スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いとしのソヨン30話あらすじ
花婿のサンウ、すてきでしたね~

30話のあらすじです

元記事

翻訳は↓

イ・サンユン-イ・ボヨン交錯する心…再び続くことができるだろうか?


悲しい台詞…ウジェ"私が本当に信じてみな任せた人ですね" /イ・サンウ"すばやく後ろを向いて。 これはぼくの結婚式なんだ"

人の心は推し量り難い。 すでに変わってしまった心を元に戻すことはより一層難しい。

ソヨンは、ウジェの心を変えるために努力したが、水泡と消えた。 ソヨンは全て打ち明けることに決心して、ペンションにきてほしいとお願いした。

だが、ウジェは約束があるとし断ったまま、パーティーに行って明け方遅くまで酒を飲んだ。 この日午後彼は妻の父を訪ねて行った。

23日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 30回放送分ではウジェ(イ・サンユン)がイ・サムジェ(チョン・ホジン)に会ってイ・ソヨン(イ・ボヨン)に対する自身の胸の内を打ち明ける姿が描かれた。


ソヨンのことで苦しがったウジェは偶然を装ったままサムジェが仕事をする食堂近所に行った。 ウジェは釜山(プサン)で今まさに上がってきたと嘘をついたサムジェに一緒にお昼食べようと話した。

ウジェがご飯食べる姿を見守ったサムジェは"今までみた中に一番よく召し上がるよ"と話して満足に思った。 これに対しウジェは"昨日酒をとても飲んだんですよ"と話した。

サムジェは"まあ。 なぜそのように酒を召し上がったか? なぜウィーンの中ですか? 夫人がおられたが"として心配した。

するとウジェは"会社に問題が大きくできますので。 絶対私が容認できない事故を起こした人がいます。 私が本当に信じてみな任せた人ですね"としながらソヨンを遠回しに言って打ち明けた。

これに対しサムジェは"まあ。 あんな。 なんだか顔にならないと見られると言ったよ"といいながら心配した。 ウジェが"この人をどのようにしなければならないが苦悩中なのに"と話すとすぐにサムジェは"そいつは何と言いますか?"と尋ねた。

ウジェは"向こう側はまだ分からないです。 私が先に知りましたよ"と話した。 サムジェは"ツッツッツッ. 背信が大きいね"としながら心配した。


ウジェは"おじさん、前にそういう話したでしょう? 人は自分が体験して経験したことだけでは他の人だまされる見られないんですって"と話した。

するとサムジェは"人々はみな私手に持っている鏡でだけ他の人等を見ようとするという話ですね。 自分が体験しただけ、自分が知っているだけに、他の人心中が見透かされるんですか?"と話した過去を思い出させて、"。 はい"と話した。

ウジェは"その人にもどうにもならない事情ということがありましょうか?"と尋ねた。 その人がソヨンと分からないサムジェは"そうですね。 副社長様がそのように信じた人ならばそうではないでしょうか?"として真心に充ちた助言をした。

これに対しウジェは"それでは本当に容認出来ないことでも自ら正す機会を与えるのが合いましょうか?"と話した。

サムジェは"。 許してあげたい人だね。 いや切り出しても何もない人のようならばこのように悩まれますか? 気にかかれば暴飲もしてされるということだろう。 そうだな。 そのような人のようならば一度はさらに機会を与えてみても本人も心残りがないことのようです"と忠告した。

ウジェが"そうしましょうか?"といって問い直すとすぐにサムジェは"正す機会がないならばまた、分からないがちょっと前にあるといわれたのではないですか"と答えた。



翌日ウジェはソヨンの弟イ・サンウ(パク・ヘジン)結婚式招待状を見ながら、サムジェの話をもう一度思い出させた。

引き続きウジェは日程を変えて自身のお父さんカンギボン(チェ・ジョンウ)と共に海外出張に行くことにした。

これによってキボムは高等学校同窓であるチェ・ミンソク(ホン・ヨソプ)娘チェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)結婚式に行くことができなかったし、代わりにキボムの妻が行くことに決定された。

ウジェはキボムと共に出張の途に上がってソヨンに電話をかけて"私がうっかりしたが、今ミンソクがおじさん君の結婚式ちょっと行って。 私とお父さん行けないから君でも1人さらに行って。 誠意を見せなければならない方だ。 新婦の名前チェ・ホジョン"と話した。

サンウの結婚式と全く分からなかったソヨンは祝儀金を持って結婚式場に行った。

サムジェと祝いの客を迎えたサンウは、ソヨンを先に見てびっくりした。 サンウはソヨンに電話をかけて"すばやく後ろを向いて。 ここは僕の結婚式だ"と話した。

ソヨンは周辺をきょろきょろ見回してサムジェとサンウの姿を発見してあわてて式場を離れた。 涙を浮かべてやっと運転したソヨンは、再び式場を探して記念撮影する家族姿をこっそりと眺めた。

とても家族写真を共に撮ることができなくて、ただ静まって見守らなければならないソヨンの姿が劇のエンディングを飾って遺憾をかもし出した。


ウジェがソヨンが結婚式場に行くようにしたのが自ら打ち明ける機会を与えるためのものなのか、でなければ許す心なしで傷つくようにしようと高段者の策略を使ったことかは次の会で明らかになる展望だ。

ウジェの風のようにソヨンが自ら正す機会を用意するのか、でなければそのような機会なしで葛藤が破局に突き進むことになるのかこれらの歩みに成り行きが注目されている。

劇中人物のつらい心に視聴者たちの胸もじいんとした。 'いとしのソヨン' 30回放送分は35.6%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)で自らの最高視聴率を記録した。
スポンサーサイト
[2012/12/27 00:38 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<おまえが生まれた日 | ホーム | いとしのソヨン29話あらすじ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2157-b9c822d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。