スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
パク・ヘジン“「ソヨン」と、実際の私の話”
記事もう一つ~

元記事



・“失われた3年間、演技が薬です”

KBS2週末劇<いとしのソヨン>(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期)人気が尋常でない。 昨年10月視聴率30%を越えた以後先週には40.2%(ニールセン コリア全国世帯基準)を記録して‘国民ドラマ’基準として呼ばれる40%も越えた。 まだ葛藤構造が本格化する前だと、昨年<棚ぼたのあなた>が失敗した50%突破をあらかじめ占うこれらもいる。

縁を切った娘、出生の秘密、夫婦葛藤など重い内容を扱いながらも<いとしのソヨン>が視聴率高空行進をするには雰囲気を中和するキャラクターの役割が大きかった。 世間知らず課長役を担ったホン・ヨソプと劇中暖かい性格のパク・ヘジンなどが彼らだ。

特にパク・ヘジン(32)は3年ぶりに帰ってきたテレビ劇場で存在感を誇示している。 彼が引き受けた役は総合病院内科レジデントで、物静かながらもきれいな性格のイ・サンウ役だ。 彼の双子姉イ・ソヨン(イ・ボヨン)は無能なお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)と縁を切って生きる。 イ・サンウは周辺の人々には気立てが優しく対するがお父さんを破った姉にだけは冷たい。 最近では一途な心で自身だけ片思いしたチェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)と結婚して新居の暮らしを設けた。


▲兵役論議後新しい所属会社探すことにだけ1年半取り戻したファン愛に寒いともモルラナン‘ソヨン’のような息子…演技しながらも痛いです

“ソヨンが悩みが多くて暗い性格ならばサンウは反対の面を持っています。 実に劇中の状況ならばひとりがソヨンの性格になれば、他の1人はサンウにならなければなりません。 “なぜ姉にそんなに冷たく対するか”という質問をたくさん受けるが、仕方ありません。 サンウがあくどくなければソヨンは心が揺れるでしょう。 ソヨンが幸せになるのを望む行動のようです。”

<いとしのソヨン>興行の原因でソヒョン卿作家のはやい話展開、俳優の冷たくなった演技などが挙げられる。 ところでパク・ヘジンは‘寒い天気’も挙げた。 連日零下10度大義寒さが週末に視聴者たちをTVの前に集まるようにするということだ。 寒さを唯一乗るパク・ヘジンは野外場面を撮る時はホットパック十数個で重武装するが、これも不如意だ。 だが“さらに寒くなれ、寒くなれ”とクセのように繰り返して言う。

“私が唯一冬に悪縁があります。 デビュー作<噂のチル姫>時も寒かったし、<エデンの東>とる時は車のドアーが凍って窓を破って出たりもしたが、今回が本当に一番寒いようです。 服地アレルギーがあって服をたくさん着込むこともできなくてさらに寒いです。 だが、少しでも視聴率が上がればうれしくて大変とも分からないです。”

彼は2006年KBS2週末劇<噂のチル姫>でイ・テランを片思いする年下の男で名前を知らせた。 2009年までは少しずつ認知度を上げた。 だが、2010年兵役免除論議で打撃を受けた。 うつ病治療を受けながら免除受けたが、疑惑がふくらんだ。 前所属会社と葛藤も彼を疲れさした。 兵役関連問題を解決して期待できる所属会社を探すのにずっと1年半がかかった。

難しい時彼に手を差し出したことは日本、中国などアジア ファンだった。 彼は<チェンドドの結婚の話> <また他のきらびやかな人生> <愛上獅子座>などの中国ドラマで中華圏ファンたちを大挙確保した。 そのように回って回って捉えた作品なので彼に<いとしのソヨン>は大きい意味がある。


“合法的な過程を経たがとにかく軍免除で大韓民国国民の義務を果たすことができなくて陳謝するだけです。 結局俳優も信頼を与えなければならない職業なのに、そうでないならば止めなければならないが悩みも多かったんですよ。 家族が力がたくさんなりました。 幸いソヒョン卿作家が呼んでくれたし、初めからしたかったサンウ役をすることができました。”

家族の大切さを再確認するようにするあらすじはパク・ヘジンにも大きい響きを与える。 実際の彼は劇中サンウよりはソヨンと似た状況に置かれている。 幼い時期両親が離婚したしまだお父さんとはぎこちないという。 そのような状況で劇中お父さん肩を持たなければならない状況がパク・ヘジンには心が痛い。 良い演技のためにでも彼は家族に献身することを念を押した。

“多くの方々が‘3年ぶりの演技なのになぜまた、週末劇か、他の役割をしてみるのでないか’。 ひとまずパク・ヘジンという俳優がまだいるということをお知らせしたかったです。 そうするならば見慣れない姿よりは考えたそのままの姿で私の席を探すことが重要だと考えました。”

彼はサンウと性格が似ていたんだ。 周辺の鋭い話に心をケガして、そのように積もった傷のために簡単に他の人に内心を示すことができない時もある。 そのような彼に<いとしのソヨン>出演は多くのヒーリングになった。 過ぎ去って会う視聴者たちの気立てが優しい反応により一層力を得る。 次にはからだを使うアクション、刑事物などでもふてぶてしい浮気者等で演技幅を広げてみるつもりだ。

“私がする作品がみな長かったです。 <噂のチル姫>が80回、<空ぐらい地ぐらい>も160部作に近かったんですよ。 KBS2週末劇が安定した視聴率を持っているというが、そうとばかり考えはしないです。 かえって失うことが多いこともあります。 悩みは多かったがサンウを演じたことは本当にうまくいったと考えます。”

he31_20130117212532.jpg


スポンサーサイト
[2013/01/17 21:26 ] | パク・ヘジン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ヘジンくんの記事、まだまだ~♪ | ホーム | パク・ヘジン作品8編で6回結婚珍記録、国民夫登板>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2169-f152c47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。