いとしのソヨン27、28話
ホジョンがひたむきでかわいいのです・・・
b0fcbf1c8701a18b690bc79e9e2f07082938fe2c.jpg




動画のリンクです~

27話前半

27話後半

28話前半

28話後半

あらすじは記事をどうぞ↓

27話レビュー元記事


'いとしのソヨン'パク・ヘジンの正体を知ってイ・サンユンが衝撃を受けた。

15日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 27回放送分では妹ミギョンのボーイフレンドでだけ分かっていたイ・サンウが義理兄弟であることを知るようになったウジェの姿が描かれた。

この日ウジェは妻イ・ソヨンに依然として冷たい態度を見せた。 昼間に喫茶店でウジェは"私も今は知りたくて。 君が話さなかった傷. したくないという話. それはいつ頃なら言うの?"と尋ねたが、ソヨンはついに話さなかった。

夕方にソヨンが"さっき昼間に気持ちたくさん悪かったですか? 昼間に喫茶店で突然立ち上がってしまったではないか。 私が腹が立つようにしたんだろう?"と尋ねるとすぐにウジェは"雪終わったし会社に仕事残って入ったよ。 なぜ?"と答えた。

ソヨンは"それでもそのように突然…ウジェ氏らしくなかったよ"と話した。 ウジェは"そうなの。 私にふさわしくなかっただろう。 ところで話さなかったか? 会社の仕事でミギョンがことでちょっと複雑で鋭敏だと…"と話した。

ソヨンは"そうすることはしたが日対するのがとても違うじゃない。 何かご用なのか言ってはいけませんか? この頃ずっとウジェ氏が私を対するのが変だから"と用心深く話した。

ウジェは"会社の仕事は本来よく話さなかったし、ミギョンのことはミギョンのことなので話したくないということに話をしなさい?"として神経質な反応を見せた。

"私のためなのか違ったことためなのか明確に知りたくてそうですね"というソヨンの話にウジェは"君のために私が複雑でなければならないことある? 私に間違ったことある? 私の気持ちに複雑に絡まったこと多くて鋭敏だが、君対するのは終始一貫していることを願うの?"としてしかめっ面をした。

ソヨンは"それは違う。 ウジェ氏"として状況を収拾してみようとしながらも"それでもちょっと変なことはあります。 ウジェ氏も感じるだろうが…"として率直な内心を打ち明けた。

だが、ウジェの反応は冷たかった。 "私が変に見えることということを分かって。 それでも放っておいて。 君はしないながらなぜ私の気持ちをみな見たい?"と話した後部屋から出て行ってしまった。



ウジェのソヨンに対する疑いと不信は継続されたし、彼女の過去話を思い出させた。

"ウジェ氏には一生言いたくなくて、ウジェ氏は一生分からなかったら良いよ。 私に再び尋ねないで下さい。 ウジェ氏は絶対私理解できなくて"という話とソヨンをこっそりと見守るイ・サムジェの姿を見た過ぎたことを共に思い出させてある息を吐き出した。

そうしたところふと"弟がいたか?"という自身の話に"外国に出ています。 当分入ってこないでしょう"と答えたソヨンの姿を思い出させた後、友人スンウに要請をするに至る。

夕方に酒場でウジェに会ったスンウは"調査員?"としながらいぶかしい表情をつくる。

ウジェが"話出て行かないで信じるほどの人下や探して"と話すとすぐにスンウは"何の調査とこしえに話出て行かない人を探す? 話漏れないでいく調査必要ならばソヨン氏にお願いして。 弁護士ならばそうした側でルート探しやすくて"と答えた。

ウジェが話なしで酒杯を引き寄せるとすぐにスンウは"ソヨン氏ことだな。 何なの? ソヨン氏浮ついた気持ちになったか?"と話した。 これに対しウジェは"推測するな。 違う。 お前. なぜこのように先に分かるふりなの?"としてソヨンが仕事のためにそんなことないように否認した。

スンウは"興信所、便利屋センターに任せられないのはそれで口実捕えられたりその話が外で漏れていってはいけないということなのでそうすることじゃないの? 君、私も信じられなかったのか? 君が信じるのはイ・ソヨン、君のワイフだけだったの? そうしたがその信じたワイフに何かあるの?"といいながら苦しいといった。

するとウジェは"そうなの。 世の中に生まれて私が100%信じた人はイ・ソヨンだけだった。 悪いやつ"としながら腹が立った表情で話した。

詳しい事情を分からないスンウは"君いったい何を恐れをなすの? ソヨン氏秘密がいったい何だって? 遠慮なく尋ねればソヨン氏が逃亡でも打つかと思って怖くなるの?"と尋ねた。

ウジェが"ソヨンがどんな人なのか知りたくて。 私が直接確認したくて"と話すとすぐにスンウは"いったい何かご用なのでそう?"と答えた。


家に戻ったウジェにソヨンは親しく話しかけた。

ソヨンが"遅れるので酒飲んでくる方法は分かったが、たくさんは飲まなかったよ。 こういうことではウジェ氏倒れるよ。 足浴ほどほどにしますか? いや水受け取っておくだろうか? 半身浴に良いという漢方薬救っておいたが…"と話すとすぐにウジェは"いい"といって冷たい反応を見せた。

変わったウジェの態度に一人でくよくよするソヨン. だが、ウジェの疑いは手のほどこしようもなく大きくなって行ったし、ソヨンの家族関係をびしびし裏調査した。

以後ウジェは専門調査員から書類封筒を渡して受ける。 封筒の中に入っている家族関係証明書を覗いて見たウジェは"イ・サンウ?"と独り言下やいぶかしいといった。


調査員は"イ・サムジェ氏は飯屋で配達しています。 イ・サンウ氏はハンジン大病院外科レジデントとあります"と話した。

これに対し驚いたウジェは"何ですって?"としてイ・サンウ情報をもう一度尋ねた。 調査員が"イ・サンウ氏ですか? ハンジン大病院外科レジデント2年目です"と話すとすぐにウジェは"イ・サンウがハンジン大病院外科レジデントといいましたか?"と答えて茫然自失した。

分かってみればソヨンの弟であり妹ミギョンの前ボーイフレンドだったのだ。 混乱に陥ったウジェの姿でこの日放送が終わって今後の展開に対する気がかりなことを高めさせた。


人生に暗雲の影が垂れるのはウジェだけでなかった。 彼の妹ミギョンも衝撃的な事実に接した。

サンウの家に訪ねて行ったミギョンはサムジェに会いにきたが、その場にチェ・ホジョンがいるのを目撃した。

これを見て驚いたミギョンにサンウは出て行って話そうと話した。 ミギョンが"ホジョンがなぜそこにある?"と尋ねるとすぐにサンウは"お父さんに挨拶させようと連れてきた"と話した。

ミギョンは"挨拶をさせるというの? それがなんのこと? ホジョンをなぜお父様に挨拶をさせる? ホジョンをなぜ? ホジョンが誰なの?"として怒った。

サンウが"私がホジョンに会おうといったよ"と話すとすぐにミギョンは"話にもならなくて。 どのようにそんなことができる? イ・サンウ. 君どうしたの?"といいながらあきれるといった。

これに対しサンウは"私はずっと私の真心話した。 君と別れたい。 私は終わった。 心が変わった。 君が信じなかった。 私と合って、私が気楽な人会えてはやく安定探したかった"と話した。

ミギョンは"いくらそれでもホジョンを…いったいいつから? 理解できなくて。 どのようにその短い時間ホジョンを会って、お父様にごあいさつする間で発展させることができる?"として呆れ返った。

サンウは"感情がオーバーラップされたのだ。 君の嘘を知った瞬間から心が変わったし、その以前からホジョンに関心はあった"と話した。

先立ってミギョンは自身が財閥集娘という理由で接近する男たちを選び出すために孤児だと嘘をついた。

ミギョンが"関心があった?"と尋ねるとすぐにサンウは"オ"と答えた。 これに対し怒ったミギョンは横っ面(ほお)を殴った後"君がとても冷酷に背を向けた時結局全てのものは私が自ら招来したことだから。 どのようにすればはい心を変えることができるだろうか? 目を開く時から閉じる時まで、いや夢の中ですらその考えだけしながら生きた。 時間を戻すことさえできるならばどれくらい良いだろうか? お話にならない想像をしながら"としてついに涙声で話した。

