いとしのソヨン45話
動画のご紹介~

45話前半

45話後半

レビュー記事です

元記事

翻訳は↓


'いとしのソヨン'イ・ソヨン、サンウ-ミギョンの関係知って衝撃…ウジェに'飛び火'?


'いとしのソヨン'イ・ソヨンが弟イ・サンウと小姑ミギョンが過去恋人の仲であり、自身のために別れたのを知るようになった。

ソヨンが大きい衝撃と罪悪感に包まれながら、その火の粉が飛び散ったところはウジェであった。 友人もしたくないとし、永遠に離別を告げる。


16日放送されたKBS2週末ドラマ'いとしのソヨン'(脚本ソヒョン卿、演出幽玄期) 45回放送分ではイ・サンウ(パク・ヘジン)とカンミギョン(パク・チョンア)が自身のために離別したのを知るようになったイ・ソヨン(イ・ボヨン)が衝撃受ける姿が描かれた。

このようなことは携帯電話に保存された写真一枚のために始まった。 先立ってサンウの妻チェ・ホジョン(チェ・ユンヨン)が作った正月食べ物をソヨンに持ってきた。 これに対しソヨンが有り難みを表わした。

するとサンウは、ホジョンがお父さんイ・サムジェ(チョン・ホジン)に清清しく対して、新年挨拶認証ショットもとったとし自身の携帯電話を渡した。 その間サンウはお茶を準備して、ソヨンはお父さんとサンウ、ホジョンなどが取った写真等を見て満足げな微笑を作った。

写真を今後ずっと渡したソヨンはびっくりした。 お父さんとサンウのそばに顔なじみである顔が見えたこと。 小姑ミギョンだった。 ソヨンは"これが何なの? なぜミギョンさんがお父さんと君と写真を撮る?"と淡々と尋ねた。



その瞬間彼の表情は完全に固まった。 準備した茶を持ってきた後、なにげなく写真を見て'しまった’と思った. あわてて携帯電話を持っていったサンウは"この写真がまだあったんだな"と話して、熱心に慌てたそぶりを隠した。

だが、ソヨンは"君私たちのお嬢さんとつきあう間だったの?"として疑いのまなざしを送った。 これに対しサンウは"何? それがなんのこと?"として分からないようにとぼけた。

引き続き"私たちの病院に知っている人いるといったのにそれがミギョンだったの? ミギョンが孤児だといっていたが"と明らかにして全く分からないようにした。

ソヨンは"ウジェ氏妹だ。 つきあう間だったかと?"と再度尋ねた。 サンウは"いやレジデントだから皆同じく親しかった. "として否認した。

ソヨンは"ところでなぜうちのお父さんと…そこ私たちの屋根裏部屋じゃないの"として疑いをおさめなかった。


サンウは"これが一昨年か? とにかくパク先生、キム先生みな我が家に遊びにきてお父さんと皆同じく驚いたよ。 その時とった写真のようだが…になぜ残っていたようだね。 その時写真ものすごくたくさん撮ったよ"としながら止む得なく嘘をついた。

引き続き"だ。 ところでかなりあきれる。 この子が君の小姑なの? どのようにそんなことができる?"として冗談を言った。 ソヨンはミギョンがやはりこの事実を知っていること知らずに"お嬢さんに分かるふりをするな。 私がとても驚いて"として口封じをさせた。

サンウが"ホジョンと3年前から知り合ってつきあったと話したではないか"と言い逃れるとすぐにソヨンは"そうしたんだよね"と答えた。 サンウは一段もっと上げて"だ。 君が見た良かったのであって、これホジョンが見たら余計な誤解生きるところだった"と話した後、問題の写真をいちはやく消した。

ソヨンは"家までくるほど親しいんだな"と力なく話した。 サンウは"ミギョンだけきたのでなくレジ皆一緒にきたから。 私がそして特別なことだったら結婚までしたが、写真を置いたか?"として最後まで違ったふりをした。 以後ソヨンの家から出たサンウは息を吐き出した。


一方、ソヨンの夫ウジェ(イ・サンユン)はお母さん(キム・ヘオク)に会いにジソンの友人キム・カンスン(ソン・オクスク)家で足を上げた。 先立ってジソンは夫キボム(チェ・ジョンウ)との離婚を宣言した後、家出を敢行した。

ウジェはジソンに会う前にソヨンとの思い出を思い出させて明るい微笑を浮かべた。 DALGONAにつけられた星の模様を完全に作り出した彼女の姿と共に話も思い出させた。

"お父様が少しだけ変わって下さればお母様は本当に幸せなはずなのに"というソヨンの話を記憶して微笑を浮かべている間、ジソンが近づくとすぐに丁寧に挨拶をした。


引き続き"用件話して"と話すとすぐにウジェは"息子がママ見にきたが、用件がどこにありますか? なま煮えなのに、出てきておられると顔尋ねにきましたよ"と答えた。

これに対しジソンが驚いたようにどの言葉もしないとウジェは"ちょっとどうですか?"と安否を心配した。 それでもジソンは"何をどう? 君も私がそのように水と見えるの? 私が腹立ちまぎれに出てきたもので見える?"としてすっきりしない反応を見せた。

ウジェは"違いますよ。 お母さん心理解します"として暖かい心を伝えた。 ジソンは"理解する? 君がどのように?"としていぶかしいといった。 そうしたところ"君君の父がさせただろう? いい加減私の心動くようにして火傷をしようとしたが躊躇座らせろと"として疑った。

ウジェは"いやですが"として明るく微笑を浮かべた。 ジソンは"それでは何なの? 君変じゃない"として意外という反応を見せた。

ウジェは"お父さんのためにたくさん気に障られたでしょう?"として心より慰めた。 これに対し感動受けたジソンは"ウジェ. ウジェ. ウジェ. 君どうしたの?"として話まで探った。 ウジェが"私がなぜですか?"と尋ねるとすぐにジソンは"君回ったの? なぜこのようにキメ細かくなったか?"と驚きを隠すことができなかった。

引き続きジソンは"ソヨンと離婚して後遺症あること違うの?"としてウジェの額に手をつけた。

するとウジェは額で手をおろすようにした後、ジソンの手の甲をなでて"お母さん、負けん気ではないでしょう?"と尋ねた。

すでに目じりに涙がたまったジソンが"違う。 私本当に君の父と生きること疲れた。 大変で"と内心を打ち明けた。

これに対しウジェは"するとお母さん希望され次第してみて下さい。 私どもの気を遣わなくされますね"とお母さん意を尊重した。 ジソンは"ウジェ"として涙がにじんだし、ウジェはほのかな微笑を浮かべた。

以後ソヨンに連絡したキボムは"これのために呼んだ"と話してお金封筒を渡した。 先立ってジソンのくやしい姦通汚名をはがすことにともなう受託料を与えたのだ。 これを知らないソヨンが"これが…"として首をかしげた。

キボムは"その時は急で選任契約書を使えなかったが、受託料与えることにすれば与えなくちゃ。 受けて"と話した。 ソヨンが何も言わないとキボムは"私が何必ず一党弁護士と考えたことではないが、ボールは球で生きる四違うか?"として受託料をあたえる理由を明らかにした。

するとソヨンは"いえ…"と話そうとしたが"とにかく呼んで下さってありがとうございます"と言葉を変えた後、封筒の中のお金を数えてみた。 ソヨンは"どうせくれることならばもう少し下さい。 ご存知だが、弁護士選任費は成功保守だというのがありますね。 10億飛ばされるところであること防いで差し上げたから1000万ウォンだけより多くやって下さい"として意外な話をした。

引き続き"私が急に必要で、ところで、今受け取れますか?"と話した。 瞬間慌てたキボムは"オ. オ. そうする。 秘書室に口座番号置いて行け。 私のすぐに処理してあげよう"とどぎまぎするといった。

ソヨンは"ありがとうございます。 それでは行ってみます"と話した後、挨拶をして離れようとした。 キボムは"ひょっとして君のお母さん電話きたか? ア。 どのようにこの家は間違った人々が家を出て行くのか? どうしても君まねたことのようだ"と話した。 するとソヨンは"申し訳ありません"と話した。

キボムが"ところでこの状況が離婚になる状況か?"と尋ねるとすぐにソヨンは"そうですね。 ソンジェこと忘れられましたか?"と話した後もう一度挨拶して離れた。


以後すぐにウジェの執務室に入ってきたキボムは"君のママどこだ? 君分かるのではないから吸われるって。 どこだ? 私が謝ろうとする。 謝罪"と話した。

ウジェが"真心ですか?"と尋ねるとすぐにキボムは"こいつがますます…オ取りまくって真心か違うかだ。 君も上手にして。 子供。 いくら自分の誤りで別れたチョンチョレも格は備えて生きるようにしなければならないことじゃないの?"としてソヨンが話をした。

引き続きキボムは"どれくらい困窮すれば受託料与えたが、さらになだめるのか?"として声を高めた。 これに対し驚いたウジェは"ソヨンに受託料をくれましたか?"と尋ねるとすぐに"。 それでは与えない?"と反問した。

するとウジェは"お父さん、本当にソヨンを弁護士で呼ばれたことでしたか? ソヨンが受託料受けに一気に走ってきたと思いますか?"と話した後携帯電話を持ってあわてて走っていった。

その見解ウジェの会社から出たソヨンはお父さんの記憶をふと思い出させた。 先立ってサムジェは自身の正体がばれないように'ユ・マンホ'という仮名でウジェの会社駐車管理院で就職して勤めたことがある。


平穏な微笑を浮かべたソヨンにおりしも文字メッセージ一つが到着する。 他でもないホジョンだった。 "姉さん. あのホジョンです。 結婚贈り物時計です。 本当に本当に感謝申し上げます。 とても美しいです"と感謝の気持ちを入れた文字を送ってきたこと。

これに対しソヨンは"気持ち良く受け入れてありがとう。 結婚式の時要人もできなくてごめんなさい"と返事を送った。

瞬間結婚式場面を思い出させたソヨンは"行ったと考えはしないよ"といいながら独り言を言った。 その後"私がうっかりしたが、今ミンソクとかおじさん結婚式ちょっと行って。 新婦の名前チェ・ホジョン"といったウジェの過去の話を思い出させた。

"結婚式よく行ってきたか?"というウジェの話に"行けなかったです。 ことがあって"と嘘で答えたことも考え出した。 引き続き"それがみななの?"と話していたウジェの姿を思い出させた後、首を横に振って特別な日でないもので考えた。


だが"私の妹のために私が今心が劇で良くなくて。 なので私件にするな"というウジェの過去話を思い出させて、行く途中を止めた。

引き続き自身が"お嬢さん仕事をして私と何の関係なの? なぜ私に怒りますか?"と話すとすぐにウジェが"何の関係? イ・ソヨン君は兄弟いない? 弟いたとして"と怒った姿を思い出した。

その時初めてソヨンは、ウジェが皆知っても自身をサンウの結婚式に送ったという事実を識別する。 おりしもウジェに電話がかかってきながら緊張感がぐるぐる回った。


ウジェが"どこなの? 会社きたとして。 まだ駐車場なの? 出発前なら私ちょっと見て行って"として差し迫っていた声で話した。

目じりがしっとりとしたソヨンが"ウジェ氏"と話すとすぐにウジェは"うちのお父さんのために気持ちたくさん傷ついただろう?"として慰労の話を伝えた。

ソヨンは"ミギョンさんがつきあった人が誰なの?"と尋ねるとすぐに慌てたウジェは"ミギョンがつきあった人?"と話した後何の話をすることができなかった。 するとソヨンは"私の弟なの?"としてかっとした。

引き続き"サンウの結婚式に分かりながら私に行けといったの?"として涙を放った。 驚いたウジェは"どこなの? 会えて話そう"と話したが、ソヨンは電話を切ってしまった。 乗用車に乗ろうとしていたソヨンを捕まえたウジェは"話ほどほどにしよう。 私の話ちょっと聞いて行って"と話した。

ソヨンは"どのように。 どのようにこうしたことがあることができる?"としてあきれるといった。 引き続き"分かりながらどのように私の弟の結婚式に送ることができる? その時私がいくら憎くて、軽蔑らしくてもひどかったじゃないの。 ひどかったじゃないの。 ウジェ氏"として問い質した。

ウジェは"お前を困らせようと送ったこと違う。 君が先に打ち明けるようにしようとそうしたの"として話し始めた。

引き続き"その時私は君が家族に知らせて、結婚したと思ったではないか。 お父さんと弟会っても大きい衝撃違うと考えたし。 かえってうちのお父さんと君たちのお父さんをその結婚式で会うようにすることができなくてわざわざ出張日まで変えた。 互いに姻戚なのにミンソクがおじさん君の結婚式でお二人様要人分けるようにすることができなくて"として内心を打ち明けた。

また、ウジェは"ミギョンとイ・サンウ先生間分かりながら話せないことはなぜできなかったのかわかってるでしょう。 その時は私たちがどうだったのか。 さらに置いて待つことはできなかった。 弟結婚式でミンソクがアジョシネハゴまで編集されたこと分かれば君が私に言うことだと信じた。 私の考えが足りなかったが"と真心を伝えた。

するとソヨンは"そうだったね。 なので私のためにそんなことが。 私だけ知らずそうだったね"として涙声で話した。

引き続きソヨンは"それではサンウは? 私のためにお嬢さんと別れたんだろう?"として震える声で尋ねた。 ウジェは"そうなの。 そうなった。 イ・サンウ先生がそのようにした"として認めた。


ソ・ヨンウン"オ. 私どうして"として我慢してきた涙をさく烈させた。 ウジェが"どうしようもない事で、過ぎたことは"と慰めたが効果がなかった。 ソヨンは"何が仕方ない? なぜ私一人バカ天地作る? なぜ私を残忍にさせる? なぜ私だけ知らず皆…違う。 私はこういう話をする資格ないだろう"として泣いた。

ウジェが"キー与えて。 入って話そう"と話したが、ソヨンは"違う。 皆知ったから。 今"として手助けを取り払った。 ソヨンは"依頼人と約束あって事務室に行ってみなければならなくて"と話した後急いで席を離れた。 ウジェが後についていこうとしたが、急に出てきたことだし車キーがなかった。


以後ソヨンは事務室でない自身の家に行った。 部屋にどっかり座り込んで深い絶望感を感じた。 "私が結婚する時私は君の心が何か分からなかった。 結婚する時お前を止めても君の心認められて止めることができなくてごめんね。 なので姉今のように幸せに暮らして"という過去サンウの話、"ふられました。 私が嫌いなんですって。 新しい姉さん. なぜ私が嫌いだったでしょうか?"という、ミギョンの話を思い出させてしくしく泣いた。

"私が何かことをしたの?"として独り言を言って罪悪感に苦しめられた。 同じ時刻ソヨンの事務室で一緒に仕事をする友人イ・ヨニはソヨンの携帯電話が消えているのを知って、"何かご用なのか? バッテリー出て行ったか?"と独り言下や心配し始めた。

その瞬間ソヨンの事務室に訪ねてきたウジェが"ヨンヒ氏. ソヨンがないですか?"と話すとすぐに演技は"ソ・ヨンに何かありますか?"として驚きを隠すことができなかった。



以後ウジェはソヨンの家に走って行った。 ウジェがベルを押して、門を叩いたがソヨンは悲しみに浸ったままじっとしていた。

ウジェが"出てきてみて"と話してずっと門を叩くとすぐに他の住民たちが出てくることさえした。 ウジェが再度謝った後、"ソヨン"として門を叩くとすぐにその時になってソヨンが門を開けてやった。 このようにして外に出てきた二人は対話を始めた。

ウジェが"今君がどんな気持ちなのか分かりますが、とても自ら叱責するな。 みな過ぎたことは"として慰めた。 するとソヨンは"ウジェ氏. 本当に申し訳ないがやめてはいけない? 何の話もしなくて、私にこうすることもやめてくださいよ"と物静かに話した。

引き続き"ウジェ氏と友人もしたくなくて。 私たち会うのをやめよう"としてまた、一度離別を告げた。 ソヨンは"私のためにどんなことが広がったかもしれなくて、私の弟とお嬢さんがどんなことを体験したかもしれなくて。 私の人生生きてみると他人の人生パトネノッコ. ウジェ氏に何をする? 私が"としてみじめな心情を明らかにした。

ウジェが"私がいつ君に何しようといったか?"と尋ねるとすぐにソヨンは"なので何もしないといいます。 ウジェ氏を見ているのが私がとても苦しくて。 裂けた下着だけ着て立っている気持ちは"として率直な内心を打ち明けた。

するとウジェは"またこうする。 また、以来. また"として怒った。


引き続きウジェは"私が君こうしろと置いたと思う? 離婚印鑑とらないで持ちこたえればとにかく君は妻なのに、君パラパラと置きながら私は骨を折らなかったものと思う? 恐ろしくて、怖くなった。 それでも君が何の負担なくまともに君らしく生きることを見送った。 自由に喜怒哀楽感じて、感じ次第表現して。 君らしく生きながら過去傷みな追い落とすのを見送った"として希望を打ち明けた。

ウジェが"ところで君はまた逃げてしまうということなの?"と話すとすぐにソヨンは"ごめんなさい"と答えた。 これに対しウジェは"君本当に私に申し訳ないこと合う? 申し訳なければ私が望む謝罪をすべきだ。 私がいつ君に再結合しようって? 違えというじゃない"と話した。

ソヨンは"ウジェ氏は私の過去の鏡同じだ. とてもいやな私の姿がウジェ氏を見るたびに一生浮び上がると思う"として涙を流した。 ウジェは"そうなの。 それが君が望むことならばそのようにして。 私が現れるのが君の傷をさらに刺激してお前をさらにウムクリョ入るようにすることならば。 そうなの。 現れるのもしないでみるから"と話した後席を離れた。


一方、キボムはカンスンの家で行ってジソンに会った。 インターホンに協議離婚申込書を差し出して門を開けてやるようにした後、以後カフェへ席を移した。 ジソンは"印鑑を押したら日明るい時くることであって。 慰謝料、財産分割は?"と話した。

これに対しキボムは"離婚して何するの?"と尋ねた。 ジソンは"離婚すればあなたを見ようが桑を摘もうが"と話すとすぐにキボムは"チャ女史. 離婚それ真心なの?"として真意を尋ねた。 ジソンは"私はだまされては生きてもだましはしなかった。 誰のように"と話すとすぐにキボムは"私が何をそのようにだましたとそう?"としてあきれるといった。

ジソンは"結婚自体をだました。 あなたは。 古い昔から人は見合いして一日ぶりに結婚しようが、嫌らしいほどしつこく10年を恋愛して結婚しようが、結婚する時は結婚後で相手を愛して尊重して生きるという無言の約束が自動的に成立するのが結婚なのに。 あなたは初めからそうするつもりなしで結婚したので私をだまして結婚自体をだましたよ"と話した。


ジソンが"間違って認めれば慰謝料多くくれます"と話すとすぐにキボムは"私が謝罪の意で私の株式10%譲渡するから。 私これ真心だ。 あなた今まで私たちの会社株式持つ敵がなかったじゃないの。 これ10%ならば…"と真剣に話した。

するとジソンは"あなたこれでダメなの。 株式、お金、カードしかない男なのでダメなの。 明日直ちに訴訟は"と話した後席をはずした。

これに対しキボムがついて行って"チャ女史. こうすればどうするのか?"として心を変えてみようとした。 だが、ジソンは心はすでに背を向けた。


キボムがついてくるとすぐにジソンは突然"助けて。 痴漢だ。 痴漢"として悲鳴をあげた。

これに対し周囲にあった人々も関心を見せ始めたし、キボムは慌てて何の話にもならなかった。 この合間を利用してジソンはキボムの手を取り払って逃げた。

同じ時刻ソヨンはあるカフェでサンウに会った。 この席でサンウは"カン・ウジェ氏電話受けた"として口を開いた。 ソヨンが"なぜ話しなかったの?"と尋ねるとすぐにサンウは"話しなくてもかまわないだけのことはあってしなかったし、すでにすべて過ぎたことだ。 なので自責もせずに神経も使うな。 自分はホジョンと良くて。 君も見たではないか"と答えた。

ソヨンが"本当にごめんね"として謝った。 これに対しサンウは"何が申し訳ない? 私が大丈夫だということに"と話すとすぐにソヨンは"私が嘘をついて、結婚だけしなくても君がお嬢さんと別れることなかった。 ホジョン氏とはなぜ結婚したの?"と答えた。

サンウは"イ・ソヨン. 勘違いするな。 私は君と違って私が耐えられることができることだけ犯して。 私が君に話をしたら君は嘘告白してウジェと離婚して、私はそれでは君がナ家中入ってミギョンと生きるという話なの?"と話した。

引き続きサンウは"そうすればもうやめて。 君いつまで被害意識、自己行為に対する不足感で生きるの? 一人立ちそれ一人で暮らしながら一人でご飯食べて気楽なように寝て起きると一人立ちすること違う。 人々と一緒にしながら独立的なのが一人立ちよ。 君のそばにはウジェという人がいて。 もうその人心をちょっと覗いて見て"と助言した。

それと共に"君の羞恥心よりその人が体験した背信がより大きいこともあって。 どんな理由でも3年前その瞬間の選択は君がした。 君はお父さんのためだったが、カン・ウジェ氏は…. それでもその人. 君にどんな心でしたのか今はちょっと君が覗いて見て。 このようにすでに元に戻せないことにまた足をとられて自ら叱責して押し出さずに、カン・ウジェ氏がなぜそうしたのか、なぜミギョンと私の話をできなかったのかよく考えてみて"と話した。


その間ソヨンの目じりには涙が溜まった。 サンウは"君はもうお父さん陰から抜け出した。 君が勝ち抜いたではないか"と話し始めた。

引き続き"ところでなぜ依然として自責の中で生きる? 君がこのようにまともに住めなければお父さんはお前をそのように作った罪悪感、借金感抱いて一生お買いにならなければならなくて。 君が望むのがそれなの? お父さんを許すという話でないのさ。 お父さん振り切ってしまえと。 お父さんのためにできた傷から抜け出せと。 お父さんだけ嫌って。 君自身は嫌うな"として真心に充ちた話を伝えた。

これに対しソヨンは流れる涙を持て余すことができなかった。 ソヨンがウジェの心を分かってくれないようにホジョンもサンウの真心を分かってくれなかった。

ついに誤解することまでできた。 自身のブログに書き留めた希望事項を見て、サンウが義務感で一つ二つすると考えたこと。



これに対しサンウはホジョンの心を解こうと、同僚医師からミュージカル券を買った。 引き続きホジョンに連絡して一緒にミュージカル見ようといった。

瞬間ホジョンは"今は君を愛しないけれど、愛するように努力するから"という結婚前サンウの話を思い出させた。 "努力するのがどこだが。 昨日は申し訳なかったと話すつもりだ"と独り言した後嬉しい気持ちで家を出た。

その見解サンウやはり鏡を見て頭をなでた。 以後公演会場で引き返した。 キップ売場の前で先に来ていたサンウを見て、ホジョンは明るく笑った。

鏡を取り出したホジョンが"兄さん. 早くきましたね"と独り言下や顔を見る瞬間、サンウには電話がかかってきて通話中だった。 だからホジョンはサンウに会うことができなくて、偶然に通話内容を盗み聴くことになった。

サンウは"私だって何したくてする? 義務感ですることだね。 その状態そのまま置くことにはならないじゃない。 オイ。 そのまま目をしっかり閉じて笑いながらするの。 当然面倒で疲れるだろう。 それでも私が選択したから最善を尽くさなくちゃ。 何. 散歩に買い物をすること、今は運動だけ残った。 その宿題でなければ疲れて死にそうだが、私がなぜここをくる?"と話した。

ここまで聞いたホジョンは衝撃を受けて、席を離れた。 事実サンウは大変難しい患者のために大変だという同僚医師の話を聞き入れたことだった。 以後通話内容はホジョンが誤解を解くことができるものなどだった。

党職変えた同僚医師が"皆知るんですが。 してもしてもとても真相だからですよ"と話すとすぐにサンウは"どうするか? 患者なのに。 ちょっとだけ苦労してあげよう"と答えた。 これに対しまた再び"このように大変難しい患者. 初めてです。 本当に"として不満を吐露するとすぐにサンウは"ホジョンと見なければならないから電話切る"として通話を終えた。



ホジョンは苦しい心に一人で路上でさまよった。 客引き行為下は男を避けて逃げたホジョンはしばらく路地で息を元に戻した。 その瞬間とぼとぼ歩いてくる足取りの声が聞こえてきた。 これに対し驚いたホジョンは何の話にもならなかったし、すなわちその男の正体が明らかになった。

同じ時刻サンウはいくら待ってもホジョンがこないので不吉な予感がした。 "なぜ来ないの? 電話なぜ受けないで"と独り言してホジョンに連絡した。 "もしもし"という大型の声に驚いたサンウは"ホジョンの携帯電話…. あなた誰なの?"と話した。

この男は"私が…"という一言話を残した後電話を切った。 拉致されたのを知るようになったサンウは"もしもし。 もしもし。"として切なく呼んだが、すでに電話は切れた後であった。

拉致犯からホジョンを救いに行くために急に走っていくサンウの姿がこの日放送のエンディングを飾って遺憾をかもし出した。 危機に処したホジョンが無事になるのを望む中で、残った主人公がどんな選択をするのか視聴者たちの気がかりなことは高まった。


また、ソヨンを恨まないウジェとサンウ、ミギョンの姿は良い手本になっている。 誰かを恨んで恨む前に先に自身を振り返ってみて、感謝することができなければならないという教訓を与えていること。

特に自身を恨む娘を理解して、後から守るサムジェの父性愛は涙ぐましい。

続く寒い天気にも毎週週末テレビ劇場を熱い雰囲気にする'いとしのソヨン' 45回放送分は41.1%(AGBニールセン メディアリサーチ、全国基準)の視聴率を記録、独歩的な視聴率で国民ドラマの威厳を誇示した。
スポンサーサイト
[2013/02/21 01:44 ] | いとしのソヨン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いとしのソヨン46話 | ホーム | “高視聴率男”パク・ヘジンに熱いラブコール殺到>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://emima23.blog118.fc2.com/tb.php/2190-50564ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |