いとしのソヨン38話
この回もうるうる~~~

そして、今週土曜日からは
KBSworldで、日本初放送!


うれしいですね~!

動画リンクです

38話前半

38話後半

レビュー記事ご紹介

元記事

翻訳は↓


'いとしのソヨン'チョン・ホジンの切なる父情が視聴者たちの目がしらを熱くさせた。

20日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 38回放送分では過去に交通事故当てられるところである夫ウジェ(イ・サンユン)を助けたユ・マンホが事実は自身のお父さん(イ・サムジェ役・チョン・ホジン)だったとのことを知るようになったイ・ソヨン(イ・ボヨン)の姿が描かれた。


ウジェはソヨンが自身の胸の内をついに打ち明けないのでお父さんの話を取り出した。

ウジェは"ユ・マンホ氏と思っていたその方が君の父だ。それで知るようになった。 それでさらに話せなかった。 お前を分かるから。 君の父と編集されてしまったが、このように見つけられてしまえば君が耐えられないことを分かるから。 このようにはねられていくことを分かるから"と話した。

引き続き"ところで君は話をしなかった。 死ぬ時までしたくなかった。 私の3年の誠実がその間そのように信頼を与えられなかったことなのか? 及ぼすように苦しくて及ぼすように君に腹が立った。 それで出られないようにふるまった"と打ち明けた。


ソヨンはしばらくお手洗いに行くと話した。 ウジェの前では熱心に平気なようにしたが、後から大泣きした。 自身に被害を与えるむいてみてその間正体を隠してきたという事実に驚いて、罪悪感と心の中深い懐かしさに涙を流した。

苦しんだソヨンはすぐ冷静を探してウジェをまた会った。 "話終わったでしょう? それでは話終えます。 心の余裕がなくて話できなかった私の立場伝えたから書類整理先にします。 ウジェ氏ご両親に謝罪は私が処理するから。 乱雑な話すべてしました"と話した。

ウジェはお父さんの話にも、何の理由で嘘をついたのか明らかにしないのであきれるといった。 ウジェは"君の父の話聞いてもすべてしたか?"としてあきれるという反応を見せた。

ソヨンは何ともないように淡々とした態度で一貫した。 ソヨンは"私たちはその間私の姿覗いて見たウジェ氏と苦しめられながらお互いの心をみな読んだ。 それが私であり、私に見えるウジェ氏? 飽きて嫌いになった"と話した。

ウジェが"私が君の父の話何故したのか考えない?"と尋ねるとすぐにソヨンは"離婚書類持ってこないことならば連絡しないでよ"と答えてウジェを押し出した。

これに対しウジェが"イ・ソヨン"といいながら手首を捉えた。 するとソヨンは"カン・ウジェ氏. そのように強く捉えれば無条件捕えられるという考え. もう捨てて。 もう私は3年前のイ・ソヨンとは違いますよ"として冷たく話した。

ウジェが"君本当に最後まで私侮辱する?"としてソヨンを捉えた手を離さなかったけれど、ソヨンの語調は断固としていた。 "手を離します。 両親に結婚通知して、両親兄弟捨てて、3年間探さないで生きたのが私. そうでしょう? まさかそのような女と再び上手くしようというの?"と話した後手を取り払って離れた。

ウジェと別れた後ソヨンは過去を回想した。 "何をしに留学は行く?","それではまもなく行かなければならないのか?","よく支度して食べて、休み休みからだ傷つかないように勉強して"等サムジェの話を一つ二つ思い出させながらしくしく泣いた。

また"捨てられたお父さんは自分の存在見つけられるかと思ってぶるぶるするが、私がどのようにむやみに君を理解するかと?"というウジェの話を考えて"お父さんがどうして?"として涙を流した。

携帯電話取り出してサンウに連絡しようとしたがあきらめた。 "お父さんは君. 米国で帰ってこないと思っている"というサンウの話を思い出してただ涙だけぽたぽた流した。

だからソヨンがサムジェに連絡することが皆無である状況. だが、サムジェは意外に自身の嫁であるチェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)を通じてソヨンの消息を聞くことになった。


サムジェは偶然にホジョンの実家ママ キム・カンスン(ソン・オクスク)との通話を盗み聴くことになった。

"ジソン息子ウジェ ワイフ家出したって"から始まったカン・スンの話に"ウジェ兄さんワイフが家を出て行くとはそれが何の話なの?","二人ものすごく仲が良くて結ぶ?","ところでどのように戦ったと家を出て行く? 舅姑様みなおられたが"等ホジョンの話を聞くことになったこと。

だが、その時までだけでもまさか自身が知っている'ウジェ'と分からなかった。 サムジェは"よりによって名前がなぜウジェなの?"として独り言をつぶやいた。

そうするうちに"どのようにウィーナス嫁が家を出て行く? おばさんがさらに話さないことを見れば並大抵のことではない"というホジョンの話を聞いてなぜか分からない不吉な予感を感じた。

サムジェはホジョンに尋ねて家を出て行ったウィーナス嫁が自身の娘ソ・ヨンであることを正確に分かった。 これに対し驚いたサムジェは"家を出て行くとは、家を出て行くとは、ソヨンが家を出て行くとは。 これどうしたことか?"という独り言を言って、ソワソワすることができなかった。



ひとまずサムジェはサンウに電話から歩いた。 このような事実を当然分からなかったサンウには通常の日と違うところがなかった。 サンウが"お父様. どうしたことですか?"と尋ねるとすぐサムジェは"オ. 格別なことはないかして"と答えた。

サムジェは"病院で格別ことあることが何があります"として穏やかな微笑を浮かべるとみられた。 サムジェが"君ひょっとしてソヨンが連絡のようなこと受けたことあるのか?"と尋ねるとすぐにサンウは"いいえ。 突然それはなぜですか?"と話した。

サムジェは"いや。 昨日の夢席がちょっと落ち着かなくて"としてソヨンの家出事実を明らかにしなかった。 サンウは"先週に通話した時までは格別なことはないといいました。 元気だといいます。 あのすぐ入りますね"と話して、平常時と同様に話した。

しかし続けて衝撃的な事実に接することになった。 一時恋人だったが、今はソヨンの小姑ミギョン(パク・チョンア). ミギョンが最後まで義理を守って自分の家でソヨンの嘘を分かったし、ウジェと離婚することとしながら家出した便りを伝えたのだ。

直ちにサンウは誰我を忘れてソヨンに連絡したが、電源が切れた状態であった。 大変な心を抱いて家にやっときたが、サンウを迎えたのはホジョンだけだった。 お父さんに対して尋ねるとすぐにホジョンは突然連絡きて友人に会いにでかけたと答えた。

サンウは双子姉ソヨンに"ソヨン. この文字譜面どうか連絡与えて。 どんな事でも、君には出ていて。 一人で苦しがらずに連絡して。 オ?"という文字を送っておいて、いらだっている心であった。

ホジョンはサムジェの衣装だんすで偶然に箱を一つ発見することになった。 その中にはウジェが出てきた新聞記事スクラップ資料が含まれていた。 これをいぶかしいと考えたホジョンはサンウに持って行って尋ねた。

ホジョンは"兄さんひょっとしてウィーナスと分かる間ですか? いやさっきお父様が出て行かれる前にずっとウィーナス家尋ねられましたよ。 兄さんはこの人誰なのか分からないでしょう? ウィーナス副社長ウジェ兄さん"と話した。

その時初めてサンウは、ソヨンの便りに関心がないふりをした理由、熱い父性愛を悟ることになった。 苛酷な寒さも娘を考えるお父さんの心を防げなかった。

同じ時刻サムジェは夜中ウジェの家の前電信柱でソヨンを待った。 ギボム(チェ・ジョンウ)とウジェの姿だけ見ただけ、ソヨンにはついに会えなかった。

虚しい心を抱いて家に入ってきたサムジェはまさにサンウに会った。 お父さんと姉考えにとうてい寝つくことができなかったサンウが家の前広場に出てきたこと。

サムジェは"サンウ。 この時間に寝なくてなぜ出ている?"として心配した。 サンウは"お父さん知っていましたか? 姉結婚したこと知っていましたか? どのように分かりましたか? どのように分かったかと?"として問い質した。

これに対しサムジェは"君がそれをどのように?"として慌てた。 サンウは"どのように分かったのですか?"と尋ねるとすぐにサムジェは"登山行って分かった。 その町内平倉洞(ピョンチャンドン)に登山行って見た"と適当に言い逃れた。 とてもソヨンの結婚式の姿を見たとは打ち明けることができなかった。

サンウが"いつですか? いつからです? それがいつなのに、いったいなぜ分かりながら話しませんでしたか?"として声を高めた。

引き続き"隠すことが別々にあるだろう。 なぜそれを隠したのですか? こうしていながら(ウジェが出てきた記事スクラップ資料)こうしていながらお父さん. お父さんのために何かあったのか分かりますか? 私がどんな心情で生きたのか分かりますか? あらかじめ話でもほどほどにするだろう"としてさびしい心を吐露した。

だが、サムジェはその話にも"ソヨンが連絡きたか? 君に連絡きたか?"としてソヨンを心配する心を表わして遺憾をかもし出した。

サンウが"ソヨンが捜しまわられたのですか?"と尋ねるとすぐにサムジェはそのまま倒れた。 以後安静をとったサムジェは気勢を少し整えるやいなやソヨンの便りをまた尋ねた。

"ソヨンが連絡ないのか?"というサムジェの話にサンウは"まだです"と答えた。 サンウは"なぜ話しませんでしたか? お父さん"としてソヨンの結婚を知りながらも分からないふりをしていた理由に対して尋ねた。

サムジェに帰ってきた返事は"ソヨンは私が分かったとするとソヨンはその瞬間生きても生きるのではないしまた、君は中間でどうするの?"であった。 彼の格別の父性愛と思慮深さがそのまま入れられた話だった。

サンウは"いくらそれでも3年超えて分からないように関心がないふりどのようにそうですか?"と話した。サムジェは"何を根拠に知った振りをする? 何を根拠にこらしめる? 私でも私のようなお父さん捨てたかったであろうに…"として胸が痛い話をした。

引き続きサムジェは"君はソヨンの夫よく分かるだろう? 君のようならばそのように良い人を私のような父のためにのがしたかったか。 捨てたい前に捨てたくない父で生き延びることが出来なかった私のせいであって。 君の妹のせい違う"として全てのものをみな自身のせいにした。

サンウが"お父さん"というとすぐにサムジェは"申し訳ない。 サンウ"と話して互いに抱きしめて泣いた。 このように金持ちは胸中悔恨を解いた。

だが、ソヨンは、ウジェとお互いに対する誤解を解くことができなかった。 ソヨンは"偽りで始めてごめんなさい"として謝罪の心だけ伝えるだけ、そのいかなる弁解もしなかった。

ウジェは"本当に君の心をいって。 一回ぐらいは君の自尊心みな下ろして君の心を説明するという話だ。 なぜそうしたのか、どんなことがあるからだったのか。 なぜ3年超えて言えなかったのか。 どんな心情なので言えなかったのか"として胸の内をさらけ出せと話した。

だが、ソヨンの返事は断固としていた。 ソヨンは"ウジェ氏を愛して嘘をつこうが、欲が出て嘘をつこうがそれは重要ではなくて。 私は嘘をついたし、両親兄弟を隠して結婚したし、そのおかげで3年を私自身をだましながら生きた。 大変だったし後悔したし、再びその生活に戻りたくなくて"と話した。

ウジェは"再び生きて、やめるとすぐにそのような話違う。 君に私は何であったか"として怒った。 ソヨンは"なぜ度々同じ話を繰り返しますか? 100回尋ねても私の返事は同じ"と話した。


ウジェは"なぜそのように君を下ろすことができない? その自尊心が何だって? 私は君を覆って佳麗とまで考えた"として内心を打ち明けた。 ソヨンは"誰思いのままに覆って。 あなた一人で考えて見てあげる? 私が卑劣でそれが嫌いで別れようといったこと違うの?"として声を高めた。

ウジェが"ソヌにみな打ち明けて別れるといって結ぶ? こうしようとした? みな打ち明けるというのがこんなものだったの?"としてソヨンの刃が鋭くなった態度に怒った。

ソヨンは"ウジェ氏どうか。 私に対して皆知ると考えるな。 私はこのような人だ。 このような人だったよ。 ウジェ氏は私がどのような話をしても理解できなくて"として実直な態度を見せた。

ウジェが"それでも年. 私にお前を理解させるという話は"としてソヨンは"私はウジェ氏を理解させたくなくて"としてついに拒否した。

ウジェは"それでもうどうするの? 君が捨てたお父さんに戻るの?"と話した。 ソヨンは"何も分からないながらむやみに話すな。 お父さん話をするな。 あなたと私がすることはもう整理すること以外なくて"として確固たる離婚意志を伝えた。

ウジェは誤解を解いて、真心を確認できなかった。 かえって感情の谷が深くなるだけさらに深くなったし、ずっと平行線を走ることになった。 二人がついに離婚する痛みを体験することになるのか遺憾を増す中で、この日放送分エンディングが視聴者たちを心を鳴った。


ソヨンは止めたローファームで事務処理を終えた後出るところだった。 ソヨンに対する心配で足をばたばたさせたサムジェはそのローファームまで行った。 遠い足元で歩いてくるサムジェとソヨンの目が合ってこの日放送が終わった。 涙なしでは見られない場面だった。

3年ぶりに再会した二人が果たしてお互いにどんな話しかけるのか視聴者たちの関心が集まっている。 '最も'という名前の後でさえぎられたお父さんの本当に姿を如実に見せているドラマ'いとしのソヨン' 38回放送分は42.2%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して国民ドラマの位置づけを確かにした。
スポンサーサイト
[2013/01/23 16:54 ] | いとしのソヨン | コメント(2) | トラックバック(0)
<<今日から「7級公務員」! | ホーム | いとしのソヨン37話>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/01/24 08:53] | | # [ 編集 ]
字幕、うれしいですねe-68
[2013/01/24 20:03] | URL | えみま #joykwWQw [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2173-f7b145e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |