7級公務員4話
4話のレビュー記事です

元記事


翻訳は↓

チュ・ウォンが国家から特殊任務を受けた。

31日放送されたMBC水木ドラマ‘7級公務員’(脚本チョン・ソンイル演出キム・サンヨプ、五賢種) 4回ではキルロ(チュウォン)が色々な名目で訓育官キム・ウォンソク(アン・ネサン)から解雇通知を受けて、国際産業スパイ組織によって命が危険な父(トッコ・ヨンジェ)を守れとの特殊任務を与えられた後父の会社に偽装就職する姿が描かれた。

国家情報院新入要員の訓練は続いた。 ある日、新入要員は賭博を習ったし、初めての月給を受けた日実際金をかけて賭博をする実戦テストをすることになった。 この日キムソウォン(チェ・ガンヒ)はキム・ウォンソクと特別外出休暇をかけて一勝負を行った。 だが、すべてのお金をみな失って、休暇まで受けることができなかった。

これを見たキルロはキム・ウォンソクに勝ってキムソウォンが失ったお金はもちろん他の同期たちのお金まで探すと出た。 これに対しキム・ウォンソクは“評価終わったといっただろう? これ以上出れば指示不履行だ!”と脅すと挑戦する理由を尋ねた。 そして“君が勝てば子供たちお金みな戻して、私が勝てば君は指示不履行で切られる。 国家情報院解雇!”と警告した。 キルロはこの提案を受け入れた。

二人はポーカーを打ち始めた。 時間が過ぎるほど賭博場の緊張感が加えたし、キム・ウォンソクは掛け金を育ててハン・キルロに怖がらせ始めた。 暫くして、キム・ウォンソクは自身の耳を立てたし、キルロはこれを発見して“お話が多いですね? 怖くなられるようですか?”と笑いを浮かんだ。 キム・ウォンソクがキムソウォンと対決をする時も耳を立てたため。 キルロはキム・ウォンソクの耳を動かすのを不安感のためだと判断したこと。 キルロは自身のすべてのチップを投げて“オールイン!”を叫んだ。

これに対しキム・ウォンソクは余裕がある姿で“私フォアカード(同じ形のカードを4枚を有していること)浮かび上がった”として“今死ねば容赦するから”と機会を与えた。 だが、キルロはキム・ウォンソクが嘘をついていることだと信じて最後まで行くことを決心、キム・ウォンソクやはりオールインしたハン・キルロに“コール!”と叫んで正面対抗した。

だが、カードを公開した時周辺がざわざわした。 ハン・キルロがとんでもないカードを入っていたため。 キム・ウォンソクやはりキルロのカードを見て衝撃を受けては“無謀なのか? 勇敢なのか?”と尋ねた。 これに対しキルロは“無謀ならばどうであれ勇敢ならばどうですか! 同僚のためのことなのに!”と受け返した。 するとキム・ウォンソクは“同僚のために何でもすることができると? それが悪いことでも?”と尋ねたし、キルロは“同僚ですからね! 死のうが生きようが一緒に行くはずなのに信じなければならないですね!”と自信があるように答えた。

キム・ウォンソクは実際のフォアカードを入っていた。 だが、彼はまだ公開しなかった2枚のカードから手を切っては“そうだ優秀でお前! 君が勝った!”と敗北を認めた。 キルロの真心に充ちた話に心が動いたし、これを守りたかったこと. キム・ウォンソクが敗北を認めるとすぐに周辺にあった新入要員が歓呼したし、一瞬ハン・キルロが英雄に浮上した。

キルロは静かに外に出て行くキムソウォンに従っていった。 キムソウォンは“今回のことであらまし和解するように、ごまかして親しいように笑って過ごしたくなくて…有難いという言葉できなくてごめんね”と言い出したし、キルロは“有難いという言葉聞きたくてではない! お金のためにずるずる組む姿見たくなくて…”と答えた。 引き続き“今後泣くな! お金ないにせよそのどんな理由でも!”としながら“そして君と私一度は解かなければならないのだ”と話した。

その時、キム・ウォンソクが後に現れてキルロの後頭部を殴ると“良いのか勝つから?”として“帰宅動いたとみなポンカが違うお前!”という話を残してゆうゆうと席をはずした。 キルロはキム・ウォンソクの話に変さを感じて再び賭博場に走っていったし、キム・ウォンソクの公開されなかった2枚のカードを確認した。 キム・ウォンソクがフォアカードを入っていたという事実に衝撃を受けたキルロはキム・ウォンソクを訪ねて行った。

その見解、産業スパイチーム長オ・カンジェ(チェ・ジョンファン)がキム・ウォンソクを訪ねてきてファイル一つを渡した。 ファイルの内容を確認したキム・ウォンソクは“深刻ですね…”とつぶやいたし、カンジェは“君の弟子だから君の責任じゃないの! 頭が痛い前に切り出して!”と指示した。 ファイルの中にはハン・キルロが留学時代朝総連系女性とつきあったという内容が含まれていた。 だが、それよりさらに大きな問題はキルロの父が過去キム・ウォンソクが迎えた訓育官を殺した最高の産業スパイ チェ・ウヒョク(オム・テウン)と途方もないことを整えていたこと。

二人が対話をする間、ハン・キルロがキム・ウォンソクの部屋に押しかけて“カード見ました! あのからかわれるのですか?”として“わざっと負けて下さった意図がなんですか! 私行かれる遊ばれたのですか!”と問い詰めた。 これに対しキム・ウォンソクは“ここが遊ぶ所だと思って!”と大声を張り上げると“それがみな訓練だ。 私はわざわざ耳を動かしたし、君は私の役情報にかかったよ”として“とても簡単に得た情報は100%艦艇はお前!”と説明した。 キルロはキム・ウォンソクの話にしばらく考えると“訓育官様! ありがとうございます。 熱心に習って訓育官様のように最高の要員になります!”と話しては部屋を出て行った。

その日夜、キム・ウォンソクの懇意な同僚キム・ソンジュンはチェ・ウヒョクとこっそりと出会いを持つために出たキルロの父の尾行した。 そうしている間雨の中でキム・ソンジュンはチェ・ウヒョクと向き合ったし、二人は体当たりをした。 先にチェ・ウヒョクが自身の銃で腹部に負傷した。 キム・ソンジュンが銃を取ってチェ・ウヒョクを撃とうとする瞬間、突然現れたミレ(キム・スヒョン)がキム・ソンジュンを銃で撃って殺した。 この報せに接したキム・ウォンソクとチャン・ヨンスン(チャン・ヨンナム)は深い衝撃を受けた。

何日か後、オカンジェがキム・ウォンソクを再び訪ねてきた。 オカンジェは“ハンジュマンとジェイジェイ(オム・テウン)接線諜報聞いて出て行って当てられたよ! ハンジュマン艦艇売ったよ”と話した。 引き続き“君の弟子一頭後はそいつお父さんがソンジュンが殺したのと違いない!”として“弟子ある奴ある奴みな子供のように大切だよ…なので一頭後は最後まで連れていて! そいつと君がこの国にどんな害を及ぼすのか私が最後まで見守るから!”とキム・ウォンソクを圧迫した。

結局キム・ウォンソクはハン・キルロを送りだすことに決心した。 彼は突然にハン・キルロを訪ねて行ってセキュリティー誓約書にサインをしろと注文したし、状況を知らないキルロはこれに対しサインをした。 そしてキム・ウォンソクは冷たい目つきで“ハンギルロ! 現時間部に除名だ! 訓練怠慢、規定違反、指示不履行、罰点オーバー理由さらに必要だ?”として“荷物みな包んでおいたから出て行って! 君がなぜ切られるのか本当に答は君にいて!”と話した。

結局キルロは同期たちを後にして国家情報院訓練を陥った。 キルロの後ろ姿をかろうじて見ていたキムソウォンはハン・キルロに駆け付けて“さようなら…”という話を残した。 これに対しキルロは涙を流して“君が誰なのかも分からないのに…君の名前も分からないのに…”と物足りなさを表わした。 キムソウォンは“あなたの名前は私が分かってる!”と答えた。 キルロはかろうじて“雨に当たるな…”という話を残して席をはずした。

国家情報院で解雇された事実を受け入れるのが難しかったキルロは放蕩な生活を継続した。 ある日、深夜までクラブで酒を飲んで踊ったキルロは次の日朝、分からない空間で寝ている自身を発見してびっくりした。 さらに浴室で誰か洗っている声を聞く瞬間、おかしな気配を整えては浴室で洗っている人が出てくるのを待って出てくるやいなや武術で制圧した。 だが、浴室から出た人はキム・ウォンソク.

キルロはあきれるように“どうなったのですか?”と尋ねたし、キム・ウォンソクは家に入れと説得した。 これに対しキルロは“もう弟子でもないが関係しないで下さい!”と無愛想に受け返したし、キム・ウォンソクは“誰が弟子違うと?”というすると書類を差し出して“私が教えることここに皆聞いていて。 一級機密であるから覚えて破棄して!”と指示した。 キルロは表情が明るくなると“くびじゃなかったんですね? 今特殊任務受けるんでしょう?”と尋ねたし、キム・ウォンソクは真剣に“できるか?”と尋ねた。 そして一ファイルを渡した。

キルロはファイルを開けてみて驚いた。 自身のお父さんの身上情報が入っていたため。 キム・ウォンソクは“今国際産業スパイ組織が君の父命を狙っている”として“最も自然に配置する要員が誰かな考えて君が抜てきされた”と説明した。

ハン・キルロがためらうとすぐにキム・ウォンソクは“したくなかったりできなければ陥って!”と話したし、キルロは“ありません! します!”と答えた。 これに対しキム・ウォンソクは“祖国はお前を信じられなくても私は君を信じる!”と力を培ったしキルロは“私も確認します! 国家情報院要員ですね?”と質問した。 キム・ウォンソクは“君は私の弟子…私が信じる要員!”と答えた。 結局キルロはお父さんを至近で守るために父の会社部長で偽装就職をした。

一方'7級公務員' 4回は15.2%(ニールセンコリア、全国一日基準)の視聴率を記録した。
スポンサーサイト
[2013/02/06 17:50 ] | 7級公務員 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<TRICERATOPS 12-Bar "13"行ってきました!その① | ホーム | 7級公務員3話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2183-a80838b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |