私の娘ソヨン21、22話
登場人物それぞれ、人に言えない秘密を抱えていて
そのことで生まれるドラマ
視聴者も一緒になってやきもきしてしまうんですよね・・・



動画です~

21話前半

21話後半

22話前半

22話後半

ストーリーは記事をどうぞ
またまたヘジンくんの演技絶賛されてます!
画像もあります~↓

パク・ヘジン、なぜ主演なのか・・感情演技'グッド'

パク・ヘジン、なぜ主演なのか・・感情演技'グッド'

KBS2週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期)に出演するパク・ヘジンの素敵な演技力がドラマをアップグレードさせている。

パク・ヘジンは24日放送された‘私の娘ソヨン’ 21話で劇中お父さんと姉、そして恋人の仲で複雑微妙な感情演技を完ぺきに表現して注目をひきつけた。

この日サンウは姉であるソヨンに会って3年前お父さんサムジェと自身を捨てて嫁に行ったのを後悔しないかと尋ねた。

ソヨンはサンウの問いに“その当時には本当に疲れた。 私を支えたひもであるお母さんがお父さんのために亡くなった。 一日にも数十回ずつ揺れたがウジェに会って、結婚まで考えることになった。 お父さんは私にあってシジプス岩であった。 死ぬ力を上がってきても再び転がり落ちて落ちる存在であった”と内心を打ち明けた。

これに対しサンウはソヨンに3年前に再び戻りたくないのか尋ねた。 ソヨンは再び戻っても3年前選択と違わないことを強調した。 おりしもサンウは、ミギョンが家に訪ねてきたというサムジェの連絡に急に家へ向かったし、ミギョンに会ってどうか時間を与えてじっとしていてほしいと頼んだ。

結局サンウはミギョンに結婚より気楽に友人のように恋愛もしようと話した。 これはソヨンと姻戚関係であるミギョンと結婚することによって起きる波紋を防ぐためのもの。 自身を捨てて嫁に行った姉だが幸福を破ってしまいたくないサンウの暖かい配慮であった。

この過程でパク・ヘジンの演技力が注目をひきつけた。 彼は自身よりは姉の幸福をさらに優先視する犠牲に充ちた姿で温みを見せたし、娘に捨てられたという事実を知ることになるお父さんを心配する孝行息子の姿によく溶け込んだ。 また、自身を心より考える恋人との間で深く苦悩するサンウキャラクターを完ぺきに表現した。

パク・ヘジンはこのように人物の複雑微妙な感情表現を完全にやり遂げて女性視聴者たちをひきつけている。

so22.jpg





パク・ヘジン-パク・チョンア結局離別‘視聴者虚脱’


パク・ヘジン-パク・チョンア結局離別‘視聴者虚脱’

パク・ヘジンとパク・チョンアが結局離別した。

11月25日放送されたKBS 2TV週末ドラマ‘私の娘ソヨン’(脚本ソヒョン卿/演出幽玄期) 22回では恋人カンミギョンに離別を宣言するイ・サンウの姿が描かれた。

先立って放送分でサンウはミギョンに“私たちの当分恋愛だけしよう. 友人のように今のように”と話した状況. 双子姉イ・ソヨンの幸福を破ってしまうこともできなくて、愛するミギョンを送ることもできないサンウの選択だった。

これに対しミギョンは“そうだ良い。 どうせレジデント終わる間結婚もできない状況であったのにその間できなくなってみたものなどすべてしながら恋愛しよう。 それと共に君に理解受けて許される時間儲けなければならない”と喜んだ。

サンウはミギョンに“何がしたいのか”と尋ね、直ちにデート申請をした。 サンウはミギョンを連れて市場に行って旧傾倒して、おいしいものも買って食べて幸せな時間を過ごした。

そして初めてミギョンの家に見送るとして共にバスに上がった。 サンウはミギョンの町内を歩いていって“夜には薄暗くて女一人で危険だ。 次からは公共交通乗らずに車に乗りなさい”と話した。

その瞬間突然おかしな気がしたミギョンは“君今何をしているのか。 変だ。 我が家に見送るのもそうで私に車に乗れというのも君にふさわしくない”と話した。 ミギョンは“君どんな考えをしているのか”と尋ねたし、これに対ししばらくの間ミギョンを眺めたサンウは“君が考えている通りだ”と答えた。

引き続きサンウは別れようと宣言した。 結局サンウはミギョンに最後のデートをプレゼントして離別を通知したこと。 お互いを心より愛するが仕方ない状況に離別をむかえることになった二人のラブラインが見る人々の濃い遺憾をかもし出した。(後略)



会社を辞めて、若者の真似をして奇抜な行動をとっている
ホジョンのアボジのシーンには大ウケ
オンマには、いつばれるのかしら~~~~


スポンサーサイト
[2012/11/27 15:53 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今夜の「ハッピートゥゲザー3」に出演! | ホーム | パク・ヘジン、‘私の娘ソヨン’サンウ“屋根部屋生活から理想まで似ているキャラクター”>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2134-8aab0db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |