スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いとしのソヨン44話
サンウ&ホジョンの韓服姿、渋い色合いでよかった
ヘジンくん、ほんときれい~

2013020900759_0.jpg

44話は平穏に終わるのかと思いきや、ラストシーンは、また大波乱・・・・!!

動画のご紹介~

44話前半

44話後半

レビュー記事です

元記事

翻訳は↓
ジソンがキボムに離婚宣言をした。 10日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 44回ではジソン(キム・ヘオク)が夫キボム(チェ・ジョンウ)との離婚を選択する姿が描かれた。


これはジソンがペ・ヨンテク(チョン・ノミン)の計略にまきこまれて、姦通寃罪をこうむることになりながら始まった。 先立ってジソンは純粋にワイシャツを縫いに行って険しい格好にあう。

同じ部屋にあったし、ヨンテクが姦通疑惑を認めたという理由だけでついに警察署まで行くことになる状況が広がったこと。

連行されたパトカー中でジソンは"ペ・ヨンテク氏. 魔術師様. 私になぜこうしますか?"と泣いて哀願したが、ヨンテクはついに冷遇した。

ヨンテクはジソンがストレスを解くために行ったドラム塾で会った魔術師. 意図的に接近したことを知らなかったジソンは心を開いて欣然らしく話を交わすこともした。

だが、すべてのことがすでによく構成されたシナリオのとおり進行されたことだった。 姦通疑惑やはり緻密な脚本から始まった陰謀であった。

ジソンは急な心にキボムに連絡を取った。 大体の話を聞いたキボムは"何. 何. 何. 何? 口必ず閉ざして黙秘権行使していて"として怒った。



同じ時刻ウジェ(イ・サンユン)とイ・ソヨン(イ・ボヨン)は夕食をしに食堂に行っていた。 ウジェが"この家久しぶりだろう?"と尋ねるとすぐにソヨンは"しばらくこれなかったよ"と答えた。

ウジェは"人本当にずるがしこくて。 以前には日曜日ごとに君がこの家こようといってちょっとうんざりしたよ。 ところでしばらく来ないからそろそろ思い出すじゃない"として明るい微笑を浮かべた。

ソヨンが"私は考え出られないのに、なぜ無理に連れてくる?"と押し黙っているように話すとすぐにウジェは"飽きたか? ア。 なぜそれを尋ねる思いを持てなかっただろう?"と答えて、さらに配慮することが出来なかった自身を叱責した。

引き続き"Sorry(ごめんね). この家はちょっと良い記憶なのかと思ったんだよね"と付け加えた。 その瞬間ソヨンは"人は真の利己的だ。 悪い記憶が良い記憶を覆って"と心の中と考えた。

また、ソヨンは、ウジェとの過ぎた日の思い出を思い出させた。 新婚初期この食堂にきた時自身が"一生日曜日ごとに食べてもうんざりしないでしょう。 鉄持って初めてだったんですよ。 他人に受けてみた暖かい感じ"といった話を思い出して、かすかさを感じた。


ウジェが趣味生活を尋ねた時、突然ソヨンの携帯電話ベルが鳴った。

しばらく席を外して電話を受けたソヨンはびっくりした。 "今警察署にちょっときなさい。 誰にも話さずに"というキボムの話を聞いたため。

ソヨンは、ウジェに"急な仕事あって。 行ってみなければならなくて"と話した後、あわてて席をはずした。 すぐまもなくウジェの携帯電話ベルも鳴った。 ジソンの電話を受けたウジェやはり警察署に走って行った。



その見解警察署の中は目がくらむようだ。 忙しく戻る中で、ヨンテクとジソンの主張が交錯するところに法的証拠までないからだ。

続く攻防に疲れるだけ疲れる頃、キボムは警察官にしばらくジソンと話を交わすといって連れて出て行く。

心の余裕がなかったジソンは"私が本当にそんなことが違いますよ。 音楽塾で会った友人なのに、財布探しに来て帰って。 服がはがして…"としてまともに言えなかった。

だが、キボムにはジソンのくやしい事情を聞き入れる余裕がなかった。 ひたすら会社と自身の安全と危機を心配するだけだった。
その時顔なじみである顔の1人の女性が歩いてきていた。 その人は他でもないソヨンだった。。

ソヨンが"お母様、どうなったのですか?"と話しかけるとすぐにジソンは最初から後戻りをしてしまった。 その瞬間また、一人の男が飛んできた。 すぐにウジェであった。

先に到着していたソヨン見て驚いたウジェは"ここにきたことだったの?"と話したし、ジソンは涙を流した。

キボムはソヨンに"入って調べてみて、後始末ちょっとお願いする"と話した。 ソヨンは警察官から事件の事実関係を聞いた。

警察官は"申告が入ってきたし、ペ・ヨンテク氏が認めたので調査はしたが法的証拠がないです。 二人がどんな間なのか私たちは何分からないですね"としてジソンの帰宅を許諾した。


するとヨンテクのそばにあった女性は"いやこのような法がどこにありますか? 国家が家庭破綻犯を保護するの?"と声を高めた。

これに対しソヨンは"話気を付けて下さい。 財布探しに公演するホテルに行ったことで、シャツ縫った情況も明らかで、証拠もないのに家庭破綻犯なんですか?"としていちいち問い詰めた。

すると女性は"証拠がなぜない? 私の夫が認めたが"と無愛想に話した。



警察署での調査が終って、すべての人がみな出てきた。 ウジェがヨンテクに少しの間の話ほどほどにしようと提案して、ヨンテクの夫人が自身と対話しようとしながら割り込んだ。 その間ヨンテクは急に席をはずしてゆうゆうと消えた。

ヨンテクの夫人が"他人の家庭破綻させておいて、このまま行くということなの?"と皮肉った。 これに対し再び衝撃を受けたジソンは思わず精神を置いてしまった。

ウジェがジソンを助けて行く間、キボムはヨンテクの夫人に弁護士に会って行くことを薦めた。 その弁護士はソヨンだった。


ソヨンに会ったキボムは"話聞いてみて、口止めして"と話しかけた。

するとソヨンは"これはあの夫婦が塩辛いのです。 お父様. ペ・ヨンテク氏が認めなかったら、警察署までも今年ことでありませんでした"として事件の真実を打ち明けた。

キボムは"塩辛くても、何でも口実はジソンが提供したからくれといい次第与えて。 最初も口封じ. 二番目も口封じだ。 写真原本消すこと必ず確認して、うわさ出ないように静かに処理お願いする。 イ弁護士. 受託料は私が十分にやる"と話した後席を離れた。

以後家に戻ったキボムはジソンとどうのこうのしながら対話をした。


ジソンが"あなたは本当に血も涙もない? どのようにソヨンを呼ぶことができる?"と話すとすぐにキボムは"ソヨンを呼んだのが何? 他の弁護士呼んでうわさが立てばどうするの?"と答えた。

これに対しジソンが"あなたは会社、体面しかない? うわさが恐ろしいと私たちがソヨンをどのように投げ出したが、その子を利用する?"として怒った。

キボムが"上手にしたが、投げ出したか? 投げ出す前に自分の足で出て行った"と冷静に話した。

するとジソンは"私たちにその格好見つけられておいてその子が弁護士に呼んできたかったですか? 私が電話で話したではないか。 違うと。 違うと。 違うといったが何が怖くなって弁護士を…その上にソヨンを呼ぶ?"と大きく叫んだ。


キボムは"今灰埋めた犬が糞まみれの犬肩入れする? 不倫に姦通に警察署入ったのが誰なのに…誰が誰に問い詰める?"として不快な心情を表わした。

ジソンが"何ですか? 不倫?"と話すとすぐにキボムは"年齢が何なのに、まだ女のような素振りを見せるかと? それももうとても外で. 魔術師? 私が本当に言葉が出てこない。 本当に"としながら怒り心を表わした。

これに対しジソンは"あなた. 私今信じないの?"としてわめいた。

キボムは"信じて信じないで行って何が重要だ? 私が問題みなさないということに"と話すとすぐにジソンは怒った表情で見つめた。

以後寝ついているキボムの姿をぼんやり眺めて、深い考えに浸った。



翌朝 ジソンはキボムとウジェをはじめとしてミギョン(パク・チョンア),ソンジェ等すべての家族を居間に集まるようにした。

室内で厚いコートを着たジソンの姿は不吉な想像に包まれるようにさせた。 なにをかいわんや。 彼女の行動は離婚のために家出を敢行するためのものだった。

ジソンは"君たちよく聞いて。 私はカンキボムと永遠に離別することに決めた"と話し始めた
突然爆弾発言に瞬間静寂が流れた。 キボムは"おい。 そのような話は私と先にすべきだということ違うの?"と怒った。

ミギョンは"ママ. 離婚とは…突然なぜこうするけれど"として心配な目つきで見つめた。

するとジソンは"私が浮気をしたよ"と口を開いた後、その間あった仕事を打ち明けた。

これに対しミギョンは"ママ言葉が分かった信じられましたか?",ソンジェは"どのように兄嫁を呼ぶことができますか?"とそれぞれ話して、キボムの行動に対して非難して出た。

キボムが"その誤解を受ける行動. あなたがした。 その野郎と歩き回ったこと事実じゃないの"と話すとすぐにジソンは"君たちお父さんが信じて信じないではもう私に重要ではなくて。 みな終わったから"と答えた。

引き続きジソンは"私はユン・ソミにだまされて、ソヨンにだまされて、今回は魔術師にまただまされた。 だまされてだまされてまただまされるのは私に問題があることで。 出た私がこのように変わったのが君たちお父さんと生きているためだと考えて"と淡々と話した。

キボムは"チャ女史. 今何をするの? 子供たちの前で。 離婚? したければ私と話して。 どこ子供たちの前で最も権威踏み潰す?"として怒りを吐き出した。

ジソンは"カン・キボム氏と私は君たちも分かるだろうが、愛情なしで政略結婚した。 それで常に孤独だったし、本当に送るところ探し回った。 この人とずっと生きればずっとそのように生きるべきなのに、これ以上はこのように生きたくなくて。 そうすれば君たち私止めるな。 説得もせずに、忠告もするな"と物静かに話した。


キボムが"チャ女史. 今する言葉に責任を負うことができるんだろう?"と話すとすぐにジソンは前に作成した協議離婚申込書を取り出すとみられた。

引き続き"一週間中に印鑑を押して。 慰謝料、財産分割策定して連絡します。 一週間渡せばすぐに訴訟入るのだ"と話した後あらかじめ包んでおいたカバンを持って離れた。

ミギョンとソンジェが"ママ"と呼んでみたが、効果がなかった。 後に従っていったソンジェは"ママ. 一緒に行って"と話して捕まえた。


ジソンは"私が君と一緒に出て行けば、君のパパはいたずらだと思って"と話した。 これに対しソンジェは"それでも私がどのようにママを一人で送りだす?"として心配した。

ジソンは"ママ、幼い子違う。 衝動的であることではなくて。 なので一週間だけ家で待って"と淡々と話した。

ソンジェが"どこへ行っているのか言って行って。 それでは"と話すとすぐにジソンはホテルにあると答えた。

するとソンジェはジソンの友人キム・カンスン(ソン・オクスク)家に行っていろと提案した。 先立ってカンスンの夫チェ・ミンソク(ホン・ヨソプ)は離婚宣言した後家出した。 だからカンスンが一人で家に住んでいる状況.

以後家中に入ってきたソンジェは誰にもジソンの行先地を知らせなかった。 キボムは"ナップ置いて。 君のママ恥ずかしくてあんな状態で"と話して疑いをおさめなかった。



直ちにカンスンの家に行ったジソンは"カンキボムと私離婚することにした"と打ち明けた。

引き続き"今ミンソク氏に電話する? 嫌だといえばホテルに行くから"と付け加えて、ミンソクの許諾を前提に頼って暮らすといった。

これに対しカンスンはミンソクがバリに旅行に出発したことで嘘をついた。 ミンソクが離婚を要求して、家出した状況をとても明らかにすることができなかった。

ジソンはすでにミンソクの不在を知っていたが、ふりをしなかった。 "それでは、ナ・ミンソク氏くる時までここにあってもかまわない"として喜んだ。 引き続き"ありがとう。 やはり年取るから友人しかない"として有り難みを表わした。


一方、ソヨンはジソンのことを解決するために積極的に出た。 ウジェに"ひょっとして最近会社やお父様、でなければウジェ氏に悪感情抱いている人いなかったの?"と尋ねて、背後勢力を捜し出すために努力した。

また、自身の事務室に訪ねてきたヨンテクの夫人があきれるようにも慰労金で10億を要求するのを賢く解決した。

"今賃金といえばこの案にある写真消すようにしますね"として見えすいた脅し置いた彼女を法曹人特有の論理力と分析力で当惑させたこと。


ソヨンはひとまず軽い質問で正確な事件経緯を調査し始めた。

そうしている間ヨンテクの尾行したという彼女が事件の出発点であるパン屋がある町内にあるということを分からないということを知って、わざわざ同名前を変えながら嘘であることを立証した。

合わせて10億よりはるかに少ない1千万ウォンを与えるといった。 するとヨンテクの夫人は"いたずらをしますか? その大きい会社で千万ウォンで口止め下だ?"としてあきれた。

これに対しソヨンが"チャ・ジソン氏の家会社が大きい会社であるとはどのようにご存知でしたか?"と尋ねるとすぐに当惑して、あらましごまかした。

ヨンテクの夫人は因果関係上合わない詭弁だけを増えておいた。 ソヨンがだまされないのでますます心境が穏やかでなかった。

ここにソヨンが"今すぐ入金させることができます。 代わりにお金が入金されればすぐに恐喝、脅迫罪成立であることは分かるでしょう?"と話すとすぐに大きく慌てた。

その時になってヨンテクの夫人はすべての事実を告白した。 事件の背後は不渡りを出すことになったことに恨みを抱いた下請け業者アン・スチャン社長だった。

当時対話内容を録音して証拠まで確保したソヨンは、ウジェとともにアン社長に会った。 すでに2回の業務上誤りを問題視していないことにも徹底的に裏切ったアン社長は"10億与えることならば与えて、でなければ告訴しても勝手に年"として頑として出てきた。

アン社長が"今は 失うことがなくて"と卑劣な言葉欠陥ウジェは"失うことがなぜないですか? お父さんを空で知っている息子、娘があるのに…"として意味深長な話をした。

"どうせ不渡りになればみな終末は"というアン社長の話を聞いたウジェはその瞬間ソヨンのお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)の話を思い出させた。

"IMFの時よく通った会社切られる時私たちの社長が'すみません'その声一度だけしても私のこのようにくやしくはないだろう"というサムジェの話を考えて、アン社長に恩恵を施した。

"原本渡されるという覚書書けば物品貸金(代金)決裁して差し上げますね"と話してまた、一度機会を与えた。 これに対し驚いたアン社長は"あなた会社デザイン引き出して、奥様利用して脅迫した私を見るということですか?"として感動を表わした。

ウジェはソヨンにも"有難かったし、こうしたこと引き受けるようにして申し訳ない"として心を伝えた。 また、アン社長ことでキボムに叱られたりもしたが、"それ(彼)よりお母さん. 私たちの会社の仕事で悔しい思いをさせられられたのです"と話して汚名をはがすために努力した。


以後ジソンに連絡を取ったキボムは"チャ女史. それは私が誤解した。 私たちの会社に怨恨あった奴が魔術師使ってあなた釣ったことだった。 誤解解いたから入ってきて"と話した。

だが、ジソンの心はすでに背を向けた後であった。 "あなた誤解などは重要ではないから離婚長に印鑑を押す前には絶対電話するな。 一週間渡せばすぐに訴訟入るのだ。 あなたが好むイ・ソヨン弁護士使って"と話した後電話を切った。


一方、ソヨンは3年ぶりに実家家族とともに正月を迎えた。 先立って双子弟イ・サンウ(パク・ヘジン)が訪ねてきて正月の時自身の家でといった。 ソヨンは悩みの末にサンウの家に行った。

ソヨンは台所でサンウの妻チェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)と共に祭壇を準備した。 話を交わしている間、サムジェが月給・積立金通帳をホジョンに任せた事実を知ることになった。

また、1ヶ月に10万ウォンも使わないなど倹約した生活をしているという話も伝え聞いた。 これに対しソヨンの胸は詰まって感じでよく聞こえなかった。

以後祭事を行った。 サンウが"姉、ママにごあいさつして。 3年の間祭事過ごせなかったことではないのか"と話すとすぐに"私がどのように…"として首が縛られたままさっさと動くことができなかった。

サムジェはもしもソヨンが不便さを感じるかと思って心配した。 席をよけるために部屋に入った。 ソヨンは涙をやっとこらえて、お母さんに礼をした。

申し訳ない心にソヨンはついに涙を流して、"行くから"という一言を残したままサンウの家を出た。

これに対し驚いたサンウがソヨンを捕まえようとして、部屋から出たサムジェは"そのまま行くように置いて"としてソヨンを配慮した。


以後ソヨンは車を運転して家へ帰った。 家の外でソヨンを待っていたウジェは"雑煮(トックク)食べたか?"と話しかけた。

ソヨンが"今日のような日ここになぜきますか?"と話すとすぐにウジェは"お母さん. 家出された"と答えて家出便りを伝えた。

これに対し驚いたソヨンは"お母さんがなぜ?"と尋ねた。 ウジェが"わかってるでしょう。 その日日. お父さんがお母さんをどのように対されたのか"と話すとすぐにソヨンは"お母さんを信じられないのです?"と心配した。

ウジェは"お父さんとちょっと争った。 とても苦しくて出てきたが、行くところがないね。 日も飛んでご両親話す人が君しかなくて。 どこ風ちょっと吹かれたいんだけど。 旅仲間ほどほどにしろ。 イ・ソヨン"と話した。



二人はソウル、平倉洞(ピョンチャンドン)のある公園に行った。 ウジェは"お母様ことをどのようにすれば良いだろうか?"として話し始めた。

引き続き"私より君がお母さんをさらによくわかってるでしょう。 認めたくないが、出たお父さん似ていたところにあって。 お母さんに気立てが優しい息子ではなかったし、今でも私が何をどのようにするべきかよく分からないよ"と付け加えた。

するとソヨンは"お母様心はウジェ氏よりお父様が解いて差し上げなくちゃ。 お父様が少しだけ変わればお母様本当に幸せがられるはずなのに"として遺憾を表わした。

これに対しウジェが"うちのお父さんは絶対変わられないのだ"と話すとすぐにソヨンは瞬間"お父様. 1ヶ月に10万ウォンも使わないことあります"というホジョンの話を思い出させた。

そうしたところソヨンは"絶対だと考えないで下さい。 世の中には絶対という件ないということ同じだ"として希望を伝えた。




以後食事しに行っている間砂糖にベイキングソーダを入れて溶かして作る思い出の菓子売る所を発見した。

突然ウジェは"イ・ソヨン. 私が特別摘んでくれるだろうか?"と話した後、お菓子の星作りに熱中した。

これを見守ったソヨンはお父さんとの思い出を思い出させた。 当時ソヨンは試験問題一つを違ったことに中傷害して、泣いた。 サムジェが大丈夫だと話したが、物足りなさを追い落とすことができなかった。

そのようなソヨンをなだめようとサムジェは"世の中で一番おいしい星を取ってあげる"と親しく話したことがある。 お父さんが作った星を自身の口に入れた思い出を思い出させて、ソヨンは幸せな微笑を浮かべた。


お父さんの過去の姿とウジェの現在の姿がオーバーラップされながらソヨンは深い感動を受ける。 その時までもウジェは特別な作りに没頭していた。

ソヨンは、ウジェのそばに近付いて直接別を作った。 これをウジェに渡して幼い時思い出も打ち明けた。

ウジェが"私たちの今日は結構友人のようだ"と話すとすぐにソヨンは"そうだね"として明るい微笑を浮かべた。

一方、その見解キボムは誰もいない家で一人でご飯を食べた。 ジソンがビビンパをおいしく食べた姿を思い出させて、自身もビビンパを作った。


これを通じてキボムは今さらジソンの大切さを破って閉じた。 これはソヨンも同じだった。

サンウがホジョンが用意した食べ物を持って来たのをうれしく迎えた。 また、サンウの携帯電話に保存された家族写真を満足げな微笑で眺めて、家族に対する切ないということを感じた。

そうしている間自身のお父さんとサンウが小姑ミギョンと共にとる偶然に見た。 これに対し驚いた姿でこの日放送が終わりにして、今後の展開に緊張感が高まった。



また、この日放送でミギョンの初恋がチェ・ギョンホ(シム・ヒョンタク)という事実が明らかになった。 先立ってミギョンは高校時代南海で自身を治療した軍医官に反した。

これを契機にミギョンは医者になりたかった。 夢をかなえたミギョンは驚くべきことに職場で過去の美しい縁に会った。 これはミギョンに偶然を装った必然のように感じられる可能性が高い。

だからこれらが新しいロマンスを始めることでないかという推測が乱舞した中で、今後の話展開に対する視聴者たちの期待感がより増した。

事実ギョンホはホジョンの腹違い兄さんだ。 初めての夫人と死別したミンソクはカンスンと再婚した。 だからギョンホはカンスンの愛をまともに受けることができなくて育った。

実際には暖かい心を持っているけれど、表面では艶がなくてなごやだ。 そのような彼が愛に陥る姿はどのようなのか期待が集められる。

もしミギョンがギョンホとラブラインにつながるならば、ある橋だけ渡っても知っている人が多くなる。 これらの特別で妙な縁が視聴者たちを微笑を浮かべるようにさせる展望だ。



いつどんな姿でまた会うかも知れないのが人の縁だ。 また、全く関係ないこと同じ話がパズル組閣(彫刻)のように絶妙に合わされるのがドラマの妙味だ。

作家の驚くべき想像力と筆力に感心するということと同時に気がかりなことも高まっている。 ドラマの結末を生半可に予測しにくいように、視聴率やはり正月連休余波を避けることは難しかった。

'いとしのソヨン' 44回放送分は34.6%(AGBニールセン メディアリサーチ、全国基準)の視聴率を記録、連休期間放送されたプログラム中唯一視聴率30%を渡して熱い人気を証明した。

いつのまにか放送6回だけを残しているいとしのソヨンは、毎週週末夕方7時55分KBS 2TVで放映される。
スポンサーサイト
[2013/02/12 01:27 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<14歳 | ホーム | いとしのソヨン43話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2187-1f1dd132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。