これに対しサンウは"お前を会わなかったならばどれくらい良かったのだろうか? 毎日考えた。 これが私は. なので今から君と出た南二だ"と話した。 ミギョンは首を左右に振って"私がお前を分かるが、これは私が分かった君違う"と話した。

サンウは"人は自分が経験しただけ報告、判断しながら生きて。 君が私を判断して分かったことは勘違いしたのだ"と話した。 "君私に別れようといったこと真心だったのね"というミギョンの話にサンウは"初めて話した瞬間から"と冷静に答えた。



このようにサンウとミギョンの愛は終わったまま、サンウとホジョンの新しい愛も順調ではない。 ミギョンと別れるために自身を利用しようとするのを分かりながらもホジョンはサンウに対する一途な心であらゆる事を理解するが、ホジョンのママ キム・カンスンが結婚を反対するためだ。

カンスンはホジョンの財布などお金をみな取り除いた後"が家出する? でなければその男あきらめる?"と尋ねた。 するとホジョンは"出て行きますよ。 代わりにママが私を追い出したことだから明日すぐに婚姻届してもどの言葉しないで下さい。 さようなら"と話した後無一文で家を出た。

以後カンスンはサンウに連絡して"今私たちの家の前交差点に行ってみます。 それでは私の意が分かるでしょう"と話した。 サンウは退勤後寒い天気に自ら作った編物人形を売って金を儲けているホジョンの姿を見た。

サンウは"私がとても利己的だったの。 オイ。 お前. バカだ。 私はミギョンと別れようと君利用したものだが、こんなにまでしたい?"と話した。

ホジョンは"それが何どうですので。 皆知っているのに…"と明るく笑って話した。 サンウは"今でも取り消してやろうか?"と話すが、ホジョンは"私は大丈夫だが…おもしろいのに…やお金も儲けました"としてお金を見せることもした。



だが、ホジョンに申し訳ない思いと遺憾が交差するように多少複雑な表情になるとみられるサンウ.

果たしてこれらが結婚をすることになるのか気がかりなことをかもし出す中で、ウジェがすべての関係を皆知ることになりながら劇全体に'暴風前夜'のような緊張感が流れている。

本来ウジェはソヨンをクムチキも惜しんだキメ細かい愛妻家であった。 もしかしたらそうした彼の姿は'暴風前夜の静寂'だったかもしれない。

ウジェはソヨンが生きておられたお父さんを死んだと嘘をついたまま、孤児振る舞ったのを知るようになった。 してはならない嘘をついたという考えに恐ろしく急変した彼はもうサンウの正体までも分かってしまった。

世の中にはどの場合にも決して許すことはできないことがある。 果たしてウジェがソヨンの嘘を許すのか、どこまで嘘を容認できるのか視聴者一人一人に問いを投げるドラマ'いとしのソヨン' 27回放送分は27.1%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して週末劇独走を続けた。




28話レビュー元記事

'いとしのソヨン'イ・ボヨン・パク・ヘジン"近づく不幸分からないまま弱々しい悲しみ分けて"


今までよく耐えてきながら生きていく日々を考えれば広くて果てしなくなる時がある。 このような考えはドラマの中人物にも同じように適用されるはずだ。

'3人称全知的作家時点'でドラマを見て、イ・ソヨン・イ・サンウ兄弟姉妹を見れば残念なだけだ。 これらは隠してきた秘密がばれた事実を分からないまま、痛みを分けるのに余念がなかった。

16日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 28回放送分ではイ・サンウが姉イ・ソヨンに会って自身の内心を打ち明ける姿が描かれた。

あるレストランでソヨンが"サンウ。 どうしたの? こういう所にご飯をみな食べて"と話すとすぐにサンウは"座って"と答えた。 そうしながらの中に"姉私結婚する"と独白した。

ソヨンが"どんなことなの?"と話すとすぐにサンウは"もう一回ぐらいはこれでも良いそうで…もう君が君の夫と一緒に私を見ても行き過ぎるほどなったから。 何というもの違う"と淡々と話した。



ご飯を食べた途中サンウが心配な目つきで"顔がこの間よりやせたよ"と話しかけた。 するとソヨンは"オ?"として自身のほおを一度撫でては"冬だとそうだ"と話した。

サンウが"夫がよくしない?"と尋ねるとすぐにソヨンは"良くしてくれる"と答えた。 これに対しサンウは"本当に良くしてくれる? 間は良く見えたのに。 そうするようで。 そのような人であるから君がそうしたんだろう。 なので今まで言えなかったよ"と話した。

引き続きサンウは"ところで君子供はなぜ産まないのか? はやく子供から産んで。 それでこそ君はひょっとして見つけられても子供のために足をとられて生きるのだ。 以前に話す勇気出せばより良くて…"と話した。

ソヨンは"そうしようとしたのに…何度もできなかった"としてこらえた涙をさく烈させた。

サンウが"してしまうだろう…なぜできなかったの?"と尋ねるとすぐにソヨンは"ウジェ氏が信じている私の姿がとても丈夫で。 ウジェ氏ひとりだけでなくその人家族もとても信じてしまってできなかった"と答えた。

サンウは"それでもソヨン. いつかは知るようになるだろう。 世の中には秘密がないから"と話した。 これに対しソヨンは"サンウ。 私は見つけられて、その人顔を見て生きる自信がなくて"として泣いた。

サンウが"なのではやく子供産めと。 うちの母さんのように双子産んでするがもっと生め。"と話すとすぐにソヨンは"サンウ。 君突然どうしたの?"と答えた。

サンウは"君が結婚する時私は君の心が何か分からなかった"と話した。 するとソヨンが"もう甘くないの? 分かって。 どのように?"と尋ねるとすぐにサンウは"年を取ったではないか"としてついに自身の結婚の便りを打ち明けなかった。


サンウが"結婚するという時お前を止めても君の心認められて止めることができなくてごめんね"と話すとすぐにソヨンは"そういう話するな"として泣いた。

サンウは"頭では理解した。 逃げたい君. 抜け出したい君. 幸せになりたい君理解したが私の心が容認にならなかった。 それでもお父さんなのにそうしたし、すでに君が犯したから私は誰よりお前をよく分かるから。 後悔して揺れること分かるから。 根気強く私が切るのが最善だと考えた"と話した。

これに対しソヨンは"ごめんね。 私が間違った"と話して涙を流した。 サンウは"こうするかと思って君会わなかったものと…"と話して泣いているソヨンにハンカチを渡した。

引き続きサンウは"お父さんは私がよく迎えるのだ。 最後まで責任を負うから。 君が幼い年齢に苦労したこと今になって私が返すと。 なので姉、今のように幸せに暮らして。 どんな瞬間がきても賢明に対処して、深いと考えて"とソヨンの幸福を祈った。

ソヨンが"人がいれば本当に祈って生きられることができるだろうか?"と尋ねるとすぐにサンウは"両親になれば略字になるようだったよ。 私はまだよく分からないが…"と話した。


以後ソヨンが産婦人科検診受ける日がきた。 携帯電話文字メッセージでこれを確認したソヨンは"不妊検査終る時まで絶対一人で行かないで. 必ず私が一緒に行くのだ"という夫ウジェの過去話を思い出させていた。

その瞬間ウジェに電話が。ソヨンは"オ. ウジェ氏"といいながらうれしく受けたが、ウジェは冷たかった。 ウジェが"今日病院行く日だろう?"と話すとすぐにソヨンは"私一人行ってもかまわないことのようです"と話した。

するとウジェは"ちょうどうまくいったよ。 私会食して重なって行けないそうだと電話したよ"と話した。 これに対しソヨンが"分かりました。 一人で行きますね"と話すとすぐにウジェは"そうだ"と短く答えた。


ソヨンは、ウジェとの通話が終わった後引出しの中に置いていた避妊薬をごみ箱に捨てて、病院にも行かなかった。 その間不妊を疑って病院に通ったが、分かってみると意図的に子供を持たなかったのだ。

