スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
7級公務員3話
7級公務員も、視聴率好調ですね
チュウォンくん、かっこいいし
おもしろいドラマです

もしかして1、2話も、後日upするかもしれませんが
とりあえず、3話から、
レビュー記事ご紹介します


元記事


翻訳は↓


チュ・ウォンがチェ・ガンヒのためにすべてを賭けた。

30日放送されたMBC水木ドラマ‘7級公務員’(脚本チョン・ソンイル演出キム・サンヨプ、五賢種) 3回ではハン・ギルロ(チュ・ウォン)が訓育過程中賭博科目を習ったキムソウォン(チェ・ガンヒ)がキム・ウォンソク(アン・ネサン)にお金をみな失うとすぐに彼女のお金を取り戻すために自身の国家情報院職員身分をかけて賭け賭博をする姿が描かれた。

合宿に入った国家情報院新入要員は嘘探知機訓練を受けた。 嘘探知機訓練は感情を統制して真心を表わしてはいけない国家情報院要員が必ず受けなければならない重要な訓練. 先にキム・ウォンソクが示範を見せた後、新入要員中キムソウォンがテストを受けることにしたしこれに対しハンギルロはキムソウォンの実体を明らかにするために質問者に出た。

ハンギルロは各種質問を投げ始めたし、キムソウォンは落ち着いて答えたがいつも偽りという結果が出た。 ハンギルロは“実名がキム・ジウォンでしょうか?”と尋ねたし、キムソウォンは“私の実名はキムソウォンです”と答えた。 だが、これまた偽りと判明された。 キルロはキムソウォンの住民登録番号を尋ねたし、キムソウォンは“思い出せません”と返事を回避、これもまた偽りという結果が出た。

キルロは“お父さんが外交官でしょうか?”と最後の質問を投げたし、これに対し慌てたキムソウォンは“ご両親質問は受けません”と拒否した。 これに対しキム・ウォンソクは“答えて! 嘘探知機には黙秘権なくて”と叱責した。 キルロは“私に明確に話をしましたね! お父さんが外交官だと! お父さんがキム・ヨンチョル大使合いますか!”として圧迫した。

キルロは腹が立った表情で“外交官家娘?”ともう一度尋ねたし、キムソウォンは“そう。 うちのお父さん外交官だ"と答えると憎しみの目つきで“私が詐欺師であること証明したければ証明して! 私は君に嘘をついたこと一つもないから!”とハン・キルロをにらんだ。 その瞬間嘘探知機では真実という結果を出した。

キムソウォンは引き続き自身の偽家族内訳をさらさら話すと“みな本物なの! 君に嘘をついたこと一つもない!”と大声を張り上げた。 このもやはり真に判明されたし、これに対しキム・ウォンソクは“精神がある奴はない奴だ!”として“この訓練の目的が何なの? ここは真実をいうところでないのさ! 嘘を真実のように話すところであって!”と叱責とは嘘探知機訓練を中断させた。 だが、訓育観であるキム・ウォンソクとチャン・ヨンスン(チャン・ヨンナム)はキムソウォンが外交官の娘でないという事実をすでに知っていたし、偽りを真実のように話すキムソウォンの能力に感心をして嘘探知機訓練を止めたこと。

キルロはキムソウォンについて行って“君二つのうちに一つだろう? サイコパスか持って生まれた嘘つきか?”と尋ねたし、キムソウォンは“二つともであることもあったら? なので気を付けて!”とあざ笑いを飛ばした。 これに対しキルロは“君正体が何か?”と尋ねたし、キムソウォンはキルロの向こう脛をけると“私の前に立っていなくしたんだよね!”と叫んでは席をはずした。

国家情報院新入要員の訓練は続いた。 その中パーティ会場でつつもたせとハンサム界を活用して相手の情報を取り出す訓練が始まった。 このためにこれらが習わなければならないことは社交ダンス. 男性要員と女性要員がパートナーを定めなければならない時間コン・ドハは自然にキムソウォンに近寄ったし、これを見たハン・キルロが二人に近づいた。 そしてコンドハにパートナーを申請、三人はごたごたした。 その時遠くからこれを見守ったキム・ウォンソクはハン・キルロとキムソウォンを別に呼んだ。

キム・ウォンソクはハン・キルロとキムソウォンに携帯電話を渡してはご両親に連絡しろと指示した。 キルロのお父さんハンジュマン(トッコ・ヨンジェ)が息子の失踪申告を出したため。 また、キムソウォンのお父さんキムパンソク(イ・ハンウィ)は自身の娘が国家情報院要員になったとあちこち騒いで通ったこと。 キム・ウォンソクは“お父様にそうしないといって…要員はセキュリティーが最高だから。 村役場で嘆願入れたんだ…”と話した。

父と通話を終わらせたキルロは偶然にキムソウォンの通話内容を盗み聴くことになった。 キムソウォンは“お父さんよく聞いてくださいよ! 私ここにあるという言葉誰にもしてはいけない! 秘密だ!”として“私明日月給出てきます…耕うん機買って差し上げるからひとの家に手を広げずに、酒召し上がって倒れずに…内心配はしないでよ”と涙声で話した。 キルロは柱に隠れて話なしでキムソウォンの姿を残念に見つめた。

パーティ会場に帰ってきたハン・キルロとキムソウォンは結局パートナーになって社交ダンスを習うことになった。 キルロは踊っている間キムソウォンを見ていて“キムソウォン、君本当に車代与えるの?”と尋ねた。 引き続き“君見合いしに出てきたのもアルバイトだろう?”として“無駄な自尊心吸わずになければないように謙虚に生きて。 そのように生きるのがさらに気楽なのではないか?”と尋ねた。 するとキムソウォンは“君と踊るよりは実技点数あきらめるよ!”と話しては外に出て行ってしまった。

いよいよ新入要員に初めての月給が出てきた。 各自に月給を伝えたキム・ウォンソクは“月給ももらったが1ゲームすべきだ? 今日実戦訓練一度どう?”と賭博を提案した。 国家情報院新入要員は社交ダンスの他にも情報収集のために先立って賭博を習ったことがある。 キム・ウォンソクはゲームを楽しむ要員に向かって“私に失えば概評もない!”とふざけて脅しをかけた。

キム・ウォンソクは賭博場あちこちを歩き回ってお金をさらった。 これに対し新入要員はキム・ウォンソクとゲームをすることを敬遠してしたし、これに対しキム・ウォンソクは“私勝てば特別外出?外泊送る! 先着順1人!”と提案した。 この提案にキムソウォンは手をパッと入っては“私です!”と大きく叫んだ。 結局キムソウォンは自身の月給をかけてキム・ウォンソクと実戦賭博に突入した。

キムソウォンは序盤何版キム・ウォンソクに勝つようだと次第に賭けを大きくし始めた。 結局自身が完ぺきに勝つことだと判断した時が帰ってくるとすぐに自身のすべての金をかけた。 だが、キムソウォンはこの局に負けたし、すべてのお金を失った。 チップを全部回収したキム・ウォンソクは“チップ残った人はお金で両替して上がるように!”と話したし、キムソウォンは“ない人は? それではお金は? これ訓練ではない!”と問い詰めた。 これに対しキム・ウォンソクは“これ実戦といったではないか!”と答えた。

キムソウォンはキム・ウォンソクの反応にあきれた。 キムソウォンは“本当に与えないですか? ならないのに…”と涙声で話すと手を差し出して“下さい!”とお願いした。 だが、キム・ウォンソクはお金をむやみに歩いたとのことを叱責したし、キムソウォンは方をこらえることができなくて席をはずした。 これを見守ったキルロは苦しさを感じてネクタイを解き放してはキムソウォンをついて行って“君バカなの? お金奪われてなぜじっとしていて!”と大声を張り上げた。 そして“お金のために泣くな! 醜い!”と話しては再び賭博場に入った。

キルロはキム・ウォンソクに帰ってきて“あるゲームしますか?”とゲームを歩いてきたし、キム・ウォンソクは“評価終わったといっただろう? これ以上出れば指示不履行だ!”と脅すと理由を尋ねた。 同じ道では“私が勝てば同僚に別のお金全部戻して下さい!”と提案した。 するとキム・ウォンソクは“君が勝てば子供たちお金みな戻して、私が勝てば君は指示不履行で切られる。 国家情報院解雇!”と話した。 悩んだキルロは“偉そうな顔をしたバンします!”と提案を受け入れた。

キム・ウォンソクは“そのチップ持ってするか? 基本千万ウォンはなくちゃ”と屈辱を与えたし、これに対しキルロは周辺に向かって“チップ貸す人?”と尋ねた。 そして“お願いする。 みな失えば社債を引っ張って行って返すから!”と叫んだし、キルロの真心に同僚が十匙一飯自身のすべての月給を渡した。 結局キム・ウォンソクとキルロの一勝負が繰り広げられた。

次第に時が大きくなり始めたし、キルロはおじけづかないでキム・ウォンソクに対抗した。 賭博場には緊張感が流れ始めたし、キム・ウォンソクは掛け金を育ててハン・キルロに怖がらせ始めた。 そうしたところ“犠牲とオマンとは違って! 計算上手でなければならない!”と脅しをかけた。

その時キム・ウォンソクは耳をピンとしたし、同じ道ではキム・ウォンソクの帰宅動くものを発見して“お話が多いですね? 怖くなられるようですか?”と笑いを浮かんだ。 キム・ウォンソクがキムソウォンと対決をする時も耳を立てたため。 彼の特有のクセが彼の不安感を見せることだと判断したこと。 キム・ウォンソクは“君ここで追い出されれば何をする?”と尋ねたし、キルロは“私道は一つしかいません。 ただ祖国のために!”と堂々と答えては自身が持っていたすべてのチップを投げたし、キム・ウォンソクはこれに対し衝撃を受けた。
スポンサーサイト
[2013/02/06 17:30 ] | 7級公務員 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<7級公務員4話 | ホーム | パク・ヘジンの名前を掲げた映画館を中国でオープン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2182-35d26c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。