スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いとしのソヨン39話
チョン・ノミンさんが、手品師の役で特別出演


まずは動画のご紹介~

39話前半

39話後半


レビュー記事のご紹介~

元記事

翻訳は↓
'イ・サムジェ-イ・ソヨン出会い自体が痛み…将来は'霧の中'


心の傷は簡単に消される傷ではない。 治らなかった傷はまた他の傷だけ残した。 3年ぶりになされた父子対面は痛みそれ自体であった。

26日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 39回放送分ではイ・ソヨン(イ・ボヨン)が3年ぶりにお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)に会う姿が描かれた。


先んじた放送分でソヨンの会社今後訪ねてきたサムジェの姿が描かれた。 劇的な和解と容赦がなされるのではないのかもしたが、そうするには過ぎた歳月の中で多くの誤解と葛藤が絡まって混ざったようだ。

取り返しがつかないならば戻らなかった状態で生きていくだけだ。 ソヨンは単独で前に進むためにさらに過激にならなければならなかった。 サムジェを根気強く押し出してついに真心を見せなかった。

ひとまず突然サムジェの訪問はソヨンにうれしいことよりは驚きだった。 ソヨンが"ここをどのようにご存知で…"と話すとすぐにサムジェは"君ちょっと会おうと…"として難しく話し始めた。

これに対しソヨンは"私をなぜ探されますか?"として涙をクルソンした。 サムジェは"どこへ行って話ほどほどにしよう。"とかろうじて口を開いた。

そのようにして二人はあるカフェで対話をすることになった。 ソヨンは"なぜ誤信かけますが?"として無愛想に言い出した。

サムジェは"どこからどのように話を始めるかも知れないが、私はこういう話をする資格もない父だが自尊心より重要なのが人だ。 夫に行って祈って。 私が必要ならば君たちの義理の父母たちに行ってひざまずいて私が懇願してみますよ"として内心を打ち明けた。


ソヨンは"ご存知でしたか? どのように"としながら自身の状況に対して知っていることに対して驚きを隠すことができなかった。

サムジェは"そんなことが何がそんなに重要だ? 彼よりも君に今広がったこの状況を収拾するのが重要だったんだろう。 行って間違ったと許してほしいと祈って"と話した。

ソヨンは"その話しに来られましたか? 空くつもりですか? 許してほしいと空くつもりですか?"としてすっきりしない反応を見せた。 サムジェは"死ぬよう祈ってみなくちゃ。 その良い夫を今このままのがしてはいけない"として差し迫っていた語調で話した。

だが、ソヨンは断固としていた。 ソヨンは"お父さんは私が人と見た見えますか? あのお父さんの中で結婚した娘ですか? お父さんに留学行くと嘘をついて、お父さん捨てて結婚した娘なんですよ。 そのような私にお父さんがどのようにしなければならないんですが? 君は私を捨てても私は君を愛する。 知らせたくて来られましたか? 私にどうしろとこんなにまでしますか?"として目がしらを赤らめた。

サムジェは"今そうしたこと一つも重要ではなくて。 今君に起きたことを収拾するのが先にオイ"として心配に話した。


ソヨンは"お父さん、あの結婚したことどのように分かりましたか?"として問い質した。

サムジェは"オ. それは…ある日曜日日その町内経て登山しながら北漢山(プッカンサン)時々なのでその家でお前らが出てきたよ。 それで分かった"としてとてもソヨンが結婚する姿を見たと打ち明けることができなかった。

これに対しソヨンは"ところでなぜ私に話しませんでしたか? なぜサンウにもしませんでしたか?"と話した。

サムジェが"それは…"としながら話をつなげないとソヨンは"愛するからだったといわれるでしょう? 私をあまりにも愛して良く過ごすが見回してみてそうしていたがある日曜日に交通事故当てられるところであるウジェ氏も助けてそうしたでしょう"と話した。

引き続きソヨンは"それでは私はウジェ氏を助けてありがとうございます。 そうすべきだが、すでに別れるからであるはずもなくさせられました"と付け加えた。

するとサムジェは"すでに別れるとは…君がそうするかと思って持ち出してきたよ。"と話した。


ソヨンは"私がそのように心配になられたら見つけられてもお父さんのためには見つけられるようにしてくださらなくなければならないですね"と話した。 これに対し驚いたサムジェは"それが。 私. 私のためとは…"として話を正しくすることができなかった。

ソヨンは"ご存知なかったですか? ウジェ氏. お父さんのために分かりました。 ウジェ氏会社に就職しながらこのようになることという考えはできませんでしたか? いっそ私に話をしなさい、どのようにウジェ氏会社に通う考えますか?"として涙を浮かべた。

サムジェは"その時は本当にどうすることはできなくて…"として言葉に詰まった。 ソヨンは"一生私にもそうされるとまだそうされますね。 上手くしたかったがどうすることはできなかった。 なぜお父さんは常にお父さんの立場で愛しますか? 私が望む愛は与えないながらなぜお父さんしたいだけでしながら愛といいますか?"として涙を流した。

サムジェは"申し訳ない"と話して苦しんだ。 ソヨンは"だましたこと知って結婚されたらそのまま分からないようにしてお買いになったのか、私のお下げでも捉えられたのか、なぜ私の周辺をぐるぐる回りますか? お父さん背を向けて離れた娘が何がそんなに気になりますので?"として声を高めた。

サムジェは"私のためならば私がカンさん会えて…"と話して申し訳なくてどうするとは思わなかった。 ソヨンは"お父さん、いつもお父さんの行動が子供たち大切にするというその錯覚、今はもうそれまでどうかほどほどにして下さい。 今は二度と訪ねてこないで下さい。 あのここに通いません"と話して席を離れた。

サムジェは飛び出して"ソヨン. ソヨン"と呼んだ。 引き続き"どこで過ごすのか? 家に行こう。"と話した。

ソヨンは"家です? どんな家です? 私に戻る家がありますか? どうか要請なのに、これ以上私の人生に関与しないで下さい。 私はすでに3年前に離れる時お父さん娘ではありませんでした。 私がお父さん娘だと考えたら、そのようなあくどいことをしましたか?"とわざわざ毒舌を吐きだした後離れた。

ソヨンは行ってそのように別れたサムジェはバス停留所でバスを待った。 車を引っ張っていったソヨンは涙をのんで速度を高めてさっと過ぎ去った。 その後Uターンしてバス停留所に戻ったが、サムジェは離れてなかった。

その見解サムジェはバスに乗って、あてもなく行っていた。 ソヨンは車をしばらく立てておいたまま、涙を流した。 時間はこのように違うように行っていたし、一度崩れた心は手のほどこしようもなかった。

サムジェは一人で酒を飲んで悲しみをくれといった。 だから行方が不明になったし、イ・サンウ(パク・ヘジン)は酔っ払ったサムジェを探した。 サムジェは"ソヨン。 そのようにしたのは私のせいだ。 私がそのようにした"と自ら叱責した。

状況を知らなかったサンウは"それがどういうお話でしょうか?"としていぶかしいといった。 自身がユ・マンホという仮名を使ってウジェ(イ・サンユン)の会社に入った一部始終を打ち明けたサムジェは"私が誰なのか分からない表情だったが"として苦しんだ。


サンウは"お父さん. 本当に正しい考えですか? どのように婿会社就職まですることができますか? 偶然にソヨンが見たし、見たくてそれで、それもそうしてはいけないがこっそりと行ってみたことまでは理解できます。 ところでどのように就職までするのですか? 婿に副社長様. 副社長様. お父さん考えがあったのですか? なぜそのように軽率でしたか?"と怒った。

サムジェは"そうなの。 私がそのような奴だ。 なぜ? 私がそのような人間だ。 なぜ? 能力もないながら考えもなくて足りない奴だ。 私が. 私が. なぜ。 自尊心強い奴が哀れでどうして"と話して絶叫して、ついに倒れた。

そのようなサムジェを背負ってサンウは家に入ってきた。 心配する妻チェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)に後ほど言うと話した後、サムジェのそばを守った。

一方、一人立ちを決心したソヨンはサンウが仕事をする病院に訪ねて行った。 ソヨンは"もう人々表情見なくてもかまわなくて"と話して明るい微笑を浮かべた。 引き続き"結局このようになった"として難しく言い出すと"このようになってごめんね"と話した。

サンウが"お父さんに話聞いた。 全く表情けられなかった"と話すとすぐにソヨンは"お父さんの話はするのをやめよう"と答えた。 以後二人はカフェへ席を移した。



サンウが"どうせこのようになったら君の事情の話でもしてみたらどうだったの? 君がなぜそうしたのか君お父さん話をすることもできなかっただろう?"と話した。

ソヨンは"頼みたくなかった。 私たちはすでに終えたよ。 出たウジェ氏と生きる3年ずっと緊張して生きた。 怖くなって申し訳なくて不安で。 ある瞬間も気楽なことがなかった。 私の罪があるから堂々としていることはできなかった。 そのように不安に生きながらもウジェ氏を信じた。 ウジェ氏が知るようになってもそのような形で日対するとは思わなかったんだよ"としながら自身の内心を打ち明けた。

これに対しサンウは"人は背信の前では誰も皆自身が先にオイ"と話した。


ソヨンは"なのでそうだったよ。 それで私再び新しく始めてみるのだ。 イ・ソヨンで一度暮らしてみたくて。 私は。 ある瞬間も日ために暮らしてみたことがなくて。 私はうちのお父さん娘に生まれてその後収拾するのに生きて死ぬ程大変で逃げたい時ウジェ氏に会った。 ところでそこでも失敗したではないか"と話した。

引き続き"もちろん私の誤った選択のためであることはあっていましたが、誰を信じて頼るのは愚かなことだったよ。 私には。 いや、誰を信じて頼るというのが初めから誤ったことだった。 それ分かったから今は私の能力で私が分かって生きるのだ。 お父さんも、男も、その誰にも寄り添わないのだ"としてかたい意志を表わした。

サンウが"カン・ウジェ氏愛するじゃない"と話すとすぐにソヨンは"たとえウジェ氏が許して、舅姑様が見るとしても私が犯した誤りはなくならなくて。 このように腐ったはらわたまで見つけられて出てくるさらにそのように生きるのだ。 ウジェ氏顔色を見て、ご両親顔色を見ながら今は私これ以上そのように生きたくなくて。 ウジェ氏に申し訳なくてご両親に申し訳なくてなんとも言えないほど申し訳なくて、また申し訳ないが。 そのまま私で生きたくて"と打ち明けた。

サンウは"本当に後悔しないかい?"と話して心配した。 ソヨンは"や今日引っ越しもした。 引っ越し終わって君会いにきたよ"として熱心に笑いを見せて、自身の心配をするなと頼んだ。


同じ時刻協議離婚意志確認申込書を見たウジェは深い考えに陥った。 "あなたともう私がすることは整理すること以外ないです。 離婚書類持ってこないことならば連絡しないでよ"といったソヨンの話を思い出させて、申込書に署名を終えた。

アタッシェケースを持ってどこかに向かったウジェは自身を待っていたサムジェに会った。 サムジェは"申し上げる言葉があってきました。 焼酎一杯飲みましょう?"と話しかけた。

このようにして二人はその日夕方屋台で焼酎を飲んだ。 サムジェは"副社長様"と呼ぶとすぐに今は全てのものを分かったようにウジェは"お言葉低くして下さい"と丁寧に話した。

サムジェが"私がなぜですか?"としながらウジェは"それは…あらかじめ挨拶差し上げられないで申し訳ありません"と話した。

サムジェが"副社長様は死にたいと考えてみたことがありますか?"と尋ねるとすぐにウジェは"ありません"と答えた。

これに対し"それでは誰に生かしてくれと言ってみたことはありますか?"と話すサムジェの姿がこの日放送の末を飾った。


果たしてサムジェがウジェにどのような話をさらけ出すのか、離婚しようとしていたウジェの心が背を向けるのかなどに対して視聴者たちの耳目が集中している。

たとえウジェが心を変えるとしても離婚を望むウジェの両親にこれがまた他の不孝でありうる。 また、当事者であるソヨンが頑固な立場だと以前の良い関係で回復しにくい状況.

難関を克服して、容赦と和解で真の家族と愛の意味が何か見せるように願うのが大多数視聴者たちの心. このような期待にどんな方法で応じるのか関心が集められるドラマ'いとしのソヨン' 39回放送分は39.8%(AGBニールセンメディアリサーチ、一日基準)の視聴率を記録して週末劇1位を占めた。
スポンサーサイト
[2013/01/29 22:25 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いとしのソヨン40話 | ホーム | 今日はトライセラのライブ行きます!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2176-f0f133e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。