だが、ウジェはそういう事実を知るはずがなかった。 ウジェは会食席でソヨンと同じローファームに通うチャン・ソンウからソヨンが夜勤しているという話を聞いた。

家に帰ってきたウジェが"病院よく行ってきたか"と尋ねるとすぐにソヨンは"オ"と嘘をついた。

するとウジェは"本当に行ってきたか? イ・ソヨン君このような人だったの? 嘘を目びっくりしなかったりすることができる人だったの? 私が分かるイ・ソヨンがそのようなことが出来る人だったのね"として怒った。

先立ってウジェはソヨンと大きく夫婦戦ったりもした。 義理兄弟イ・サンウが自身の存在を分かった後、自身の妹ミギョンに離別を通知したという事実を知って酔っ払って家に帰ってきた。

この日ウジェは"イ・ソヨン. 賢いイ・ソヨン. 自尊心強いイ・ソヨン. すごいイ・ソヨン"としながら皮肉って話した。 これに対しソヨンは"ウジェ氏起きて。 私と話しましょう。 何の話? ウジェ氏私になぜこうしますよ?"として問い質した。


ウジェは"私が君にどうしたが? 具体的に話してみて。 自尊心すごいイ・ソヨン氏. 君は真の利己的だな。 複雑なことあると放っておけといったではないか。 私がなぜこうするのか言う? 私の妹のために私が今心が劇で良くなくて。 なので私件にするな"として怒った。

ソヨンが"ミギョンさんのことと私と何の関係なの? なぜ私に怒りますか?"と尋ねるとすぐにウジェは"何の関係? イ・ソヨン、君は兄弟いない? 弟いたとして"としてサンウの存在を捻って話した。

するとソヨンは"ミギョンさんのことでも会社の仕事でも大変でそのストレス私に解くことならばそうだといいます。 それでは待つから"と話した。

ウジェは"そうでなければ?"という意味深長な話を投げた。

状況を知らないソヨンは"それでは何の話なのかを話をしてあげなくちゃ。 私が理解できるように"と話した。 ウジェは"まだ君と分ける話違う"として即答を回避した。


だが、ソヨンとサンウの関係をウジェ一人だけ知っているのではなかった。 もうミギョンまで知るようになってしまった。

サンウとチェ・ホジョンの突然結婚消息を聞いたミギョンはその衝撃であてもなく距離を飛び交ってたどり着いたところはサンウの家.

おりしも家には誰もいなかったし、引っ越しする間家を調べてみているところだった。 "お父様"としながらイ・サムジェを呼んでみたが、何の返事がないとミギョンは開かれた戸を通って中に入った。

あまり荷が重すぎてその場に座り込んだミギョンはふと"私がそのベッドについて話せば、君に求婚する時だ。 その時私が多分どのような話をするのだ。 我が家. まだ君に話さない事情があったら"というサンウの過去の話を思い出させた。

以後ベッドにあったアルバムを持ち出した後、写真を一つ二つ見てミギョンは茫然自失した。サンウとソヨンが親しく取った写真があったこと。 これに対し衝撃受けたミギョンの姿が劇末を飾って今後の展開に気がかりなことを加えた。


ミギョンまでも知ることになったのはソヨン-サンウ兄弟姉妹に差しせまってくる大きい試練の予告でもあった。 いつ崩れるかも知れない幸福、時限爆弾と同じ不安なことは到底言葉で表現できない。

これら兄弟姉妹の幼い時痛い傷がブーメランになって帰ってくるようで遺憾をかもし出す中で、ウジェ-ミギョン兄妹には現在の苦痛がまた他の不幸の種になるかと思って視聴者たちの心をより一層痛くさせている。

心一角にうらさびしい風と弱々しい感動が染みて入るようにするドラマ'いとしのソヨン' 28回放送分は29.6%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して週末劇1位を守った。
スポンサーサイト
[2012/12/20 21:35 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いとしのソヨン29、30話 | ホーム | 投票するヘジンくん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2154-358fc436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |