離別を準備しなければならない残念な心境を切ない目つきと繊細な演技力に表現やり遂げて居間劇場を涙で濡らしているところだ。 それぞれ3年間の空白とガールグループ出身という限界を立派に跳び越えてすでに次期作に対する期待感を高めている。 週末劇視聴率1位を強硬に守っている'私の娘ソヨン'の名品助演パク・ヘジン・パク・チョンアに会った。

俳優パク・ヘジン(29)がより一層固くなって帰ってきた。 パク・ヘジンは2009年'熱血商売人'以後3年ぶりの復帰作で50回に達するKBS 2TV週末劇'私の娘ソヨン'を選択した。 劇中イ・ボヨンの双子弟であり医大生であるイ・サンウ役を担って冷たいながらも多情多感な魅力を発散して同時間帯視聴率1位を守っている。 パク・ヘジンは"サンウは、環境から理想まで似ていた部分が多い"としながら"干満のカムバックだと作り出したキャラクターより自然な私の姿をお見せしたかった"と考えを伝えた。 夜通し撮影とあふれるインタビュー・画報要請を消化するのに疲れることもするものの質問ごとに才覚がある話し方で雰囲気を和気あいあいにさせた。 去る2010年兵役不正論議に包まれたが昨年裁判所の無嫌疑判決でその間の気苦労をさっさと振り払って再び飛翔中であるパク・ヘジンに会った。

-デビュー作'噂のチル姫'以後6年ぶりの週末劇だ。

"再びデビューした気持ちだ。 国内活動をたたんだ去る3年間中国と日本を行き来して演技した。 国内復帰に対する考えが切実な時私の気に入ってきた作品が'私の娘ソヨン'であった。 自然ながらも人間的な姿を持ったサンウの魅力に強く引かれた。 KBS週末劇でカムバックすると万感が交差したよ。"

-サンウは家族を捨てて金持ちの家に嫁入りした姉ソヨンに、とても冷たかったよ。

"姉を惜しんで愛する心が大きいからそのようだ。 婚家に家族がない孤児だとだましたがお父さんと弟のそばをぐるぐる回って見つけられればどうするのか。 サンウは、ソヨンが再び訪ねてくることができないほどとても冷酷に対する。 姉は高等学校を自ら退いて色々なアルバイトで金を儲けてサンウを医大に送った。 サンウはそのような姉の幸福を最後まで守りたいことでないか。"

-無能力なお父さんには誰より暖かく対する。

"サンウもソヨンのようにお父さんに対する愛憎がある。 病院費を出すことができなくて妻を心臓病に送って子供たちに借金まで負わせたお父さんなのに憎くないだろうか。 だが'悪いお父さん'でなく'醜いお父さん'だからひたすら嫌うことができないことだ。 その上ソヨンがそのように冷たく対するのにサンウまでするとお父さんはどこに寄り添ってどこに立つか。 事実私はソヨンのようにとても冷酷にお父さんに対した。 この頃サンウを演技しながら'私はなぜサンウのようにお父さんに暖かく対して差し上げることができなかったのだろうか'という気がする。 '当時はそれが最善だった'と熱心に自らを慰める。 私が処した似た状況を演技したためか思わずドラマにさらに深く没入されるようだ。"

-サンウと本人の共通点は。


"屋根部屋生活を経験した点だ。 デビュー直前故郷プサンを出て2004年から2年間ソウルにある5階屋根部屋に住んだ。 家賃を数ヶ月の間出せないほど難しい時期を送った。 主人が4階に住んだが家賃を督促するかと思っていつも気をもんで生活した。 階段を上がっては下りる時カササギ発で通うかと思えば家にないチョックをしようと火を消しておいて生活することもした。 この頃屋根部屋録画をするときは当時考えがたくさん出る。"

-劇中パク・チョンア・チェ・ユンヨンの愛を同時に受けている。 実際ならば誰を選択するだろうか。

"サンウのようにパク・チョンアを選択する。 '温室の中草花のように'育った愛嬌あふれる人よりさっぱりしている性格がさらに引かれるようだ。 そして私を好きな女より私が好感を感じることができる人がより良い。"

-恋愛に対する考えはないか。

"いつもあるがまだ良い人に会えなかった。 最近ボヨン姉に'チソン先輩となぜ公開恋愛する?'と尋ねたところ'公開ではなく、見つけられたよ'といいながら笑ったよ。 できても見つけられる時まで隠さないだろうか。"

-2012年もあと二ヶ月。

"来年3月まで'私の娘ソヨン'撮影にまい進する。 今年は3年ぶりに復帰したしソウルと釜山(プサン)に散って生きたお母さん・姉と17年ぶりに一戸に住むことになった。 ソウル、漢南洞(ハンナムドン)家に新しい家族である姉の夫とめいまで総五家族が集まって住む。 本当に幸せな一年だ。"

he19_20121127120044.jpg
スポンサーサイト
[2012/11/27 12:03 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<私の娘ソヨン21、22話 | ホーム | ‘ソヨン’パク・ヘジン、3年空白を感じさせない演技力..‘どうなる’>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2133-fd1813bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |