いとしのソヨン34話あらすじ
ウジェの信頼を取り戻しつつあるソヨン
しかし、ソヌがソヨンの秘密に近づいてきた・・・・


元記事


翻訳は↓


'いとしのソヨン'出生の秘密知るようになったイジョンシン、青天の霹靂のような話に'彷徨'


悲しい台詞…イジョンシン"いっそママパパ息子ではなくて養子だったら良かったであろうに"

出生の秘密を知るようになったイジョンシンの彷徨が視聴者の涙腺を濡らした。

6日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 34回放送分ではソンジェ(イジョンシン)が出生の秘密を知るようになって衝撃を受けてさまよう姿が描かれた。

ソンジェは今までカンキボン(チェ・ジョンウ)とジソン(キム・ヘオク)の間の末っ子息子と知って生きてきた。 ところで偶然にジソンとユン・ソミ(チョ・ウンスク)対話を聞くことになりながら、自身がお父さんキボムと不倫を犯したソミの間で生まれた子供であることを知るようになった。

これに対し衝撃を受けたソンジェは直ちに家出を敢行した。 ソミと腹違いであった兄ウジェ(イ・サンユン)の電話を受けないまま涙を流して、あてもなく飛び交った。 ソミから"みな説明するから。 話ほどほどにして、ソンジェ"という文字が誤字仰天をした。



ジソンと別れたソミはあるカフェでキボムに会った。 キボムは"ユン理事は何する人間なの? 人後頭部打つのも足りなかったのか? 何どうする? ソンジェを連れていく?"といいながら怒った。 これに対しソミは"申し訳ありません"と話した。

事実キボムはその間ソンジェが拾い子(家の前に捨てられた子供)と知って育てたところで、ソミとの間でできた子供と分からなかった。

キボムは"初めから子供ができたら私に先に話をするべきで。 ソンジェママに見つけられたらその時でも私に話をするか。 自分の息子と知らずに育てさせるとは。 どういうことなの?"といいながら問い詰めた。

するとソミは"社長が何とおっしゃるのか分かるからです。 ソンジェ産めないようにされたことで、今は静かに離れろとおっしゃることじゃないの。 私はその時も社長がどんな方と知っていましたよ。 社長は絶対家庭に年成ること表わしてする方ではないですね"と話して涙を流した。

キボムは"それを分かりながら勝手にソンジェ産んで押し込む? 私の子供を。 私の子供とも知らずに育てるようにさせて"として怒った。

ソミが"その時はそれが本当にソンジェのためであるところだと考えました。 私が行けなくなり生まれた両親福. ソンジェには与えたかったです"と話すとすぐにキボムは"そうしたら静かに離れなくちゃ"としてなげいた。

ソミは"あのソンジェママに戻りたいです。 見つけられなかったら辛抱して生きたが、明らかになった以上このままでは住めません。 今重要なのは奥様でしょう。 ソンジェが社長と私の子供であることをご存知だったが、どのようにソンジェを以前のように対されますか? ソンジェがその家で気楽に暮らせますか?"として哀願した。

だが、キボムは"許諾もなしではい勝手に犯したこと持って思いのままにするつもりするな"としてきっぱりと断った。

ソミが"ソンジェのためにもこれがそのとおりですよ。 今はソンジェの心解くのが先にです。 たくさん驚いたでしょう"と話すとすぐにキボムは"もう遠慮なくソンジェママ ティー出しているのか?"として不適当だった。


家に戻ったキボムはジソンに離婚書類を受けた。 キボムは"あなた意なの? 慰謝料、あなた受けたい慰謝料策定して話して。 それでは印鑑を押すから。 ユン理事ひとまず生半可なことしたことこらしめた"と話した。

苦しい心にワインを飲んだジソンは"魂をなぜ出す? ヨイヤヨイヤや。 連れて入ってくるだろう。 印鑑を押してソンジェ連れて出て行って三人が一家族なって生きれば良いだろうね"と話した。

これに対しキボムは"休んで。 私書斎で細かく"と話した後席を離れた。


同じ時刻ソンジェと連絡が切れて苦しんだソミはメール一通を確認した。

ソンジェが43万ウォンをカード決済したお知らせ文字を見て、彼がいるクラブで足取りを移した。 そこでギター演奏をしたソンジェを見たし、ソンジェもソミと目が合った。

演奏を終えたソンジェはソミに"どのように分かりましたか? 私ここにあるのかどのように分かったのですか?"と話して怒った。

ソミは"社長指示で君のカード内訳私に来ているじゃない"と話した。

ソンジェは"社長指示? 私がなぜおばさんと話をする?"としていきりたった。 するとソミは涙を流して"私が君のママよ"と話した。

ソンジェは恨む目つきで"勝手にぺちゃぺちゃしゃべるな。 何のママなの? 好きなように産んで好きなように捨ててママかと? うちの母さんにそのような事しておいて。 生んでくれればママなの? 何の資格でママなの? 生んでくれろといったことないが、思いのままに産みさえすればママなの?"と話してソミの存在を否定した。

以後ソンジェはソミのそばを離れた。 酒場で友人で会って酒を飲まなかった。 車を運転して出てきて自害恐喝団(完全な体で車にあたるなどわざわざ傷害を負って保険金をはがしていく人)に会って困惑した。

"酒場で出てきたが、酒を飲まなかったか? 君飲酒要人事故どうなるものと思う?"と易姓を高めた自害恐喝団はついにソンジェの喉首を捉えて脅迫した。

ソンジェが"どうなるのか警察署行ってみれば良いこと違うの?"と話すとすぐに恐喝団は"頭に血も乾かなかったのがとても突き進むよ。 オイこいつ。 君のママがそのように教えたか?"と話した。

腹が立ったソンジェが"何?"というとすぐに恐喝団は"どこでお金だけ信じてふざけろと教えたかと? 君の母が"と話した。

これに対しいきりたったソンジェは恐喝団を暴行して結局警察署に行くことになって、留置場に閉じ込められる身分になった。

ソンジェは夕方初めての酒を浮かび上がろうとしていた兄嫁イ・ソヨン(イ・ボヨン)のさじを下ろすようにさせた。 ソンジェの連絡に驚いたソヨンは急に出て行ってウジェに"ちょっと出て行ってきますね。 行ってきて話しますね"と話した。
警察お互い間ソヨンは合意をして上げられないと脅す自害恐喝団の鼻を平たくさせた。

恐喝団が先に倒れながら車に倒れたという点、車にはねられた人がどれくらいケガしたのか確認しないでソンジェの喉首から先に捉えた点などを根拠に当てて論理的に反論した。

引き続き警察官にこの頃高級車対象に交通事故偽装事件が多いとし事故現場のCCTVを確認してほしいとお願いした。

また、同種前科があるのか身元照会まで話して自害恐喝団をドキッとするようにさせた。


警察署ことをよく解決したソヨンは、ウジェに連絡を取った。 だからウジェは警察署に駆け付けて、ソヨンとソンジェに会うことになった。

ソヨンはソンジェに"坊ちゃん、家に行きます"と話した。 だが、ソンジェは"や家に分かるのですか"として拒否した。

ソヨンが"坊ちゃん. このことは坊ちゃん誤りでないのさ。 お父様失敗だった。 それもとても遠い昔失敗"と話すとすぐにソンジェは"私は。 私が誰なのか分からないです"として紛らわしい心境を表わした。

ソヨンは"坊ちゃんはそのままカンソンジェです. お父様お母様息子カンソンジェ"と話した。 ソンジェが"ママ電話一通もないです"と話すとすぐにソヨンは"当然だろう。 普段にはママ心よく理解しながら今は理解できない? お母様傷受けてしばらくそうされるの"と慰めた。

これに対しソンジェは"そうするからです。 私がママにそのように傷つける存在じゃないの。 兄にも姉にも。 私は兄姉ママの心を痛くした人です。 いっそママパパ息子ではなくて養子だったら良かったであろうに。 突然両親兄弟がみななくなった気持ちです"とトロナ心をジーンとさせた。

ソヨンは"人は誰でも傷つけて受けて。 私も誰かには損傷を与える存在だ。 人はそうしたの。 誰でも誰に傷つけて傷ついてそのように生きて。 坊ちゃんだけそんなもの違う"と話した。

これに対しソンジェが"ママの顔を見られません"と話して離れようとした。 ウジェは"ソンジェ。 オイお前. こっちにきて。 兄と話して"としてソンジェと対話をしようとした。

だが、ソンジェは"兄ごめんね。 兄嫁ごめんね"としながらあわてて離れた。 ウジェとソヨンは恐ろしい速度で走っていくソンジェをつかめなくてついにのがした。


ウジェはソヨンに"ソンジェは何日心沈むように置くのがより良いよ"と話した後夕方を食べられないソヨンと共にソルロンタンを飲んだ。

以後家に戻ったソヨンは寝ついたウジェにかけぶとんをかけて切ないということをかもし出した。 彼ら夫婦関係は回復する兆しを見せたが、ソンジェ問題は依然として解決されなかった。 ジソンは実家で一日休んできた家に戻った。


テーブルで協議離婚申込書とともにあるクレジットカードを見たジソンはデパートでそのカードで途方もなくショッピングをした。

ジソンは自分の車のトランクのショッピングバッグを抜こうとした。 ソンジェが電信柱後からそのようなジソンの姿をこっそりと見守っていた。 これを識別したジソンはソンジェに近付いた。


ソンジェが"ママ"と話すとすぐにジソンは"ここで君何をするの? ご飯は?"と話して心配した。 これに対しジソンは"そして見るから君の目つきが君のママ似ていた。 本当に多く似ていた"と話した。

するソンジェ裁は悲しんで何の話もなく席を抜け出した。 そのような姿をぼんやり見守ったジソンは心痛めた。 家に戻って買ってきた服を着てみたジソンは無意識的に買ってきたそんじぇの服を投げ飛ばした。


一方、ソヨンの裏調査に出たチャン・ソンウ(チャン・ヒジン)はソヨンの秘密を知るようになった。 自身が裏調査をさせた人に"イ・ソヨン、イ・サンウ二人生年月日が同じなんですって。 イ・ソヨン氏が大邱(テグ)オミン高等学校で有名な双子でしたね"と聞いたソヌは驚いた。

その話にソヌはソヨンの高等学校同窓であるイ・ヨニの怪しかった行動を思い出させてソヨンとサンウ(パク・ヘジン)の関係を確信した。

以後ソヌはサンウが勤める病院にわざわざ'イ・ソヨン'名前で健康食品を預けておいた。 これを何の遠慮なく訪ねて行くサンウの姿を後から見守るかと思えば、サンウの家をこっそりと訪ねて行ってこれら兄弟姉妹のお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)まで見た。

サンウの家の門の前に行って'イ・サンウ'と書いた表札まで確認したソヌの姿が劇のエンディングを飾って尋常でない気流を作った。 また、一度のきっ抗した神経戦を予告して視聴者たちの耳目を集中させた。

ソヨンとサンウの関係を知ったソンウが果たしてこれを暴露するのか、そんじぇが出生の秘密を踏んで暗たんたる運命のくびきを克服していく姿を見せるのか関心が集められている。

ますます緊張感がより増す'いとしのソヨン' 34回放送分は40.2%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して名実共に国民ドラマ隊列にのぼった。
スポンサーサイト
[2013/01/08 02:15 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いとしのソヨン35話 | ホーム | いとしのソヨン33話あらすじ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2164-7547d03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |