スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いとしのソヨン29話あらすじ
あらすじの記事、長いので、一つずつにしました

元記事

翻訳は↓


'いとしのソヨン'パク・チョンア-イ・サンユン'怒り'爆発…嘘の最後は?

悲しい台詞…イ・サンウ"うちの姉自尊心一つでその幼いのがあきれるように耐え忍んだ" /カンミギョン"うちの兄は君の姉に一生だまされて生きなければならない?"

人は近い人に最も多く、そして大きく傷つく。 近い仲でなければ愛情、関心がないので傷も減るものだ。

だからソヨンの正体を知るようになったウジェ、ミギョン兄妹の怒りは大きかった。 ソヨンが良くしてくれても、サンウが内部事情を打ち明けてもこれら兄弟姉妹の怒った心が沈まないのはイ・ソヨン-サンウ姉弟に受けた傷がそれだけ大きいという傍証かもしれない。

22日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 29回放送分ではイ・サンウ(パク・ヘジン)とイ・ソヨン(イ・ボヨン)が姉弟という事実を知ることになったカンミギョン(パク・チョンア)が衝撃受ける姿が描かれた。

サンウとチェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)の突然結婚消息を聞いたミギョンはあてもなく飛び交ってサンウ家に行った。 家に誰もいないとそのまま入ったミギョンは"私がそのベッドについて話すとき、君に求婚するの。 その時私が多分話をするのだ。 我が家に、まだ君に話さない事情がある"というサンウの過去の話をふと思い出させた。


引き続きミギョンはベッド マットで写真アルバムを捜し出した。 なにげなくページをめくっている間サンウとソヨンが共に取った写真を見て驚いた。 幼い時写真のそばに'サンウとソヨン'という文が書かれたのを報告、自身のボーイフレンドであったサンウの姉が自身の兄の妻ということを確信した。

大きい衝撃を受けたミギョンは電話でサンウを呼び出した。 ホジョンと急に別れて来たサンウは"我が家に行ったの? お父さん会ったの?"と話した。

ミギョンは"もう分かるよ。 なぜこのように私がお父様会うかと思って恐れをなしたのか、なぜ私に別れようといったのか、なぜホジョンと結婚しようとするのか、どのようにうちの兄を調べてみたのか、なぜそのようにうちの兄を避けたのか。 この人のためだったよ?"といいながらサンウがソヨンととった過去の写真を見せた。



これに対し驚いたサンウが何の言えないとミギョンは"私たちの新しい姉さんイ・ソヨン氏. 君と双子だったか?"と尋ねた。 写真を奪い取ってサンウは"この写真君どこから出たか? この写真どこから出たかと?"として怒った。

ミギョンは"私が訪ねて行くかと思ってそのように恐れをなした君たちの家アルバムで見た。 ホジョンと結婚するという言葉に間が抜けてさ迷って見たらあいていたのでそのまま入った"と打ち明けた。

引き続きミギョンは"お父様? おられなかった。 君はこの渦中にも私がお父さん会ったかと思って恐れをなすの? 私たちの新しい姉さん孤児といった。 ご両親亡くなって、弟は…外国どこか出て行って遠い昔に連絡切れた弟が君だったの?"としていきりたった。

サンウは"私の話から聞いて。 私の話先に聞き入れて"と話したが、ミギョンの怒りは爆発した。

ミギョンは"生きているお父さんも殺して、弟も捨てたのが君の姉だったの? 君はそれを覆おうと私にそんなにあくどいことが対したの? うちの兄. ご両親. 私. 皆をまんまとだまして私たちの家に入ってきたあなた姉のために"と話した。

これに対しサンウは"初めから君たちの兄さんと結婚しようと嘘をついたこと違う。 うちの姉. それは絶対ではない。 ミギョン"と明らかにした。

ミギョンが"とにかくだまして結婚したし、ずっとだましているじゃない"と話すとすぐにサンウは"君もそうしたではないか。 君も嘘をついたではないか"と答えた。

ミギョンは"出た確信持てば話そうとそうだった"と明らかにした。 するとサンウは"君たちのお父さんがウィーナス社長ということが別れる理由はならないから。 金があるのが罪ではないから。 善意の嘘であるから"として目がしらを赤らめた。

引き続きサンウは"ソヨンがうちのお父さん、私たちの環境話したら君たちの家で結婚許諾したのだろうか?"として涙を流した。

ミギョンが"それでもそのような嘘と結婚したのは弁解はならなくて"と話すとすぐにサンウは"弁解はなって。 いくらでも"と答えた。

これに対しミギョンは"弁解になると?"としていきりたった。

サンウは"君のように生きてきた人はとうてい分からない、話しても絶対理解することはできないそのような苦痛の人もいて。 うちの姉が上手だったということ違う。 間違った。 君たちの家族前で瞬間の失敗だ。 元に戻すことができなかっただけだ。 それでも今あのように君たちの兄さんと幸せに元気に暮らしているじゃない"と話した。

ミギョンは"それでも君はどのように姉隠そうと…愛もないホジョンとどのように結婚考えまでする? 君は姉がみなだったの? 私は何でもなかったの?"と話した。

サンウは"君は最後まで私をあきらめないから。 君うちの姉を考えずに、君の兄さんを考えて。 君たちのご両親を考えてみて。 ソヨンが秘密が知らされれば誰も幸せな人がなくて。 君と私のために全部不幸になる必要ないでしょう"と話した。

これに対しミギョンは"それでは私たちは. 私たちは…"といいながら嗚咽するとすぐにサンウは"人生に愛はただ一度が違うじゃない。 全部でもないじゃない"と話した。 "君の姉はそうしたではないか"というミギョンの話にサンウは"ソヨンはそうしても私はそんなにできなくて"と話した。

ミギョンは"それでは私は. 私がこれを秘密にすることができるだろう考える? これは詐欺だ。 詐欺結婚は"として首を横に振った。

これに対しサンウは"そのように言うな。 その時状況は君と違って。 私たちのどこへ行って持ち出して話すから…"と話した。

だが、ミギョンは後ずさりをして"いや、やめて。 私の仕事で頭がさく烈しそうだと。 君の姉弁解などは聞きたくないと"と話した。

サンウが"聞かなければならない。 それでこそ君が私を理解できる。 どうか"としながら哀願するとすぐにミギョンは涙を流した。


以後サンウは一緒に勤める病院でミギョンを待った。
ミギョンは"私を待ったことなの? 日なぜ待つ? 君の姉のためにそのように日分からないふり冷遇するとなぜ? 気になって? 君がそのように心から考える私たちの新しい姉さんに電話してみて。 昨日何か大騷ぎが起こったのか直接聞いて"としてパッと鋭く言い放った。

サンウが"私は君わかってるでしょう。 浅はかな人ではないこと分かって。 話ほどほどにしよう"と話すとすぐにミギョンは"君も待って。 考える時間必要だから君も私の考え整理される時まで待って"と話した後席をはずした。

ミギョンだけでなく彼女兄さんであるウジェ(イ・サンユン)にも考える時間が必要だった。 ウジェはイ・ソヨン(イ・ボヨン)の正体を知って衝撃と背信に冷たく急変しただけ、ソヨンに知ることになったのをまだ打ち明けなかった。

だからソヨンが事実を知らずにいたりしたが、以前とは違い冷たくなったウジェのために不安に思っている。 特に病院に行ったと嘘をついたことまでばれるとすぐにさらに憂うつになった。



悩みの末にソヨンは"ウジェ氏の話ほどほどにして。 今日病院に行かないのは申し訳ありません。 どんな事情なのか今は説明するのが難しいが、それなりの理由があった"と話した。

ウジェが"病院になぜ行かなかったのかは重要ではなくて。 行かなかったが天然おかげ行ったと。 さっきその完全なあなた話しぶりをいうの"と話すとすぐにソヨンは"それは申し訳なくてそうしたの"と答えた。

これに対しウジェはしかめっ面をして"申し訳なくて?"と話した。 ソヨンは"どんな事情があれば人々適当に言い逃れてそうするでしょう。 ウジェ氏が考える私はどんな人かわからないが、私も瞬間瞬間仕損じて間違ってそのような人は"と話した。



腹が立ったウジェはソファで起きて"瞬間瞬間の失敗?"と話した。 以後突然想像の中で対話分ける場面に変わった。

ウジェ:イ・ソヨン君は私と結婚しようとお父さんと君の弟に縁切ろうと通告した。 それが失敗なの? 君の父は懐かしさのために娘周辺をぐるぐる回るが、君は3年を探してみることもなかった。 そのように3年の間私をだましたのが失敗なの? 君の弟に会っても冷遇する人が君だ。 君の弟にミギョンと別れろといったかも分らなくて。

ソヨン:ウジェ氏. 皆知ったの。
ウジェ:そうなの。 皆知った。 君が死ぬ時まで隠そうとしていたこと皆知ってしまったと。

ソヨン:そうなの。 最後まで分からなくなるのを見送ったが。
ウジェ:なぜそうしたか? イ・ソヨン. 君私となぜ結婚したか? なぜそうしたかと? どのようにそのようなことが出来る?

ソヨン:それなりの事情があった。
ウジェ:それなりの事情が何なの? それが何かと?

ソヨン:今になってそのような弁解が何の意味合いなの? みな終わったが。
ウジェ:何?

ソヨン:なので初めから結婚のようなことしないといったではないか。 男のためにご両親に上手だから見てほしいということしないといったではないか。 私の境遇のために軽蔑されることしないといったのではないですか。 ところで今になって私が何をするのを見送りますか? 何をしそうだけど?



想像を終わらせたウジェは"弁解せずに出て行って"と話した。 するとソヨンが"病院ことは私の誤りが明らかだが…"と話した途中ウジェが話をさえぎってしまった。

ウジェは"弁解しなくするから。 なぜ君にふさわしくなくそう? そのまました通り年. '言いたくなくて。 後ほどいつかは'そうしてしまうという話だ。 君がする言葉みな嘘のようだから"と話した。 これに対し驚いたソヨンは"みな嘘のようなんですって?"と尋ねた。

ウジェは"なぜ私が君と結婚したのか忘れたか? その実直で妥協なくてそうした君でないということを分かったから。 面倒にするな"として門をドン閉じて出てきて自身のお母さんとあった。



慌てたウジェは状況を急に収拾して夫婦間問題を表わさないようにソヨンを用意した。 だが、ソヨンと二人きりである時は冷たく変わった。

ソヨンが自身にその間失望したこと、全部みな直すから不満を打ち明けてと言った. するとウジェは弁護士仕事を辞めて生活しろと話した。

ソヨンが辞職願いを出してローファームを止めたと話すとすぐにウジェは"出血するように勉強して法大間ことはどのようにして。 財閥集嫁なろうと法大行ったことだったの? ウィーナス嫁が仕事よりさらに重要なの?"と怒った。

ソヨンは"いや。 ウジェ氏妻席がさらに重要だった。 ウジェ氏心がもう少し解ければ私の心も見ることができるのだ。 私は本当に恥ずかしいが、私にウジェ氏がどんな人なのかこの頃骨に凍みるほど確認していたら。 それで待つのだ"と淡々と話した。

引き続き"ウジェ氏が私によくしなければならないという強迫観念ある人のように用意して生きたからそうでなく気楽な間かなり私がさらに努力するのだ。 なのでウジェ氏も少しだけ私をさらに見て、さらに解いてくれたら良いよ"と風を打ち明けた。

だが、ウジェの心を元に戻すには力不足だった。 ウジェは"そのまましてみた話だったよ。 ずっと通って。 そんなことで心が確認されると考える? 君にことはそんなに何でもなかったの?"としてソヨンをみじめにさせた。

ついにウジェはソヨンを酒場で呼んで出すと他の女といる姿を見せた。 同じ時刻ミギョンはあるコーヒーショップでサンウに会った。 この席でミギョンは"私たちのそのままみな明らかにして私たちも結婚しよう"と話し始めた。

引き続き"うちの兄. 新しい姉さん本当に愛している。 そのような誤って知らされると離婚したりする人違う。 兄さんが屈しなければご両親も負けられるし"と付け加えた。

サンウが"うちの姉が君たちの兄さんと暮らせなくなる"と話すとすぐにミギョンは"なぜ住めなくて。 愛するが?"と答えた。

サンウは"愛するから暮らせない。 いや暮らすべきでない。 違うことではなくて、両親兄弟をだました。 まともに君の兄さんの顔、舅姑様の顔どのように見て生きる? 離婚の中と生きるとそれがまともに生きるコゲソ?"と話した。

ミギョンが"自分が間違ったものだが、その程度も柿(感)党できない?"と話すとすぐにサンウは"以前に私がそのように行って党できなくて。 姉秘密が私のために明らかになるようにできなくて。 君が"と答えた。

ミギョンは"姉が君にそんなにすごい? 私はそれでは何でもなかったか?"として気に障るといった。

するとサンウは"私の医大ソヨンが送った。 私たちは一緒に医大を夢見た。 外科はソヨンの夢だった。 ところでソヨンは高3の時自ら退いてチャジャン麺の配達をした"と話し始めた。

引き続き"我が校この子に人気良かったんだよ。 こと・はこの子が学校でチャジャン麺配達をさせた。 それでもきた。 そのように6ヶ月狂ったように仕事をして私の医大登録料儲けて,私こっそりと医大願書いれて、まける浪人しながら金を儲けながら検定試験報告そのようにして法大を行った"と自身の家族史を告白した。

サンウは"まける姉だと3分先に出てきたが、私は弟だと姉助けを受けた。 私たちは本当に苦労して暮らした。 そしてその大変な時期をうちの姉は自尊心一つでその幼いのがあきれるように耐え忍んだ。 ソヨンがその自尊心でなければ私まで生かすことができなかった"として目がしらを赤らめた。

話を皆聞いたミギョンはサンウに"なので新しい姉さん自尊心のために、自尊心守って生きるようにしようと私とは別れるの?"と話した。

サンウは"姉一人だけでなく…話したではないか。 君の兄さん. ご両親. うちのお父さん. 皆のために良いことだ。 私君とそのように簡単に別れたこと違う。 やるだけやった。 ソヨンが会えてはい話そうとしてもした。 日ためにみな明らかにすることができないかと"と話した。

これに対しミギョンは"そうしたが? 新しい姉さんにならないけど?"と尋ねた。 サンウは"私が話を取り出せなかった。 その瞬間はまた、お父さんが踏まれた。 いくら間違ったお父さんでもひとりじゃないの。 残ったことは子供たちしかないお父さんに娘に捨てられた傷まで私の手で与えることにはならないということじゃない"と自身の内心を打ち明けた。
ミギョンが"それでは、私たちの家族は? うちの兄は君の姉に一生だまされて生きなければならない?"と話すとすぐにサンウは"いつかは知るようになるかも知れないが、少なくとも君と私のために明らかにならなかったら良いよ"と話した。

ミギョンは"君がいくらそのように言っても新しい姉さんは私たちの家族を俗人の人は"ときっぱりと話した。

サンウが"ソヨンが君たちの家に生まれたとすれば絶対そのような事をしなかったんだろう。 その時うちの姉は誰も頼る人がなかった。 君たちの兄さんが生命の紐同じだったのだ。 今でもそうするのだ"と話すとすぐにミギョンは"もしかしたら姉はそのように理解が上手ながら"として怒りを飲み込んだ。

サンウは"愛する人をほしかった感情は君も姉や全く同じで。 同じ心じゃないの。 その気持ちで姉を理解してあげてはいけないの?"と話した。

ミギョンは"それでは私は? 私はどうして。 サンウ。 私はどうしたら"と話した。

サンウが"私たちはすでに終わった。 私は絶対うちの姉を不幸にさせて、お父さんに傷つけて、君と幸せなことなくて。 それが私は"と話すとすぐにミギョンはこらえた涙をさく烈させてしまった。


以後酒に酔ったミギョンがウジェとソヨンがある席で"新しい姉さん名前がイ・ソヨンでしょう? この。 ソ. まったく。 こっちにきて座ります。 する話あったら"と話す姿でこの日放送が終わって、劇の緊張感が高まった。

ウジェとミギョン全部一人だけでソヨンの嘘を知っているものと思う。 だからミギョンの話はウジェもたくさん驚かせる程強烈でそれ自体であった。

次の会でソヨンが嘘ばれる事実を知ることになるのか気がかりなことがより増しているなかで、がドラマは人生に対する根本的な問いをたくさん投げている。

'嘘をかばうことが真の愛か?','相手が受け入れるのが難しいと思った秘密を打ち明けることが最善の選択か?','人の嘘はどこまで容認されることができるだろうか?','善意の嘘は正当なものか?','善意の嘘と悪意の嘘の区別基準は何か?'など人間内面心理と本質に対して考えるようにさせる。

人生の正解が色々なものであるように、視聴者たちの選択もそれぞれ違わなければならない。 家族と結婚の意味を今一度省察するようにするKBS2ドラマ'いとしのソヨン' 29回放送分は29.0%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して週末劇1位を占めた。
スポンサーサイト
[2012/12/26 23:25 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いとしのソヨン30話あらすじ | ホーム | いとしのソヨン29、30話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2156-26598071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。